閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【昭和元禄落語心中 (ドラマ)】のドラマ無料動画を全話(1話~最終回)配信しているサービスはどこ?

昭和元禄落語心中 (ドラマ)

昭和元禄落語心中 (ドラマ)を配信中の動画配信サービス一覧

定額見放題

定額見放題

現在、提供しているサービスがありません。

レンタル

レンタル

無料配信

無料配信

現在、提供しているサービスがありません。

迷っているあなたへ!

おすすめの動画配信サービスはこちら

【昭和元禄落語心中 (ドラマ)】は1社の動画配信サービスで配信中です。
レンタル1社です。ここでは配信されているサービスの詳細を紹介します。

昭和元禄落語心中 (ドラマ)の動画が配信されているサービス

昭和元禄落語心中 (ドラマ)が視聴できる1社の各サービス詳細です。
月額料金、無料期間、見放題本数の基本情報と各サービスのおすすめポイントが確認できます。

昭和元禄落語心中 (ドラマ)の動画が配信されているサービス一覧

【PR】
配信状況 料金
レンタル
31日間無料 2,189円/月
無料配信無料で配信中のサービス

現在配信のないサービス一覧

Hulu FODプレミアム Paravi ゲオTV980 クランクイン!ビデオ TSUTAYA TV/DISCAS dTV バンダイチャンネル music.jp DMM見放題chライト ビデオマーケット dアニメストア Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video) テレビ東京ビジネスオンデマンド(BOD) スターチャンネル Netflix(ネットフリックス) ABEMA DMM宅配レンタル

昭和元禄落語心中 (ドラマ)の動画が配信されているサービス詳細

レンタル

レンタル

U-NEXTの基本情報

U-NEXT
月額料金
2,189円(税込)
無料期間
31日間無料
種類
レンタル
同時再生可能
端末数
4
ダウンロード
見放題作品
19万

U-NEXTの編集部的ポイント

5
コスパ
定額作品数が140,000作品と多く、毎月1200ポイントも貰えます。月額料金が高く見えますがコスパは◎
5
無料期間
無料期間が31日間あるので、お試し期間として十分な時間があります。無料期間でも600円分のポイントが貰えるもの魅力です!
5
作品数
定額見放題の作品数が140,000作品とVODサービスの中ではトップクラスの作品数!アニメの見放題作品数も業界No.1。
5
使いやすさ
同時再生4台まで可能でダウンロード機能も有り。TV接続可能で4Kにも対応。総合的に機能が充実していて使いやすいです。
5
特典
毎月1200円分のポイントが貰えます。しかもポイントは無料お試し期間中でも貰えます!最新映画も毎月約2本追加料金なしでレンタル可能!!

U-NEXTなら毎月もらえるポイントでお得にドラマをレンタルできる!

昭和元禄落語心中 (ドラマ)はU-NEXTで視聴可能です!

U-NEXTはレンタル作品等に使える、1,200円分ポイントを毎月貰えるので、レンタル作品でもお得に観ることが出来ます。

ポイントは無料お試し期間中でも貰えるので、作品次第で無料お試し期間にレンタル作品の配信を無料で視聴することもできます!

U-NEXTで配信されている国内ドラマの作品数は1000以上!見放題作品もレンタル作品も楽しめます。

U-NEXTは新作ドラマの入荷がとても早いです!

DVDのレンタルよりも早い時期に、もしくはほぼ同時期に新作のドラマや劇場版を配信しています。

人気作の場合、レンタルビデオショップでDVD入荷日に全部借りられてしまうこともありますが、U-NEXTならその心配はありません。もちろん、お店に足を運んで借りる必要もないため、非常に便利です。

また、レンタル作品には視聴期限が設けられています。レンタルから48時間後は、動画が観られなくなるパターンが多いため、それまでに視聴するようにしましょう。ダウンロードだけして安心しないように注意が必要です!

U-NEXTで視聴できるシリーズ作品

U-NEXTのシリーズ本数:3本/3本

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ!/

昭和元禄落語心中 (ドラマ)の作品紹介

昭和元禄落語心中 (ドラマ)のあらすじ

昭和の落語界を舞台に、名人・八代目有楽亭八雲の人生に舞い降りる愛と友情、落語、そして奇妙な因果。

その人生のすべてを熱く描いた芸の世界に身を投じた人々の生きざまを描くヒューマンミステリー!

漫画を原作とし、アニメとしても人気を博した「昭和元禄落語心中」がついにドラマ化され、10代から老いていく八雲を演じた岡田将生の演技には驚きと称賛の声が続出した。




戦後、衰退の道をたどる落語。名人・八代目有楽亭八雲は、弟子もとらず消えゆく落語と心中しようとしていた。

そんな八雲のもとに、若い男・与太郎がやってくる。

刑務所から出所したばかりのこの男は、刑務所で聞いた八雲の落語に惚れ込み弟子入りを志願。

何故か弟子入りを許された与太郎は、八雲邸に住み込むことに。

八雲邸には今は亡き人気落語家・助六の娘、小夏がいた。小夏は八雲の養女だが、小夏の口からは「助六を殺したのは八雲」という言葉が…。

物語は八雲が語る過去へと導かれ、戦前・戦後のどこか懐かしい風景の中で、八雲と助六、そしてみよ吉との過去の因果を紡ぎ出す。

八雲は、助六と果たせなかった約束の一端を与太郎に託すが、その想いは果たして遂げられるのか。

昭和元禄落語心中 (ドラマ)の登場人物・キャスト

  • 八代目有楽亭八雲(菊比古)(岡田将生)

    上品な身のこなしと語り口調で、聞く人を引き込む落語の名手。その落語に惚れ込む人は多いものの、八雲は弟子は取らないと決めている。そんな八雲のもとに、刑務所から出所した男が訪れ、弟子になりたいと志願。八雲はなぜかこれまでの方針を曲げ、与太郎を弟子にとる。すると、八雲の運命の歯車が再び回り始める…。

  • 有楽亭与太郎(竜星涼)

    明るくまっすぐな性格の持ち主だが、ヤクザと関係をもっていたという過去をもつ。刑務所で聞いた八雲の落語に惚れ込み、弟子入りを志願。弟子入りを許された与太郎は、八雲と小夏のいる家で落語を学び始める。

  • 小夏(成海璃子)

    助六の娘であり、現在は八雲の養女。父・助六の落語を深く愛している。気が強く八雲にきつく当たりがち。小夏は、父・助六を殺したのは八雲なのではないかという疑念を晴らせず、暗い想いを抱え続けている。そんな小夏も、与太郎が来てから次第に変化していく。

  • 有楽亭助六(初太郎)(山崎育三郎)

    戦前~戦後に人気を博した落語家で、八雲の兄弟子。面倒見がよく優しい性格の持ち主だ。助六は明るく陽気な落語を得意とする。若くして事故死してしまうが、その落語は多くの人々に広く愛されていた。夢は、有楽亭八雲の名を継ぐことだったが、落語会にはその奔放な振る舞いに眉をひそめるものも…。

  • みよ吉(大政絢)

    八雲がまだ菊比古を名乗っていた頃、師匠である7代目有楽亭八雲に連れられ訪れた座敷で出会った芸者。菊比古を一途に愛するが、添い遂げることは叶わなかった。後に助六と娘・小夏をもうけ、助六とともに若くして事故死してしまう。

  • 七代目有楽亭八雲(平田満)

    菊比古と初太郎の師匠。幼くして一人になった内気で生真面目な菊比古に目をかけ可愛がってくれる。

  • 組長(中原丈雄)

    与太郎が以前ヤクザをしていた頃に所属していた組の親分。八雲とも知り合いである。

  • お栄(酒井美紀)

    昔みよ吉と共に働いていた元芸者。現在は料亭を開き、小夏もそこで働いている。お栄はみよ吉の娘である小夏のことを気にかけている。

  • 松田(篠井英介)

    7代目、8代目八雲に仕えていて、八雲家の家事雑用や運転を請け負っている。穏やかな人柄で、温かく八雲たちを見守っている。

  • 木村屋彦兵衛(柳屋喬太郎)

    ドラマのみに登場するオリジナルキャラクター。八雲にある落語を伝授し、大きな影響を与える。本作の落語監修をしている落語家・柳屋喬太郎師匠が演じる。

昭和元禄落語心中 (ドラマ)の見所ポイント

  • 1 魅力的なキャラクターとストーリーの素晴らしさに感動必至!

    『昭和元禄落語心中』の見どころは、なんといっても心を揺さぶるストーリーです。

    序盤に小夏によってもたらされる「助六を殺したのは八雲ではないか」という疑念。

    これに応えるように八雲の過去の物語が始まります。

    昭和のどこか懐かしいような風景と「八雲」と「助六」という対照的な落語家。

    その魅力に惹きつけられ、それぞれの人生の物語にどんどんと引き込まれるうちに事故の真相が明らかに…。

    八雲と助六、みよ吉が描いた過去の物語。そして、八雲と与太郎、小夏が描くその先の物語。

    この2つの物語が複雑に絡み合い因果を紐解きながら人々を変えていくその軌跡は、きっと熱く心を揺さぶるはずです。

  • 2 しっかりと演じられている落語も秀逸!落語好きの方にもおすすめ

    『昭和元禄落語心中』の大きなテーマの一つである落語。この落語も見どころの一つです!

    本作の落語は、落語家の柳屋喬太郎さんが監修。

    岡田将生さんや山崎育三郎さん、竜星涼さんらの落語への向き合い方もひたむきで、しっかりと勉強を重ねて落語を熱演しています。

    彼らが演じる落語は、ドラマにありがちな「俳優がとりあえず落語家を演じている」というような生半可なものではありません。

    特に、山崎育三郎さんの落語は助六のイメージにぴったり。正に助六が落語を話している姿にしか見えません。

    作中では助六と与太郎が芝浜を演じますが、どちらもストーリーが相まって涙をさそいます。

  • 3 岡田将生さんが演じる主人公八雲は必見!

    主人公八雲を演じる岡田将生さんの演技も、見どころの一つ!

    本作では、八雲の若い頃~晩年を描いています。

    ドラマでは、若い頃と晩年は役者を変えることが多いのですが、今回は岡田将生さんが一人で八雲の人生をすべて演じきりました。

    若い頃の八雲は、まさにはまり役。原作の優美でどこか儚げな八雲の雰囲気をしっかりと掴んでいて、原作ファンからも高い評価を得ています。

    晩年の八雲は、特殊メイクで肌を加工。物腰や話し方、声質も変えて難しい演技に挑戦しています。

    本作の八雲は、岡田将生さんのファンはもちろん、原作ファンの人もきっと魅了するはずです。

昭和元禄落語心中 (ドラマ)の評価・感想・レビュー

昭和元禄落語心中 シリーズのあらすじ一覧

昭和元禄落語心中 (ドラマ)と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!