閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【Dr.コトー診療所(2004年)】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

提供元:FOD
Dr.コトー診療所(2004年)

Dr.コトー診療所(2004年)を配信中の動画配信サービス一覧

Dr.コトー診療所(2004年)の動画が配信されているサービス

Dr.コトー診療所(2004年)の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

Dr.コトー診療所(2004年)の作品紹介

Dr.コトー診療所(2004年)のあらすじ

2004年11月、フジテレビ系列で2夜連続スペシャルドラマとして放送された作品。2003年に放送された連続ドラマ『Dr.コトー診療所』の続編として、コトーを取り巻く島の人々と、彼らの命に誠実に向き合っていくコトーの姿が描かれている。

脚本を手がけたのは、名作ドラマ『北の国から』シリーズの脚本などで知られる倉本聰が主宰した養成所・富良野塾の出身で、数々のヒューマンドラマを描いてきた吉田紀子。

学校が終わるやいなや、一目散にコトー(吉岡秀隆)のいる志木那島診療所に走っていく小学生・剛洋(富岡涼)。剛洋はコトーを見つけると、ずっと手に握っていた100点満点のテストを満面の笑顔で見せた。往診に出かけるコトーについていく剛洋を、島の人々は「チビ先生」と呼び、笑顔で見送る。

コトーは自転車で島中を回り、あちこちの家で呼び止められては、会う人ひとりひとりに声をかけ、丁寧に診ていく。そんなコトーを見た島のばあばは、まるで医者のたらい回しだと冗談交じりで気遣うのだった。

往診後、彩佳(柴咲コウ)の母・昌代(朝加真由美)に呼ばれたコトーは、星野家で夫・正一(小林薫)と一緒に昌代の作った好物の卵焼きを食べながら、他愛ない会話を楽しんだ。この島に来て1年が経ち、コトーはすっかり島の空気になじんでいるのだった。

Dr.コトー診療所(2004年)のクレジット(監督・キャスト)

  • 初公開
    :2004年

Dr.コトー診療所(2004年)の評価・感想・レビュー

Dr.コトー診療所 シリーズのあらすじ一覧

Dr.コトー診療所(2004年)と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
いけだ
いけだ

ドラマ鑑賞と読書が好きです。ドラマは国内のものをよく観ます。笑って観られるコメディが好きです。あとミステリー小説を読むのにもハマっています。