閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【キャプテン翼 危うし!全日本Jr.】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

画像はありません。

キャプテン翼 危うし!全日本Jr.を配信中の動画配信サービス一覧

キャプテン翼 危うし!全日本Jr.の動画が配信されているサービス

キャプテン翼 危うし!全日本Jr.の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

キャプテン翼 危うし!全日本Jr.の作品紹介

キャプテン翼 危うし!全日本Jr.のあらすじ

『週刊少年ジャンプ』に1981年~88年にわたり連載された高橋陽一原作の人気サッカー漫画『キャプテン翼』。現在も掲載誌をかえ、連載は続いておりプロ選手に成長した主人公の大空翼や仲間たちが活躍する姿が2019年でも描かれている。本作は1985年7月に公開された劇場版第1作目『ヨーロッパ大決戦』に続き、85年12月に公開された劇場版第2作目。脚本、監督を担当するスタッフは1作目と同じメンバーで、冬休みの「東映まんがまつり」の1作品として公開された。

ヨーロッパ遠征から1年が経過、今度はヨーロッパ選抜チームが来日。前回の親善試合での雪辱を晴らすため、猛練習をしてきた西ドイツのシュナイダー(難波圭一)、フランスのピエール(堀内賢雄)らは一回り成長し、たくましくなった姿を見せていた。

中学1年生になった大空翼(小粥よう子)たち全日本チームは、岬太郎(山田栄子)が行方がわからず、日向小次郎(鈴置洋孝)は退部届を提出して修業の旅に出ており、海外チームに所属している若林源三(橋本晃一)は日本での出場資格を得られていない、という状態にあった。前回活躍した主力メンバーを欠き、全日本チームは大きな不安材料を抱えていた。

試合が開始され、ヨーロッパ選抜の猛攻にあった全日本チームは、若林不在のゴールを守る若島津健(飛田展男)を中心に必死に耐えるのだった…。はたして翼たち強敵相手に勝利できるのだろうか?

キャプテン翼 危うし!全日本Jr.のクレジット(監督・キャスト)

キャプテン翼 危うし!全日本Jr.の登場人物・キャスト

  • 大空翼(小粥よう子)

    小学生の時には地元南葛市の選抜チーム、南葛SCを全国大会優勝に導き、自らも得点王とMVPを受賞している。私立中学からのスカウトを断り、南葛中に進学し、1年生ながらエースを務める。仲間を思う気持ちは人一倍強く、今作でも修業に出てしまった小次郎のことを、親善試合にはきっと戻ってくるはずだと、あきらめずに信じ続ける。

  • 日向小次郎(鈴置洋孝)

    父を亡くし、母と3人の弟妹たちを支えるためにプロサッカー選手になる夢を抱く。東邦学園に特待生として入学し、学費免除や生活費の支給を受け、サッカーに専念できるようになったが、ハングリー精神が足りなくなったことを吉良監督に指摘され、今作では退部届を出して吉良のもとへ修業に行ってしまう。

  • 若林源三(橋本晃一)

    天才ゴールキーパーとして、南葛SCで翼と共に活躍するが、試合中に左足を負傷してしまう。小6の全国大会ではケガをおしてゴールを守り、優勝に貢献した。大会後に師と仰ぐ見上と共に西ドイツに渡り、今作では、親善試合に出場するため、久々に日本に帰ってくるのだが…。

  • 若島津健(飛田展男)

    空手の有段者であり、得意な空手技を生かした独自の方法で明和FCのゴールを守る。小6で出場した全国大会では南葛SCのゴールを防ぎきれず、惜しくも優勝を逃してしまった。尊敬する小次郎を追って東邦学園に入学する。今作の親善試合では、試合に出られない若林の代わりに日本のゴールを任されるのだが…。

  • 三杉淳(溝口綾)

    翼よりもサッカーの技術が優れていると言われるほどだが、心臓の持病を抱えており、限られた時間しか試合に出ることができない。小学校全国大会準決勝の対南葛SC戦では、後半に発作が起きてしまい、逆転負けに終わった。武蔵中に入学してからは心臓病の治療に専念しており、今作では医師から5分間だけの出場を認められる。

  • 沢田タケシ(上村典子)

    明和小で日向小次郎の2学年下の後輩。小3の時に小次郎に出会い、小次郎の口添えのおかげで4年生からしか入団できない明和FCに合格することができた。今作では、主力メンバーが中学生となった全日本選抜チームの中で唯一の小学生メンバーに選ばれる。

  • カール・ハインツ・シュナイダー(難波圭一)

    西ドイツジュニアのキャプテンを務めていた時には「ヨーロッパ少年サッカー界の皇帝」と呼ばれていた。多才な技をもつ実力者であり、1年前の翼たちとの親善試合で負けたくやしさから、猛特訓を積み重ねてきた。

  • エル・シド・ピエール(堀内賢雄)

    フランスジュニアチームのキャプテンを務めていた。前回の親善試合の時には、フランスを訪れた全日本ジュニア選抜チームのメンバーのガイド役として、紳士的な一面も見せた。今作では翼や小次郎のドリブルを防ぎ、鮮やかにボールを奪う華麗なプレーをみせる。

  • 中沢早苗(坂本千夏)

    南葛小では応援団長を務めていた男勝りな女の子。小学生のころからずっと翼のことが好きで、翼を中心に応援し続けている。南葛中に進学し、サッカー部のマネージャーとなる。1年前のの親善試合では応援団としてフランスまで駆けつけたが、今作では日本選抜チームのマネージャーを務める。

  • 大沢理加(松井菜桜子)

    大使館で外交官として働く父とともにフランスに住んでいる。前回の親善試合では全日本選抜チームの世話役をしたが、今作ではヨーロッパ選抜チームのマネージャーとして、選手と共に来日してきた。

  • 吉良 耕三(河合義雄)

    明和FC監督を経て、吉良耕三少年サッカースクールの代表を務めている。明和FCでは小次郎たちを独特の指導方法で育て上げた。各地を転々としており、今作でもスランプに陥り、修業にやってくた小次郎を受け入れ、厳しく特訓をしてやる。

キャプテン翼 危うし!全日本Jr.の見所ポイント

  • 1 『劇場版キャプテン翼』 第2弾! ヨーロッパ大決戦の1年後を描く

    劇場版第1作目『ヨーロッパ大決戦』では、全日本ジュニア選抜チームはヨーロッパジュニア選抜チームとの親善試合をなんとか制することができました。が、その試合での敗北はヨーロッパ選抜チームのメンバーたちに火をつけてしまったようです。

    特に渾身のシュートを若林に阻まれたシュナイダーは、1年間、若林に勝つことだけを考えて練習に練習を重ね、新たな技を身につけて来日してきました。翼たちを応援しつつも、ヨーロッパの選手たちの成長もしっかりと見届けたいですね。

  • 2 『キャプテン翼』中学生編のスタートを描いた作品

    前回の親善試合では小学生だった翼たちも、今回は中学生になっています。小学校卒業と同時に渡独し、西ドイツのチームに入った若林、父親の仕事について行くために日本を離れてしまった岬など、拠点を海外へ移したメンバーもいます。

    翼も小学生の全国大会で優勝した後、師であるロベルトとともにブラジルに渡る約束をしていました。しかし日本に残り、さらに私立中学からのスカウトも断って地元の南葛中学校に進学します。

    地元で頑張るという設定によって、翼に対する親近感がより一層強くなり、地元から世界に通用するプレーヤーを目指す姿に大きな希望を抱いてしまいますね。

  • 3 『キャプテン翼』2018年版で描かれなかった部分が楽しめる!

    キャプテン翼は2018年、第4作目となるテレビアニメ版が放送されました。1983年から放送された第1作と同様に、前半は南葛小に転校してきた翼が小学生全国大会で優勝するまでの道のりが描かれ、後半からは3年後、中学3年生となった翼が最後の中学生全国大会に挑むまでの熱い闘いを描いています。

    この劇場版2作目では、ちょうどその空白の3年間にあたる、中学1年生となった翼たちの様子が描かれており、まだあどけなさを残しつつも、小学生から一歩成長したばかりのメンバーたちの姿が見られます。後のジュニアユース編で登場する相手チームのシュナイダーやピエールらの初々しい姿とともに楽しみたいポイントです。

キャプテン翼 危うし!全日本Jr.の評価・感想・レビュー

キャプテン翼 シリーズのあらすじ一覧

キャプテン翼 危うし!全日本Jr.と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!