SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/04/16
1,591 0

ルパンの正体は小栗旬?実写版「ルパン三世」の系譜を紐解く!

ルパン三世 アニメ シリーズが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

みなさんもご存知の『ルパン三世』と言えば、大泥棒アルセーヌ・ルパンの孫ことルパン三世と、その仲間たちの活躍を描いたアクション作品です。アニメ放映から45年の長きに渡り愛され続け、多くのファンを持つ本作ですが、2014年には小栗旬さん主演による実写映画化もされ話題となりました。そこでこちらでは、小栗版ルパン三世の説明と共に、本作以外の実写映画なども併せてご紹介します。

目次

小栗旬版『ルパン三世』――2014年

多くの実写化を手掛けたスタッフ陣

小栗旬さん主演による『ルパン三世』は、2014年8月30日より全国の東宝系映画館にて放映(配給)されました。
公開初日は全国307スクリーンで上映され、10日間の観客動員数は89万1027人。
最終興行収入は24億5千万円となりました。

監督はハリウッドに拠点を置き、2003年に映画『あずみ』や、TVドラマ『スカイハイ』などでもメガホンを握った北村龍平さんが担当。

またプロデューサーには『クローズ』シリーズなど多くの作品を手掛けた山本 又一朗さんが、水島力也名義で本作の脚本を兼任しました。

『ルパン三世』制作委員会には配給元である東宝や、映像ソフト発売元のKADOKAWA(角川書店)及び販売元となるエイベックスの他に、TBSなども名前を連ねています。

因みにアニメ版など多くのルパン関連作品は日本テレビで放映されますが、この実写版がTBS系列の『日曜ゴールデン』枠で(2016年1月11日)放映されたのはこのためです。

映画の撮影は日本の他にも、タイ、香港、フィリピン、シンガポールなどアジア5ヶ国で行われ、まさに世界を股に駆ける大泥棒・ルパンに相応しい規模でした。

また、映画のクランクインは2013年10月3日でしたが、2014年夏の公開まで製作には4年もの歳月がかけられました。
スタッフの皆さん方の、この映画にかける意気込みが感じられるエピソードです。

主題歌はロック界の重鎮・布袋寅泰さん

映画の主題歌には洋画『キル・ビル』のテーマでも有名な、ロックミュージシャンの布袋寅泰(ほてい ともやす)さんが参加。

劇中では布袋さんにより新たに書き下ろされた「TRICK ATTACK -Theme of Lupin The Third-」が使用されました。

この曲はエレキギターによって作られた、小気味よいテンポの曲です。カッコ良く、どこかアニメ版「ルパン三世のテーマ」を彷彿とさせます。

実は布袋さん自身も「ルパン」は大好きな作品であり、今回の曲はそのアニメ版の楽曲を手掛けた大野雄二さんへの“リスペクト”であると語っていました。

take70「ルパン三世」 | インターネットTVガイド http://www.tvguide.or.jp/column/shinnozui/20150828/

“やっぱりテレビってオモシロい”テレビ情報・レコメンド・コラムを発信するメディア型総合サイト。

物語のあらすじ

本作はルパン三世最初の仕事(盗み)を描いたオリジナル・ストーリーであり、脚本段階では原作者であるモンキー・パンチ先生も積極的にアイデアを出されていたそうです。

【あらすじ】
その所有者は世界を統べるとされるローマの宝物「クリムゾンハート・オブ・クレオパトラ」。

ところが「クリムゾンハート・オブ・クレオパトラ」は、首飾りとルビーの2つに別れていました。
首輪とルビーは老盗賊のドーソンと闇社会を牛耳るプラムックがそれぞれ所持していましたが、プラムックはドーソンを襲い奪ってしまうのです。

当時ドーソンの弟子であったルパンは首飾りを奪還するためにも、首飾りが収蔵された超巨大要塞型金庫「ナヴァロンの箱舟」の強固なセキュリティーに挑みます。

映画では世界各国を飛びまわり、強敵とのアクションを交える中でルパン一味の出逢いなども描かれました。

“泥棒”だからこそのコラボ

本作は「STOP 違法ダウンロード」でお馴染みの“映画泥棒”を、世紀の大泥棒・ルパン三世こと小栗旬さんが演じたコラボバージョンでのマナーCMが作られました。

映画泥棒と言えば何時もは黒いスーツ姿ですが、こちらはもちろんルパンの代名詞とも言える赤ジャケットバージョンです。

ルパン役の小栗旬さんは、2007年~2010年にニッポン放送の深夜ラジオにて「オールナイトニッポン」のパーソナリティーを務めていました。

そんな小栗さんが映画公開前日に、約4年5ヶ月ぶりとなる8月29日限定でパーソナリティーとして戻ったのです。
ラジオでは映画の話や、同じ事務所に所属する綾野剛さんもゲストとして登場しました。

また本作は毎日放送ともコラボをし、MBS「ちちんぷいぷい」のアナウンサー河田直也さんがルパンに扮します。

ちちんぷいぷい|MBS公式 http://www.mbs.jp/puipui/

毎日放送が月曜から金曜までの毎日午後2時から6時までお送りする情報エンターテイメント番組「ちちんぷいぷい」の公式ホームページ。

2014年版キャストの紹介

今を代表する豪華な顔が勢ぞろい!

この映画キャストには、現在も大変な人気を誇り活躍されている、多くの実力派俳優が起用されたことでも話題となります。
さらに作中では、“カメオ出演”とも呼ばれるゲスト出演も盛り込まれており、ファンを楽しませてもくれました。

ルパン三世

『ルパン三世』…小栗旬(おぐり しゅん)さん

神出鬼没な大泥棒ことルパン三世は小栗旬さんが演じました。

小栗さんは1982年12月26日生まれ、東京都出身。
所属事務所は「トライストーン・エンタテインメント」です。

父は舞台監督の小栗哲家さん、妻は女優の山田優さん、義弟はモデルで俳優の山田親太郎さんと、いわゆる芸能一家でもあります。

主な出演作に、TVドラマ『信長協奏曲』の織田信長(明智光秀の二役)や、映画『クローズ』での滝谷源治。
そして2017年夏に公開予定の映画『銀魂』においては、主役の坂田銀時を演じる事が決まり多くの注目を集めています。

因みに当時ルパンを演じるうえで、小栗さんは自身の体型をルパンに近づけようと8kgの減量を行ったそうです。

銭形警部

『銭形警部』…浅野忠信(あさの ただのぶ)さん

ルパン逮捕に信念を掲げる銭形警部は浅野忠信さんが演じました。

浅野さんは1973年11月27日生まれ、神奈川県出身。
所属事務所は「アノレ」です。

1995年に歌手のCHARAさんと結婚しますが、2009年に離別。
また俳優業だけではなく、音楽家としても活躍されています。

主な出演作に、映画『鮫肌男と桃尻女』で主演の鮫肌黒男を、『五条霊戦記 GOJOE』では遮那王を演じ話題となりました。

次元大介

『次元大介』…玉山鉄二(たまやま てつじ)さん

ルパンの相棒こと射撃の名手である次元は玉山鉄二さんが演じました。

玉山さんは1980年4月7日生まれ、京都府出身。
所属事務所は「メリーゴーランド」です。

特撮番組『百獣戦隊ガオレンジャー』の大神月暦(ガオシルバー)で知名度を上げ、その後NHK大河ドラマにも出演。
NHK連続テレビ小説『マッサン』では主役の亀山政春を演じ話題となりました。

『石川五ェ門』…綾野剛(あやの ごう)さん

漸鉄剣の使い手・五ェ門は綾野剛さんが演じました。

綾野さんは1982年1月26日生まれ、岐阜県出身。
所属事務所は「トライストーン・エンタテインメント」です。

特撮番組『仮面ライダー555』で澤田亜希(スパイダーオルフェノク)でデビューを果たし、映画『東京スワン』では主役の白鳥龍彦を演じます。

ところで当時の小栗さんはルパンが着る赤ジャケットが似合うよう8kg減量しましたが、五ェ門役に志願した綾野さんはトレーナーの指導で筋肉を10kg増量し挑んだそうです。

『峰不二子』…黒木メイサさん

セクシーな女怪盗・不二子は黒木メイサさんが演じました。

黒木さんは1988年5月28日生まれ、沖縄県出身。
所属事務所は「Sweet Power(スウィートパワー)」です。

2012年に元アイドルグループKAT-TUNのメンバーで歌手の赤坂仁さんと結婚。
女優の他に歌手やモデル業でも活躍されています。

主な出演作に映画『クローズZERO』の逢沢ルカを、そして『SPACE BATTLESHIP ヤマト(宇宙戦艦ヤマト)』で森雪を演じ話題となりました。

ゲスト出演

本作はゲスト出演も豪華でした。
ルパンの敵であるマイケル・リーを演じたのは、台湾の人気アイドルグループ「F4」のメンバーことジェリー・イェン(言承旭)。

また作中では小栗さんの妻・山田優さんや、原作者であるモンキー・パンチ先生も出演されていました。

その他の実写ルパン

目黒祐樹版『ルパン三世』――1974年

【映画『ルパン三世 念力珍作戦』】

小栗版・ルパンから遡る事40年ほど前、1974年には既に実写映画が作られていました。
82分の映画で、当時は他作品(『ノストラダムスの大予言』)との同時上映でした。

ルパンを演じられた目黒祐樹さんは、豪胆な役柄で時代劇などにも多数出演されており、最近お亡くなりになった俳優・松方弘樹さんの弟です。

また次元は『北の国から』の五郎役などでお馴染みの田中邦衛さんが、銭形警部をコメディアンであり俳優の伊藤四郎さんがそれぞれ演じています。

他キャストにも、殺し屋・丸高太には歌手の前川清さん、警官に漫才コンビの青空球児・好児さん、そして孤児院に現われた殺し屋には『(初代)仮面ライダー』で死神博士を演じた天本英世さんが担当されました。

ところで、本作では何故か五ェ門だけが登場していません。
映画が公開される2年前には既に、TVアニメ『ルパン三世』第1シリーズ(1971年~1972年)が放映されており、当時ファンの間でも五ェ門は人気キャラとして認知されていたので不思議です。

ルー大柴版『ルパン三世』――1998年

【ミュージカル『ルパン三世 I'm LUPIN』】

劇場映画以外にルパンはミュージカルの形でも“実写化”を果たしていました。
1998年11月5日~8日の4日間、サンシャイン劇場にて公演。

今回ルパンを演じたのは、「ルー語」と呼ばれる独特な言葉を操るルー大柴さん。
ルー大柴さんはお笑いタレントの肩書きを持ちながら役者として多くの作品に出演し、近年は茶人としても活動されています。

本作では銭形警部をエレキバンドのリーダーでありタレントのエド山口さんが担当。
因みにエドさんはモト冬樹さんのお兄さんで、二人でバンドを組んでもいます。

五ェ門は『ドラゴンボール』など多くのアニメ主題歌を担当するアニメ界の大御所こと歌手の影山ヒロノブさんが、オリジナルキャラの夢野博士を振付師のラッキィ池田さんがそれぞれ演じました。

ところでルー大柴さんは身長174cmに対し体重65kgと、男性としてはかなり細身なうえ、顔も日本人離れした“濃い顔”として有名なので、見た目はかなりルパンぽいです。

宝塚版『ルパン三世』――2015年

【宝塚公演『ルパン三世-王妃の首飾りを追え!-』】

ルパンは宝塚の上映演目としても“実写化”されています。
2015年1月1日~2月2日に宝塚劇場で、同年2月20日~3月22日には東京宝塚劇場にて、雪組により上演されました。

フランスのベルサイユ宮殿にてマリーアントワネットの首飾りを盗もうとしたルパンたちが、革命前夜のフランスへとタイムスリップしてしまう物語。

ルパンを演じたのは雪組トップスターの早霧せいなさん。
また雪組トップコンビの咲妃みゆさんは本作オリジナルストーリーに登場するマリーアントワネットを演じました。

他にも銭形警部を夢乃聖夏さん、五ェ門を彩凪翔さん。次元を彩風咲奈さん。
アントワネットと共に物語の核となる人物・カリオストロ伯爵を望海風斗さんなどが演じられています。(※新人公演は割愛しております)

演目ではアニメを意識してか、アニメ第2シリーズのエピソードでも登場したマリー・アントワネットや、映画「カリオストロの城」同様にカリオストロ伯爵も登場。
こちらは名前のみ同じで、設定やキャラクターなどは違います。

またアニメの台詞やBGMなどを使用したり、主題歌「ルパン三世のテーマ」や三波春夫さんの「銭形マーチ」などがタカラジェンヌらにより歌われました。

スピンオフ作品『銭形警部』――2017年

【TVドラマ『銭形警部』】

スピンオフ作品と言えば今までは、TVアニメ『峰不二子という女』や、映画『次元大介の墓標』『血煙の石川五ェ門』などのアニメ作品でしたが、2017年には“銭形のとっつぁん”こと銭形警部を主人公とした“実写化”も放映されました。

銭形警部(銭形幸一)役は、映画『俺物語!!』や『HK 変態仮面』で主役を演じた人気俳優・鈴木亮平さん。
他キャストも元AKB48メンバーの前田敦子さん、三浦友和さんの息子で俳優の三浦貴大さんが刑事役を、そして以前「劇団☆新感線」に所属していた渡辺いっけいさんが捜査官役として登場。

本作は「日本テレ×WOWOW×Hulu共同制作ドラマ」として制作されました。
そのためまず、2017年2月10日に日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」枠で『銭形警部』が放映。

同年2月10日~3月3日の毎週金曜日に更新されたHulu版『銭形警部 真紅の捜査ファイル(全4回)』が配信。
同じく2月19日~3月12日の毎週日曜に放映されるWOWOW版『銭形警部 漆黒の犯罪ファイル(全4回)……が、それぞれ公開されました。

作中ではアニメ版「銭形マーチ」が使用され、ゲストキャラにアニメ版・銭形の声を担当している山寺宏一さんが出演しています。

ルパンⅢシリーズ随一の背徳に満ちたスピンオフ「峰不二子という女」 | MOVIE SCOOP! https://hikakujoho.com/moviescoop/43033400000963/

「ルパン三世」に登場する謎の女・峰不二子を主役にしたTVアニメ「峰不二子という女」。作品全体に漂う不道徳と背徳感。今までのシリーズとは確実に一線を画した秀逸な映像や物語は、見る者を作品の世界感へと引きずり込みます。こちらでは作品の概要とともに、その魅力をお伝えします。

LUPIN THE ⅢRDシリーズ第2弾・劇場映画「血煙の石川五ェ門」の魅力に迫る! | MOVIE SCOOP! https://hikakujoho.com/moviescoop/10990600001044/

2017年2月に公開された劇場映画『血煙の石川五ェ門』とは、前作『次元大介の墓標』と同じく小池健監督による『LUPIN THE ⅢRD 』シリーズとして制作されました。このシリーズは今までのルパンとは一味違う、新たな魅力が詰められたスピンオフ作品となっています。ここでは『血煙の石川五ェ門』の見所と、本作品のキャラクターを紹介していきます。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

ルパン三世 アニメ シリーズ

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

562 円/月

ビデオパス詳細

定額見放題

1,990 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

933 円/月

Hulu詳細

定額見放題

888 円/月

FODプレミアム詳細

定額見放題

500 円/月

dTV詳細

定額見放題

400 円/月

dアニメストア詳細

レンタル

2,417 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

レンタル

500 円~/月

ビデオマーケット詳細

ルパン三世(実写版)

動画が配信されているサービス一覧

レンタル

562 円/月

ビデオパス詳細

定額見放題

933 円/月

Hulu詳細

レンタル

2,417 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

レンタル

500 円~/月

ビデオマーケット詳細

「邦画」人気ニュースランキング