SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/05/08
1,536 0

最終回直前!「ユーリ!!!」を見るにはどのサービスがオススメ?

多くの人々を魅了してきた「ユーリ!!! on ICE」が最終回まで残り1話! 放送当初から初の本格フィギュアスケートアニメとして話題となり、アニメ好き女子からプロスケーターまでもが夢中に。 そんな「ユーリ!!!」を見るならどのサービスがオススメ?

目次

「ユーリ!!! on ICE」とは

今までになかった!本格男子フィギュアスケートアニメ

日本中の期待を背負って挑んだグランプリファイナルで惨敗し、九州の実家に帰ることになったフィギュアスケーター勝生勇利。

現役続行するか、引退するかで悩んでいた彼のもとへ、あることをきっかけに憧れの選手・ヴィクトルがやってきます。

ヴィクトルを追ってきたロシアの下克上スケーター・ユーリも加わり、切磋琢磨していく2人。

フィギュアスケートに興味がなかった方でも楽しめる、本格フィギュアスケートアニメです。

これまで、フィギュアスケートを扱った漫画はいくつか出版されていましたが、アニメで本格的にフィギュアスケートを扱ったのは「ユーリ!!!」が初となります。

息をのむような氷上の演技はやっぱり映像で見たい!ので、アニメーションで見られるのはフィギュアスケートファンもうれしいのでは?

主題歌はディーン・フジオカさん

主題歌は俳優のディーン・フジオカさんが歌う「HISTORY MAKER」。

オープニングでも「DEAN FUJIOKA」と英語表記だったことや、歌手としてのイメージがないため、毎週聞いていても気付かなかった!という方も多いみたいです。

あの世界女王もドハマり!?

アニメオタクとしても有名なロシアのフィギュア女王・メドベージェワ選手も、「ユーリ!!!」ファンの一人。

Twitterで主人公・勝生勇利のコスプレを披露、毎週のようにアニメの感想をツイートするなど、相当なハマりっぷりです。

11話には織田信成さんが本人役で出演

1話から毎週かかさず見ている!というユーリ!!!ファンの一人の織田信成さん。
11話で、勇利たちの演技を解説する「織田信成」役として出演していました。

本職のフィギュアスケーターたちにも人気の「ユーリ!!!」。
登場するキャラクターたちの中には、実在の選手をモデルにしたキャラも登場するようなので、普段アニメを見ないフィギュアスケートファンにもオススメです。

ユーリ!!!を今から見るならどこがオススメ?

Abema TVなら0円で見られる!ただし…

Abema TVでも配信を行っていて、毎週木曜の21:30~から無料で配信しており、現在はWEB最速での配信となります。(2016年12月時点)

ですが、Abema TVは録画ができないため好きなタイミングで視聴できないため、時間を合わせられない忙しい方にはオススメできません。

放送後すぐに配信!「テレ朝動画」

テレ朝動画では、毎週木曜の放送終了後すぐに配信が開始するため、放送が行われない地域の方に重宝されています。

パック購入(1,540円(税抜)程度)もできますが、1話ずつ視聴したい場合は200円(税抜)程度の個別課金が必要です。
どちらも視聴期限が短いため、早めに視聴するようにしましょう。

有料サービスで最安値なのはAmazonプライムビデオ

毎週金曜日の0時から配信しているAmazon Prime Video(Amazonプライムビデオ)は、年会費4,900円(税込)、1ヶ月あたり408円とかなり安い料金でアニメや映画、ドラマなどが見放題です。

また、学生であればさらに安いAmazon Studentが利用でき、その場合1ヶ月204円でAmazonプライムのサービスが受けられます。

テレ朝動画やAbema TVに比べ配信は遅くなりますが、格安で見られる上に、いつどのタイミングでも見られる動画配信サービスの中では一番オススメです。

その他サービスでも視聴可能

その他、配信しているサービスの一覧はユーリ!!! on ICEの公式ページに掲載されています。

Abema TV、テレ朝動画、Amazonプライムビデオ以外でも、dTVなら月額500円(税抜)で木曜更新、dアニメストアなら月額400円(税抜)ですが金曜更新…など、たくさんの動画配信サービスでユーリ!!!を見られます。(2016年12月時点)

動画配信サービスには無料お試し期間が設けられているものも多いため、更新日や月額料金以外にも、ユーリ!!!以外にも見たい作品があるかどうか、利用しやすいサービスかどうかを検討してから契約しましょう。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

「アニメ」人気ニュースランキング