閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【Dr.コトー診療所 第2期(2006年)】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

提供元:FOD
Dr.コトー診療所 第2期(2006年)

Dr.コトー診療所 第2期(2006年)を配信中の動画配信サービス一覧

Dr.コトー診療所 第2期(2006年)の動画が配信されているサービス

Dr.コトー診療所 第2期(2006年)の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

Dr.コトー診療所 第2期(2006年)の作品紹介

Dr.コトー診療所 第2期(2006年)のあらすじ

「銀の龍の背に乗って~」中島みゆきが歌う主題歌もそのままにコトー先生が帰ってきた!

「病気」、「命」、「家族」という普遍的なテーマを大自然が残る南海の孤島を舞台に描いたヒューマンドラマ。 

2003年に連続ドラマとして放送された第1シリーズから3年、2006年にスタートした第2シリーズで平均視聴率22.3%を記録。コトー先生を演じる吉岡秀隆ら主要キャストは変わらず、新たなキャストも加わり、さらなる濃密な人間関係が展開される。


劇中も前作から3年の月日が流れ、コトー先生は変わらず南海の孤島、志木那島で村人たちの診療に明け暮れる日々を送っていた。

一方、漁師の原剛利は息子、剛洋が東京での私立中学受験に挑み、見事合格。だが高額な学費の問題が大きくのしかかり、漁師をやめ、島を離れて出稼ぎを始めるも様々な問題に直面し…。

またコトー先生を支えていた看護師の星野彩佳もコトー先生や家族らには本当の理由を告げず、たったひとりで東京の大学病院で診察を受けていたのだった。

そして島の診療所には看護師の仲依ミナが彩佳の後任としてやってくるのだが…。

Dr.コトー診療所 第2期(2006年)のクレジット(監督・キャスト)

Dr.コトー診療所 第2期(2006年)の登場人物・キャスト

  • 五島健助(吉岡秀隆)

    3年前、東京から志木那島の診療所に赴任してきた優秀な外科医で、通称コトー先生。頼りなさそうな風貌だが、患者の診療には毅然とした態度で臨み、とても頼れる存在。東京の大学病院での苦い過去を背負いながらも、常に患者のための医療を心がけ、島民との信頼関係を築いている。

  • 星野彩佳(柴咲コウ)

    正義感がとても強く、しっかり者で、診療所の看護師として大活躍していたが、胸のしこりをみつけ、家族にも黙って一人で上京し、大学病院で診察を受ける。

  • 仲依ミナ(蒼井優)

    彩佳の後任として診療所に来た新米看護師。経験が浅く、不器用でもあるため、最初はまったく頼りにならないが、少しずつ島での生活や仕事に慣れていく。

  • 和田一範(筧利夫)

    診療所の事務担当だが、人手が足りない時にはコトー先生の助手としても活躍する。新米看護師のミナのことを気遣い、よくフォローしている。

  • 原剛利(時任三郎)

    1人息子の剛洋を男手ひとつで育てている、無口だが心優しい父。東京で進学する剛洋の学費のために、漁師をやめ、島を離れて土木作業員の仕事を頑張っている。

  • 原剛洋(富岡涼)

    剛利の一人息子。中学1年。コトー先生に憧れ、医師を目指すため上京し、親類の家で世話になりながら勉強に励む。心優しく、父親のことをとても気遣っている。

  • 安藤重雄(泉谷しげる)

    志木那島漁業組合漁労長。空威張りをしているが、とても人情味あふれる男。幼なじみの正一とは口げんかがたえないが、正一が悩んでいる時には励まし続け、親身になって気遣うやさしさがある。

  • 星野正一(小林薫)

    志木那島村役場の民生課課長で、彩佳の父。2年前、島の祭りの最中に妻が脳内出血で倒れ、コトー先生に命を助けられる。後遺症で不自由な生活を送ることになった妻を温かく支えている。

  • 鳴海慧(堺雅人)

    東京の大学病院に勤務する優秀な外科医で、上京してきた彩佳の診察を行う。研修生時代にコトー先生と同じ研究室に所属していた。真面目で医師としての強い信念を持っており、コトー先生に意見をぶつけることもある。

Dr.コトー診療所 第2期(2006年)の見所ポイント

  • 1 家族のような関係だからこそ…

    2003年の第1シリーズでは、東京から島の診療所にやってきたばかりのコトー先生が、ひとりひとりの患者と熱心に向き合い、島の人たちとの信頼関係を少しずつ築いていく様子が、毎回とても感動的に描かれていました。

    赴任から3年の月日が流れ、第2シリーズのコトー先生は、すっかり島の人々との絆を深め、まるで家族のような関係を築いていました。

    しかし、そんな温かな関係を築けば築くほど、医師として冷静な診断を行うことが難しくなってしまう…。

    そんな医師という仕事の厳しさ、難しさについて深く考えさせられ、心を動かされる場面がたくさんつまった作品です。

  • 2 さまざまな親子の絆

    今回のシリーズでも、さまざまな親子の感動的な姿が描かれています。

    コトー先生のような医師を目指し、東京の私立中学で勉強する息子を応援するため、必死で働き続ける剛利。父親が無理をおして働く姿に心を痛め、悩む剛洋。

    この親子のお互いを思いやる気持ちはとても純粋で、心から応援したくなります。また、余命宣告をされながらも、幼い娘と共に生きる希望を絶対に捨てない母親、親に心配かけまいとひとりで病気と闘おうとする娘と、そんな娘の気持ちを精一杯理解しようと見守る父親…。

    それぞれの親子の深い絆を感じると共に、親子、そして家族の大切さを改めて実感するはずです。

  • 3 リアリティあふれる志木那島のメンバー

    吉岡秀隆演じるコトー先生をはじめ、しげさん(泉谷しげる)、星野さん(小林薫)、剛利さん(時任三郎)、和田さん(筧利夫)などの、個性豊かな志木那島のメンバーも、第1シリーズから引き続き同じ俳優陣が演じており、それぞれの登場人物に久々に再会したような懐かしさと親しみを感じることができます。

    特に、2003年ではまだ小学生だった剛洋(富田涼)の成長した姿を見ると、ドラマの中でも現実と同じように3年の月日が流れている、というリアリティをより一層感じるはずです。

Dr.コトー診療所 第2期(2006年)の評価・感想・レビュー

Dr.コトー診療所 シリーズのあらすじ一覧

Dr.コトー診療所 第2期(2006年)と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

Dr.コトー診療所 第2期(2006年)に関する記事一覧

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!