SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/04/18
836 0

福士蒼汰主演、時代劇映画『曇天に笑う』!メガホンを握るのは『踊る大捜査線』シリーズの本広克行とこちらも大注目!

コミック売り上げ120万部突破、アニメ、舞台と続く大ヒット作『曇天に笑う』。 明治黎明期の日本を背景に、どんな苦難の下にも笑って生きていく深い兄弟愛を描いた本作が、今度は映画になってお目見え! 主演はなんと福士蒼汰で、時代劇初主演です!

目次

右も左もイケメンだらけ!フォロー数も1万越え!!

本作は、『仮面ライダーフォーゼ』で大注目を集め、その端正なマスクで数々のドラマ・映画に出演し続けているモデル&イケメン俳優の福士蒼汰さんや、ジャニーズの中山優馬さんなど、日本を代表するイケメンたちが勢ぞろいしています。

他にも、朝ドラ『べっぴんさん』に出演中でミスター慶応の経歴を持つ俳優・古川雄輝さんなど、イケメンだらけで眼福です。

映画オリジナルキャストも続々と決まっているようで、最近では公式のツイッターフォロー数が1万を突破しました。
この作品の期待度が、いかに大きいか知ることができます。

『曇天に笑う』あらすじ紹介

『曇天に笑う』の舞台は、長きにわたった武士の時代・江戸が終わり、明治維新あとの黎明期の日本です。

刀を捨てさせられた武士たちを中心とする、新しい時代に不満を持つ者たちによる犯罪が後を絶ちません。
そこで政府は、再犯・脱獄を繰り返すような重罪人たちをひとまとめにし、脱獄不可能な監獄「獄門処」を滋賀県大津の琵琶湖にある巨木の中に作って、そこに送り込むことにしました。

彼らを「獄門処」へ陸から舟渡しで運ぶ者たちが、「曇神社」の曇三兄弟です。

彼らは親を早くに亡くしていますが、長男の天火・次男の空丸・三男の宙太郎は兄弟一丸となって犯罪者に立ち向かう日々を送っており、村人たちに感謝され愛されています。
また彼らの兄弟仲の良さも、不穏な空気を取り払うほどの明るい笑いを生んでいました。

そんな中、村では300年に一度という曇天が続いており、人々に災いをもたらすという「おろちの器」の真相を突きとめようと、不穏な影が蠢きはじめます。
そして、それは曇三兄弟にも深く関係するものだったのです。

村人たちに愛されてやまない曇三兄弟

曇三兄弟は村のお社である曇神社を守っています。
長男の天火は、曇家第14代当主を継いでおり、「橋渡し」をする兄弟の要です。
自由奔放・天真爛漫な性格ですが、鉄扇を武器に犯罪者たちをなぎ倒す凄腕の持ち主。

次男の空丸は何ひとつ家事ができない兄の代わりに家事全般を引き受けている苦労人。
けれど、兄の天火に憧れ、追い越したいと日々努力しています。

そして三男の宙太郎は12歳。
兄二人に愛され、素直にすくすく育っている真っ直ぐな少年です。

村の人々は曇三兄弟を頼り、慕っており、彼らが歩いているだけで村の人々が集まってくるほどです。

長男・天火を演じるのは福士蒼汰、次男・空丸を演じるのは中山優馬。三男・宙太郎の役には、若山耀人が抜擢されました。
彼らがどんな三兄弟を演じるのか楽しみな方も多いのではないでしょうか。

兄弟たちの下で暮らす元風魔一族・金城白子

曇三兄弟と並んで物語のキーとなる人物がもう一人登場します。

その名は金城白子(きんじょうしらす)といい、銀の髪ということから普通の人間ではないことがなんとなく伝わってきますね。
実は白子は、北条家に仕え、徳川に一族郎党滅ぼされた忍者集団・風魔の残党なのです。
一目みてもわかるその異形な姿を持つ白子ですが、負傷していたところを天火に救われ、それ以来曇兄弟と共に曇神社で一緒に生活している青年です。

演じるのは、『ミュージカル テニスの王子様』の丸井ブン太役など舞台で活躍している桐山漣。
忍者などがお好きな方は、興味深いキャラクターになるかもしれません。

使われる小物はほとんどが本物!?

物語の舞台は大津・琵琶湖なので、映画も滋賀県を中心にロケがされているようです。

公式ツイッターでは少しずつ撮影風景もアップされていっていますが、村の市場で使われる小物などはすべて本物を使っているようです。
風景やこのような小物などの映像も見逃せないですね!

公開は2018年の予定です。
続報をチェックしていきましょう!

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

曇天に笑う(実写映画)

動画が配信されているサービス一覧

レンタル

1,990 円/月

U-NEXT詳細

レンタル

500 円/月

dTV詳細

レンタル

562 円/月

ビデオパス詳細

レンタル

500 円~/月

ビデオマーケット詳細

レンタル

933 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

「邦画」人気ニュースランキング