SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/04/24
1,473 0

ディズニー新作!「美女と野獣」吹替え版に藤井隆でホットホット

美女と野獣(2017)が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

不朽の名作「美女と野獣」の公開日を今年4月21日に控え、先日日本語吹替え版キャストの発表が行われました。 今後公開されるディズニー関連の映画についてもちょっとだけご紹介します!

目次

日本語吹き替え版キャストが決定!

藤井隆さんが出演決定!

先日、実写版「美女と野獣」の日本語吹き替え版キャストが発表され、ベルに結婚を迫るガストンの子分 ル・フウ役を演じることとなりました。

他キャストは舞台やミュージカルで活躍するベテラン俳優ばかりで、藤井隆さんは「逃げるは恥だが役に立つ」などでも俳優として活躍していますが、もともとはお笑いタレント。
ディズニーの実写版映画キャストに抜擢されるのは、異例のことです。

その他メインキャストも豪華

ヒロインのベルの声を担当するのは、“ミュージカル界の歌姫”と称される若手ホープ・昆夏美さん。
野獣の声を担当するのは、月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」にも出演する山崎育三郎さんで、こちらも“ミュージカル界のプリンス”と呼ばれている実力派。

そのほか、ポット夫人役に歌手の岩崎宏美さん、ベルの父親・モーリス役にはハリソン・フォードの吹き替え声優としてもお馴染みの村井國夫さんが出演。

また、藤井隆さん演じるル・フウの親分ガストンを演じるのは、劇団四季のミュージカルでもガストンを演じている吉原光夫さんです。

ディズニーの新作「美女と野獣」

あの名作をディズニー自らリメイク

「美女と野獣」はフランスの民話が原作なのをご存じですか?
私たちになじみ深いアニメ版「美女と野獣」は、1991年にディズニーの長編アニメーション映画作品として制作され、翌年日本でも上映されました。

これまでディズニーアニメーションの前にも、1946年にジャン・コクトー監督によって映画化、2009年にはオーストラリアで、2014年にもフランスで映画化され、ドラマや舞台、バレエ、そして沖縄の現代版組踊でも上演されるなど、世界各国で作品化されています。

呪いによって醜い野獣へと変えられてしまった王子と、美しい村娘ベルの出会い。
「人と違うことを受け入れ、自分の価値を見出す」というストーリーは多くの人々に愛され、たくさんの作品に影響を与えてきました。

"美女"役はエマ・ワトソン

「美しい村娘」というやたらハードルの高い役柄に抜擢されたのは、ハリー・ポッターシリーズのハーマイオニー役でおなじみのエマ・ワトソンさん。

野獣を演じるのは、「ナイト ミュージアム エジプト王の秘密」で中世の騎士・ランスロットを演じたダン・スティーヴンスさんです。

そのほか、今回藤井隆さんが声優を務めるル・フウ役を演じるのは、「アナと雪の女王」でオラフ役を演じたジョシュ・ギャッドさん。

こちらも日本版声優陣と同じように、舞台や映画界で活躍する実力派揃いのキャスト陣です。

2017年は実写版ディズニー作品がアツい?

「ダンボ」や「リトル・マーメイド」も制作発表済

今回公開された「美女と野獣」以外にも、ディズニー作品の実写化が多数発表されています。

人魚の悲哀を描いた「リトル・マーメイド」は現在、ヒロイン役に抜擢されていたクロエ・グレース・モレッツさんの降板により公開が延期に。

そのほか、噂されているものも含め「ピノキオ」や「くまのプーさん」「ムーラン」「ダンボ」の実写化など、ディズニー実写化ブームが起こっているようです。

そのほかの作品も期待!

4月公開の「美女と野獣」だけでなく、3月公開の「モアナと伝説の海」、5月公開の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」、7月には「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」、日本での公開日は未定ですが「カーズ3」など、今年もたくさんのディズニー映画が公開されます。

ほぼ毎月ディズニーの最新作が見られるとあって、ファンは忙しい年になりそうですね!

2018年の公開が決定した作品も多いので、今後の最新情報をお楽しみに!

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

美女と野獣(2017)

動画が配信されているサービス一覧

レンタル

1,990 円/月

U-NEXT詳細

レンタル

562 円/月

ビデオパス詳細

レンタル

500 円/月

dTV詳細

購入

2,417 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

レンタル

500 円~/月

ビデオマーケット詳細

「洋画」人気ニュースランキング