SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/04/08
726 0

繊細な映像美で綴る少年の成長と愛の形!アカデミー作品賞受賞作「ムーンライト」

本年度のアカデミー賞で作品賞ほか、脚色賞、助演男優賞の3部門を受賞した話題作の「ムーンライト」を紹介します。この映画は孤独な少年時代をすごすシャロンの成長の軌跡を、3つの時代にわけて描く物語性の高さが評価されました。また、印象的な色彩美で表現された映像も絶賛されています。

目次

「ムーンライト」のあらすじ

マイアミで暮らす少年のシャロンは、内向的な性格が災いしてか学校で“リトル”というあだ名をつけられていじめられていました。

また、彼の母親ポーラは麻薬常習者で、シャロンのことを可愛がることもなく、自分の息子を育児放棄しています。

家でも学校でも居場所のないシャロンですが、ある日いじめっ子たちに追い詰められて、暴力を受けそうになりますが、その様子を見ていたフアンに助けられます。

シャロンのことを放っておくことのできないフアンは、彼を恋人のテレサの元へ連れてゆきます。

最初はフアンに対して距離を置こうとするシャロンですが、フアンとテレサの優しさに触れて彼らに心を開くようになります。

そんなシャロンがフアンとテレサと共に心を許せる大切な友人がケヴィンでしたが、ケヴィンに対して、シャロンは友達以上の特別な思いを持つようになるのでした・・・・。

マハーシャラ・アリがアカデミー助演男優賞を受賞!「ムーンライト」のキャスト!

映画「ムーンライト」は主人公シャロンの人生を3つの時代で分けて、それぞれ異なる俳優が演じますが、その中で幼少期を演じるのは、アレックス・ヒバートです。

また、少年から大人になろうとする多感な16歳のシャロンをアシュトン・サンダースが演じます。

そして、たくましい大人へと成長していったシャロン役には、元陸上選手という異色の経歴を持つトレヴァンテ・ローズが抜擢されています。

1人の俳優ではなくて、3人の俳優がそれぞれの時代のシャロンを演じ分ける、珍しいキャスティングを採用しているのが本作の特徴です。

体格も見た目も異なる3人の俳優が、どのようにシャロンという人間を表現しているのか。
それが、この映画を見る上での楽しみとなっています。

主人公シャロン以外のキャストにも注目です。
彼の母親ポーラ役には「007」シリーズのナオミ・ハリスが演じます。
10代のケヴィン役にはジャレル・ジェロームが、大人になったケヴィン役はアンドレ・ホランドがそれぞれ演じます。

そして、シャロンの理解者であるフアンを演じるのがマハーシャラ・アリです。
彼の演技は高く評価され、アカデミー助演男優賞に輝きました。

LGBTQの純愛を描くストーリー!

「ムーンライト」は主人公シャロンの成長の物語でもありますが、シャロンとケヴィンの愛を描く物語でもあります。

シャロンが暮らすコミュニティでは、同性への愛情を持つという感情は決して受け入れてもらえない社会です。

そうした中で、シャロンとケヴィンの純愛をロマンチックに描いたストーリーが高く評価され、LGBTQをテーマにした作品としては、史上初めてアカデミー作品賞を受賞しました。

また、本作はシャロンの人生を3つの時代ごとに分けて描くのですが、時代が変わるごとにシャロンの姿や生活する環境も変わっていきます。

こうした大胆なストーリーの構成も素晴らしく、アカデミー脚色賞を受賞しました。

特徴的な色彩表現が話題の「ムーンライト」の映像!

映画「ムーンライト」は独特な色彩美で表現される映像も注目を集めています。

撮影を行なった後の編集の段階で、撮影時にはなかった青色を加えるという映像的な加工を行うことによって、鮮やかな色彩の映像を作り出しています。

また、ストーリーの進み具合に応じて色調を変化させるなど、繊細な色使いの映像美が絶賛されています。

まとめ

LGBTQをテーマとして初めてアカデミー作品賞を受賞した「ムーンライト」は、ストーリーだけでなく、キャストの演技や映像美への評価も高い作品です。

そんな本作ですが、当初は日本での公開予定は4月28日でした。
しかし、「早く観たい!」という声を受けて、1ヶ月前倒しになり、3月31日からの公開となりました。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

ムーンライト

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

1,990 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

933 円/月

Hulu詳細

定額見放題

500 円/月

dTV詳細

定額見放題

562 円/月

ビデオパス詳細

レンタル

933 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

「洋画」人気ニュースランキング