SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/05/14
2,630 0

ついに登場!アメコミ史上最強の女戦士『ワンダーウーマン』が映画化!?

ワンダーウーマンが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

DCコミックに登場する最強の女戦士ワンダーウーマンが、ついに単独映画化となった。『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』では、サプライズ的に登場したワンダーウーマンにファンは歓喜の声を上げた。その彼女の記念すべきオリジン作品『ワンダーウーマン』の公開日やあらすじを要チェック!

目次

『ワンダーウーマン』とは

ワンダーウーマンは、DCコミックに登場するジャスティ・リーグの女戦士で、バッドマンやスーパマンと肩を並べるビッグ3である。

もともとは、不老長寿の女部族アマゾネスの女王ヒッポリタが作った人形に、ギリシャの神々が命を吹き込み、アマゾネスの王女ダイアナ(ワンダーウーマン)として誕生した。

ワンダーウーマンの歴史は古く、1941年からアメコミに登場している。

また、2016年には漫画の登場人物でありながら、国連名誉大使にも任命されているスーパーヒーローなのだ。

『ワンダーウーマン』は全3部作となっており、2017年に記念すべき第1弾が公開される。

監督は『モンスター』のパティ・ジェンキンス

映画『ワンダーウーマン』のメガホンを取ったのは、シャーリーズ・セロン主演の『モンスター』で長編映画監督デビューしたパティ・ジェンキンス。

ジェンキンス監督は、「スーパーヒーロー映画には、喜劇も悲劇も重要。しかし何より大事なのは、観客の2時間を浪費させないこと」だと言う。

女性監督によるスーパーヒーロー映画というだけでなく、制作に携わるスタッフの多くも女性のようだ。

女性の観点で描かれた『ワンダーウーマン』には、女性ならではの細かな気配りも感じられるかもしれない。

また、過去にはマーベルからのオファーもあったというジェンキンス監督だが、マーベルも欲しがった映像センスを劇場にて楽しんでもらいたい。

映画『ワンダーウーマン』での人物設定は?

ダイアナ・プリンス(ワンダーウーマン)役/ガル・ガドット

主人公ダイアナ(ワンダーウーマン)を演じるのは、『ワイルド・スピード』シリーズでジゼル役を演じたガル・ガドットだ。

ガドットは、18歳からの2年間、祖国イスラエルで戦闘トレーナーをしていた経験もある。

その経験を生かしたリアルなアクションで、観客の目を楽しませてくれることだろう。

スティーブ・トレバー役/クリス・パイン

スティーブ・トレバー役には、『スター・トレック』で主演ジャムズ・T・カーク役を務めたクリス・パイン。

父親は俳優のロバート・パインでハリウッドの名脇役として名を馳せている。

パインの役どころは、アメリカ陸軍航空部の隊長ということだが、物語のキーを握る重要人物でもあるようだ。

映画『ワンダーウーマン』ではどんなストーリーが描かれるのか

ワンダーウーマンは、バッドマンさえも世界最強と認める女戦士。

そして予告編で描かれている物語は、ダイアナとトレバーが出会うことから描かれている。

女だけの中で生きてきたダイアナにとってトレバーは、初めて見る男だった。

物語には、ダイアナが育ってきた環境や生い立ち、第一次世界大戦で戦う勇ましい姿が描かれている。

彼女が生まれてきた経緯や、ワンダーウーマンとなって外の世界で初めて戦うこと、そして男性を初めて見た彼女の心境などが描き出されるようだ。

またワンダーウーマンと戦うヴィラン(悪役)は、ゼウスの息子である軍神アレス。
ゼウスが誕生させたダイアナに嫉妬の念を抱いているようである。

ワンダーウーマンの特殊能力は?

ワンダーウーマンの特殊能力は、超人的な怪力や俊敏性はもちろん、飛行能力に格闘戦術などがあり、トレードマークの腕輪は弾丸をも弾く。

また、魔法の武器として投げ縄があり、捕らえられたものは嘘をつけなくなるというのだ。

バッドマンもその強さを認めているが、それは彼女が人間ではなく、粘土から作られた戦士ということもあるのかもしれない。

『マイティ・ソー』のハンマーも持ち上げるほどの怪力!?

ワンダーウーマンの特殊能力のなかで、超人的な怪力とはいったいどれほどのものなのか。

彼女は1996年、DCコミックとマーベルのクロスオーバー作品で、マイティ・ソーのもつムジョルニアを持ち上げたことがある。

ムジョルニアは、マーベルヒーローのマイティ・ソーの持つハンマーで、アベンジャーズチームで持ち上げた者はいない。

それほどまでの怪力といえば、どのくらい凄いものなのか分かっていただけるだろう。

ワンダーウーマンのトレーラーも公開

公式では『ワンダーウーマン』の予告編も公開されているので、ストーリーが気になる方はいち早くチェックするといいかもしれない。

トレーラーは複数公開されており、第1弾ではワンダーウーマンのオリジン、第2弾ではドイル軍やヴィランとの戦いを想像させる。

彼女はトレバーと出会って第一次世界大戦に参戦することになるのだが、「戦争」というダークなイメージのなかに、光が見えるものだと期待したい。

映画『ワンダーウーマン』の公開日は?

映画『ワンダーウーマン』の公開日は2017年8月25日(金)に全国で上映が予定されている。

見事なプロポーションと、筋肉を17ポンドも増やして鍛え抜いたガドットが繰り出す、迫力満点のアクションを、ぜひ映画館で鑑賞してみてはいかがだろうか。

もしかすると、ダイアナとトレバーの恋の行方も描かれるかもしれない。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

ワンダーウーマン

動画が配信されているサービス一覧

レンタル

2,189 円/月

U-NEXT詳細

レンタル

550 円/月

dTV詳細

レンタル

2,658 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

レンタル

1,958 円~/月

music.jp詳細

レンタル

550 円~/月

ビデオマーケット詳細

「洋画」人気ニュースランキング