SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/04/25
3,122 0

【月刊少女野崎くん】一風変わった学園ラブコメに話題殺到☆ 回を追うごとに増す「笑い」と「ロマンス」の絶妙センス!

月刊少女野崎くんが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

ウェブコミック配信サイト『ガンガンONLINE』で、2011年8月より連載を開始した同作。四コマ漫画独特のテンポにマッチした面白いストーリーと魅力的なキャラクターで大ヒットを呼び、2014年7月にはTVアニメの放映が開始した。 現在単行本は8巻まで発売しており、アニメの2期を心待ちにするファンの期待が高まっている。今回は、2期まで秒読み(!?)の『月刊少女野崎くん』の魅力を紹介したい。

目次

これはもう設定勝ち!?無骨な男子高校生が「実は○○」

近年、男女平等の謳われる風潮の中で女性リーダーやバリキャリ女子を主人公とした漫画が描かれる一方、イクメンや男性保育士、お菓子づくりや手芸を趣味に持つ男子達を主役に据える漫画も珍しくなくなってきている。

いわゆる、女性はこう、男性はこう、といったこれまでの既定概念を崩す「ギャップの新鮮さ」を狙った作品だ。

そのような作品群が多く世に出回る昨今、ここにもう一つの新しいギャップ設定が誕生した。

それは、

「男子高校生がプロの少女漫画家だったら」

これまでありそうで無かった設定だけあって、初めはそこに関心を引かれる読者は多い。だが、漫画の人気というのは、設定の強さのみで続けられるものではない。

では『月刊少女野崎くん』の場合、なぜこれほどまでに人気を得られたのだろうか。

簡単なあらすじは以下の通りだ。

一見怖そうで近寄りがたい雰囲気を持つ主人公・野崎梅太郎は、月刊誌で人気の作品「恋しよっ」を連載するプロの少女漫画家(ペンネーム・夢野咲子)だ。
本人は至って真面目な男子高校生で、周囲に少女漫画家であることを特別隠しているわけでもないのだが、本人のイメージに合わなさすぎてクラスメート達は誰も信じていない。

そんな野崎に恋する乙女・佐倉千代を中心に、脇を固めるキャラクター達がとても魅力的で、ストーリーは回を増すごとに面白くなっていく。


そう、やはり漫画の人気のポイントは、まず第一に、キャラクターに魅力があるかどうかだ。

ここでは、公式ファンブック(スクウェア・エニックス/2014年8月発売)のキャラクターランキングをもとに、主な登場人物を紹介する。

超マイペース主人公・野崎梅太郎

妹の漫画を読んだことがきっかけで、少女漫画家になることを決めた野崎。初恋もまだで、デリカシーのかけらも無いのになぜか描く漫画はベタベタのラブストーリー。

常にメモを持ち歩き漫画のネタを探しているが、周りからのツッコミが無いととんでもない方向にネタが転がっていってしまう。

キャラクターランキングでは6位。
主人公にしては下位なこの順位に、他のキャラクター達がいかに漫画を盛り上げているかがわかる結果となっている。

恋するヒロイン・佐倉千代

高校の入学式で遅刻し困っていたところを野崎に助けられ、それ以降野崎に対する片思いを募らせていく典型的な恋する乙女。

物語の冒頭は佐倉が野崎に告白をしようとするシーンだが、鈍感な野崎に少女漫画のファンと勘違いされ、野崎のアシスタントとして協力する日々が始まるのだった。

可愛い容姿からは想像がつかないが、要所要所で鋭いツッコミを入れる。

キャラクターランキングは3位。
この漫画自体が少女漫画寄りということで女性票が多い中、ただ可愛いだけでは無く時にシュールさを伴う的確なツッコミを入れる性格からか、男女ともに愛されるキャラクターのようだ。

もう一人のヒロイン・御子柴実琴

野崎の同級生で、佐倉より以前から漫画のアシスタントをしている。

イケメンな容姿から女子にモテるが、チャラい外見とは裏腹に、中身は人見知りで極度の恥ずかしがりやなため彼女ができない。そして野崎の描く漫画の、ヒロインのモデルとなっていることを本人は知らない。あだ名は「みこりん」。

キャラクターランキングは堂々の1位。
上記の萌えるギャップ設定が、女性達のみならず多くの男性の心をも捉えている模様。

学園の王子様・鹿島遊

容姿端麗でスポーツ万能で頭も良い、まさに全てを兼ね備えたイケメン「女子」。

演劇部のホープとして劇では王子役を演じているが、日常でも女の子たちに囲まれ甘い言葉を囁くため、男子生徒から「学園の王子様」として羨望を集めている。

普段は品行方正な常識人だが、演劇部の部長である堀先輩が関わると途端にバカになる。

キャラクターランキングでは佐倉千代に続く4位。
漫画の中だけでなく、読者にも女性ファンが圧倒的に多い。

頼りになる先輩・堀政行

メインキャラの中では最年長(高3)。野崎のアシスタントでは背景を担当している。

演劇部の部長として責任感あるリーダーというイメージだが、徐々に後輩である鹿島に対する親バカっぷりや、脚フェチというむっつり設定等が明るみになってゆく。

キャラクターランキングでは御子柴に続く2位。
ベストコンビランキングでは鹿島をパートナーに1位を獲得するなど、絶大な人気を誇っている。

天然の究極KY・瀬尾結月

佐倉のクラスメートで、外見はスタイルの良い美人だが、中身はかなり男勝りで豪胆な性格なため、男子生徒からは恐れられている。

ガサツなところがある瀬尾だが、実は声楽部に所属し繊細な歌声を持つというギャップ設定がある。異名は「声楽部のローレライ」。

キャラクターランキングは5位。
この漫画の女性キャラクターは皆、女子にも人気が高いところが特徴的だ。

可愛い後輩・若松

野崎が中学でバスケ部に入っていた時の後輩。素直で元気が良い爽やかスポーツ少年。野崎のアシスタントでもあり、トーン貼りを手伝っている。

いじられやすいタイプのため、瀬尾によくちょっかいをかけられて振り回されている。憧れの歌姫・ローレライが瀬尾であることに気づいていない。

キャラクターランキングは7位。
コンビランキングでは瀬尾とのコンビで2位を獲得。瀬尾との絡みあっての若松人気と言える。

月刊少女ロマンス編集スタッフ・宮前剣 / 前野蜜也

野崎が連載する漫画を扱う雑誌「月刊少女ロマンス」の編集担当者たち。奔放な前野と常識人の宮前のやり取りが読者の笑いを誘う。

キャラクターランキングは、宮前剣8位・前野蜜也13位。
苦労人の宮前に同情する声多し。

癒し系の大人な女性・都ゆかり

野崎と同じ月刊誌で連載を持つ大学生。人が良すぎるせいで、宮前の次に前野に振り回されている不憫キャラ。

キャラクターランキングは11位。
美人で癒し系の女子大生という設定から、どちらかといえば男性からの人気を集めている。

究極の面倒くさがり屋・野崎真由

野崎の弟で柔道部員の中学生。
とにかく面倒くさがりで会話やメールもままならないが、部活に懸ける情熱は半端ない。

アニメ1期には登場していないものの、その人気は凄まじくキャラクターランキングでは10位に。2期では彼の登場を心待ちにしているファンも多い。

彼以外にも、原作では他のメインキャラクターの兄弟たちが登場している。

オマケ・たぬき

都ゆかりの描く少女漫画のマスコットキャラクター。担当者・前野の趣味により、至る所に登場する。

キャラクターランキングでは、野崎真由を抑え9位に。

ギャグとロマンスの際どいバランス!今後の展開も見逃せない

ただの恋愛もの少女漫画ではなく、少年漫画らしいギャグ要素がぎっしり詰まったストーリーで人気を博してきた同作。

だが、登場人物も増えキャラクターの設定や関係性も定着してきたことから、ここにきてロマンスな展開も示唆されつつある。

その際どいバランスに、読者は笑いをとられつつもその先の展開に想像を膨らませ、夢中になってしまうのだ。

原作は、単行本9巻がもうじき発売される予定。

アニメ2期への期待とともに、これからも『月刊少女野崎くん』から目が離せない!

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

月刊少女野崎くん

動画が配信されているサービス一覧

レンタル

2,417 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

レンタル

1,080 円/月

バンダイチャンネル詳細

定額見放題

400 円/月

dアニメストア詳細

レンタル

500 円~/月

ビデオマーケット詳細

「アニメ」人気ニュースランキング