閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

HERO(2001年)

ドラマ 国内ドラマ
提供元:FOD
HERO(2001年)
更新日:

HERO(2001年)が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

HERO(2001年)を観たい方におすすめの動画配信作品

HERO(2001年)と同じ 「HERO シリーズ」 に含まれている作品をおすすめとして表示しています。

Amazonで買う

国内ドラマ

仮面ライダージオウ


配信中の動画配信サービス

提供元:amazon

国内ドラマ

今日から俺は!!(ドラマ)

これまでの主役の概念をぶち壊す規格外ヒーローが誕生! 西森博之原作のツッパリ漫画を、”コメディの奇才”福田雄一監督が脚本と演出を担当しドラマ化したヤンキーコメディ作品。 主題歌『男の勲章』を口ずさむ小学生が多くいると報じられたり、番組公式SNSに多くのフォロワーがついたり、予想外の「今日俺」ブームを起こした。 三橋貴志は転校を機に、髪の毛を金髪に変えてツッパリになろうと理髪店へ向かった。 そこで、同じ転校生の伊藤真司と遭遇する。伊藤も地味だった髪型をトゲトゲ頭に変えてツッパリへ変身するところだった。 登校初日、伊藤を見かけた三橋は「昨日までツッパリではなかった」という秘密をバラされるのではないかとヒヤヒヤしていたが、不良たちに目をつけられ屋上へ連れていかれる。 そこへ伊藤が現れ、多勢に無勢の三橋を助け出そうとした。 しかし、体裁を気にする三橋は端から負けると思われたことにキレ、ふたりは喧嘩を始める。 すると、どさくさに紛れてふたりは不良たちを倒してしまった。これを機に「今日からツッパリ」という同じ秘密を持つふたりは相棒として、ツッパリ生活を歩みだすのだった。

配信中の動画配信サービス

提供元:FOD

国内ドラマ

コンフィデンスマンJP(ドラマ)

2018年4月からフジテレビ系にて放送された月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』は、コンフィデンスマン=信用詐欺師のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)が悪徳な手段で荒稼ぎをしている悪党たちから大金を騙し取る“コンゲーム”をテーマとした物語です。脚本を担当するのは、大ヒットドラマ『リーガル・ハイ』シリーズや月9ドラマ『デート〜恋とはどんなものかしら〜』、『ミックス。』などで知られる古沢良太。さまざまな作品のオマージュなどコメディ要素も織り交ぜながら、巧みなトリックで二転三転と展開するストーリーからは目が離せません。目に見えるものが真実とは限らない。何が真実で何が嘘か。コンフィデンスマンの世界へ、あなたも飛び込みましょう!

配信中の動画配信サービス

HERO(2001年)の動画配信・レンタル情報

HERO(2001年)の人物相関図

HERO(2001年)の人物相関図 | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

HERO(2001年)の作品紹介

HERO(2001年)のあらすじ

型破りな若手検事と生真面目な検察事務官の凸凹コンビによる捜査活動をコメディタッチに描いた超人気作品。

当時、人気絶頂だった木村拓哉を主演に迎え、2001年にフジテレビ系列でオンエアされた大ヒットドラマである。


青森から東京地検の城西支部に新しく赴任してきた検事、久利生公平。

過去に友達をかばって傷害事件を起こしてしまったことがあり、そのときに出会った検事の仕事への熱意に憧れ、高校中退後に大検、司法試験を経て、念願の検事になった変わった経歴を持っている。

久利生はどんなに小さな事件であっても、納得するまで自ら現場に行って捜査をしてしまう規格外れの検事だ。

久利生の担当事務官となった雨宮舞子は生真面目な性格ゆえに、最初はそんな久利生に振り回されることに腹を立てっぱなしの日々。

しかし、ともに仕事をしていくうちに、被害者のことを一番に思いやる強い正義感や、仕事への情熱を感じ、次第に久利生に影響されて惹かれるようになっていく…。

HERO(2001年)の登場人物・キャスト

  • 久利生公平(木村拓哉) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    久利生公平(木村拓哉)

    青森から東京地検の城西支部に新しく赴任してきた検事。中卒ながら、大検、司法試験に合格し、検事になった経歴をもつ。仕事でも常にラフな服装で、大のテレビショッピング好き。洞察力に優れており、独特な捜査と視点から事件解決へと導く。

  • 雨宮舞子(松たか子) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    雨宮舞子(松たか子)

    久利生検事の担当事務官。将来は検事を目指しており、仕事に一途でとても真面目な性格。上昇思考が強く、久利生の事務官に自ら立候補したものの、型破りな久利生にいつも振り回されて、あきれてばかりいる。

  • 中村美鈴(大塚寧々) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    中村美鈴(大塚寧々)

    城西支部の美人検事。きつい性格で毒舌でもあり、被疑者をいじめることが好き。同僚の芝山検事と不倫の関係にある。

  • 芝山貢(阿部寛) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    芝山貢(阿部寛)

    城西支部の主任検事。ナルシストで、常に上から目線。妻子がいる身でありながら、中村検事と不倫の関係にあるが、娘からの電話にはデレデレな一面を見せる。

  • 江上達夫 (勝村政信) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    江上達夫 (勝村政信)

    城西支部のエリート検事。東大卒でプライドがとても高く、人使いもかなり荒い。事務官の雨宮のことが好きで、アプローチを試みるが、いつも空回りしてしまう。

  • 末次隆之 (小日向文世) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    末次隆之 (小日向文世)

    江上検事の担当事務官。経験豊富なベテランなので、上司からの信頼も厚い。中村検事に好意を寄せているものの、いつも拒否されてしまう。趣味は社交ダンス。

  • 遠藤賢司 (八嶋智人) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    遠藤賢司 (八嶋智人)

    芝山検事の担当事務官で、検察内部の情報にかなり通じている。口が軽くて、目立ちたがり屋な性格。合コンが大好きだが、いまだに独り身のままである。

  • 牛丸豊 (角野卓造) | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較

    牛丸豊 (角野卓造)

    城西支部の部長検事。城西支部の個性豊かなメンバーの行動にヒヤヒヤすることも多く、常に胃薬が手放させないでいる。

HERO(2001年)の見所ポイント

  • 1 人間味あふれる、 型破りな検事

    主人公の久利生公平は、高校中退のために最終学歴は中卒。トレードマークの茶色いダウンジャケットにジーンズ、スニーカーというラフなスタイルで仕事をこなす彼は、一見、検事には見えません。

    城西支部の個性的な仲間たちでさえも、最初はそんな久利生に怪訝な態度を示してしまったほどです。

    しかし、久利生の独特かつ熱心な仕事ぶり、人一倍強い正義感を感じるうちに、久利生という人間の大きな魅力にじわじわと引き寄せられていきます。

    「被害者の味方になってやれるのは、検事しかいない!」。人間味あふれる久利生の一言にグッとくること間違いなしです。

  • 2 検事という仕事の難しさを知る!

    まず、検事という仕事にスポットをあて、その仕事内容がとても丁寧に描かれている点がポイントです。

    被疑者を起訴するか、それとも不起訴にするのか、その重要な決定権限を持っているのは検事のみ。

    この重要な判断をすることがいかに難しいことであるか、ドラマを通してひしひしと伝わってきます。

    それぞれの案件に対して、検事が真剣に被疑者と向き合い、根気強く話を聞きだし、慎重に判断する場面がとても綿密に描かれています。

    また、検察事務官と二人三脚で捜査に取り組む様子もリアルに描かれており、ドラマを見ながら検事の仕事を体感している気分にもなれるはず。

  • 3 個性派ぞろい!魅力たっぷりの城西支部のメンバーたち

    殺人事件のような大きな案件から、身近にある小さな案件まで、毎回あらゆる案件が城西支部に持ち込まれます。

    被疑者との緊迫したシーンも多々ありますが、城西支部の個性的なメンバーたちの、クスッと笑える一面にはとにかく和まされます。

    新しい通販グッズに目を輝かせる久利生検事、それを冷ややかに見つめる雨宮事務官、ついつい職場でも社交ダンスのステップを踏んでしまうお茶目な末次事務官の中村検事と何やら怪しい関係の芝山検事…などなど、メンバーそれぞれのキャラクター設定が丁寧に描かれており、いつしか自分も城西支部の仲間たちと一緒に仕事をしているような気分になってしまう…そんな魅力にあふれたドラマです。

HERO(2001年)の評価・感想・レビュー

HERO(2001年)が動画配信されているサービスの詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

HERO シリーズの作品一覧

HERO(2001年)と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の編集者
坂本菜緒
坂本菜緒

大学卒業後、公立小学校で教員として勤務。 その後、株式会社サイバーエージェントグループ会社である株式会社CyberOwlに転職。 現在、「aukana」の記事編集業務を行う。