閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

【キャプテン翼 ヨーロッパ大決戦】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

画像はありません。
更新日:

キャプテン翼 ヨーロッパ大決戦が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

キャプテン翼 ヨーロッパ大決戦を観たい方におすすめの動画配信作品

キャプテン翼 ヨーロッパ大決戦と同じ 「キャプテン翼 シリーズ」 に含まれている作品をおすすめとして表示しています。

提供元:amazon

アニメ

キャプテン翼J 1994
キャプテン翼 シリーズ

幼い頃からサッカーが大好きな大空翼。転校初日、グラウンドでサッカー部がもめている最中、天才ゴールキーパー若林源三と出会う。(C)高橋陽一/集英社・NAS

配信中の動画配信サービス

提供元:ワーナー・ブラザース

アニメ

キャプテン翼 2018
キャプテン翼 シリーズ

静岡県南葛市に引っ越してきた大空翼。生粋の“サッカー小僧”である翼は引越しの手伝いを放り出して、ドリブルで街へ繰り出す。その途中、通りかかったグラウンドで運命的な出逢いをした。ーー彼の名は、若林源三。修哲小の天才ゴールキーパーだ。中学生を相手に、次から次へとゴールに飛び込むさまざまなボールを止めて見せた彼の手腕に感銘を受けた翼は若林とサッカー対決することを決意。「ちょうせん状」と書きこんだボールを丘の上から若林邸に叩き込むーー!(C)高橋陽一/集英社・2018キャプテン翼製作委員会

配信中の動画配信サービス

キャプテン翼 2001

アニメ

キャプテン翼 2001
キャプテン翼 シリーズ


配信中の動画配信サービス

キャプテン翼 シリーズの作品一覧

※注1:現在、作品詳細情報がありません。

キャプテン翼 シリーズの動画配信状況

【PR】 シリーズ配信本数:8本
U-NEXT
2,189円/月
31日間無料
バンダイチャンネル
1,100円/月
初回無料
dTV
550円/月
31日間無料
TSUTAYA TV/DISCAS
2,658円/月
30日間無料
music.jp
1,958円~/月
30日間無料
ビデオマーケット
550円~/月
入会月無料
dアニメストア
440円/月
31日間無料
Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)
500円/月
30日間無料

※注1:現在、作品詳細情報がありません。

キャプテン翼 ヨーロッパ大決戦の動画配信・レンタル情報

キャプテン翼 ヨーロッパ大決戦の作品紹介

キャプテン翼 ヨーロッパ大決戦のあらすじ

高橋陽一が『週刊少年ジャンプ』で1981年から1988年まで連載し、その後、令和の時代になっても掲載誌をかえ、連載が続いている大人気サッカー漫画『キャプテン翼』。本作は1985年7月に夏休みに子ども向け映画を数本まとめて公開していた「東映まんがまつり」のひとつとして公開された作品。本作はサッカーが大好きで「サッカーの申し子」の異名を持つ少年・大空翼が小学生のサッカー全国大会で優勝を勝ち取った後から、中学生にあがるまでの活躍がオリジナルストーリーとして描かれている。

全国大会での激闘を制した大空翼(小粥よう子)は、チームメイトの岬太郎(山田栄子)や若林源三(橋本晃一)、石崎了(丸山裕子)たちとともに、全日本ジュニア選抜チームに選ばれた。全日本チームには全国大会で良きライバルとして闘ってきた、日向小次郎(鈴置洋孝)、立花政夫(ならはしみき)、和夫(鈴木れい子)兄弟などの、そうそうたるメンバーが集結した。彼らが向かった先はフランス。そこには、ヨーロッパ各国で活躍する若き精鋭たちばかりを集めたドリームチーム、ヨーロッパジュニア選抜チームのメンバーが待ち構えていた。

ヨーロッパジュニア選抜チームの練習風景を見学していた、翼たちは彼らから不快な歓迎を受け、さらには「試合で20点以上を獲る」と宣言される。そんなヨーロッパジュニア選抜に対し、若林がPK対決に臨むことになるのだが…。

キャプテン翼 ヨーロッパ大決戦の登場人物・キャスト

  • 大空翼(小粥よう子)

    南葛SCのキャプテンを務め、チームを全国大会優勝まで導いた小学6年生。1歳の時トラックと衝突してしまった際に、抱えていたボールがクッション代わりとなり、奇跡的に無傷ですんだことがきっかけで「ボールはともだち」が信条となった。今作ではヨーロッパ選抜チームを相手に緊張する仲間たちを元気づけようと声をかける。また、格下扱いを受け、闘志を燃やす。

  • 岬太郎(山田栄子)

    画家の父についていくため、各地を転々としており、色んなチームを経験している。チームへの適応力、サッカーのセンスや技術力は抜群である。小6の時に南葛SCに入部してきてから、翼とともに「ゴールデンコンビ」と呼ばれるようになり、今作の遠征でも2人の攻めが期待されている。

  • 日向小次郎(鈴置洋孝)

    父を事故で亡くし、4人兄弟の長男として母子家庭を支えるため、新聞配達などのアルバイトをしている。プロサッカー選手になって家族に楽をさせたいという夢を持っており、ハングリー精神のかたまりのような少年。ワイルドな風貌で体も大きく、今作でもヨーロッパの選手たちにひけを取らない気迫あふれるプレーで攻撃するのだが…。

  • 若林源三(橋本晃一)

    ゴールキーパーとしての天才的な素質を持ち、修哲小サッカー部の守りのかなめ。小5の時に全日本少年サッカー大会でチームを無失点優勝に導く。その後、南葛小との試合で初めて翼にゴールを決められ、翼の実力を高く評価するようになる。今作の遠征の前に行われた試合で左足にケガをしてしまい、気にかけている。

  • 若島津健(飛田展男)

    明和FCのゴールキーパー。実家が空手道場であり、空手の有段者。空手の技を生かしたゴールポストを蹴ってボールに飛びつく“三角飛び”などの必殺技でゴールを守る。攻めのキーパーとして名を知られており、今回もケガのためベンチで見守っている若林の代わりにゴールを守るが…。

  • 立花和夫(鈴木れい子)

    兄の政夫とは双子で外見がそっくりなため、よく見間違えられる。秋田県の花輪サッカー少年団に所属し、秋田県代表として全国大会に出場した。明和FCとは引き分けたが、南葛SCに惜しくも負けて敗退する。アクロバティックな技が得意で、今作の親善試合も試合開始早々、勢いよく空中に舞いあがる。

  • 立花政夫(ならはしみき)

    弟の政夫と共に花輪SSを全国大会へと導いた。一卵性双生児であり、外見も立場も良く似ているが、落ち込む和夫を励ましたりする兄らしい一面も持ち、今作でも弟と息の合ったコンビネーション技を見せつけ、相手を驚かせる。

  • 石崎了(丸山裕子)

    翼が来るまで、南葛小サッカー部のキャプテンを務め、若林たち修哲小に30点差で敗れる屈辱を味わったこともある。努力と持ち前の根性で、南葛市で選抜される南葛SCのメンバーに入る実力をつけ、今作でも全日本ジュニア選抜のメンバーに選ばれている。体を張ったディフェンスで知られ“顔面ブロック”は有名。

  • カール・ハインツ・シュナイダー(難波圭一)

    元サッカー選手であり、ハンブルグの元監督も務めた父親に教えられ、西ドイツジュニアのキャプテンを務める実力を持つ。左右どちらからでも蹴ることができる“弾丸シュート”など多才な技をもち、「ヨーロッパ少年サッカー界の皇帝」の異名をもつ。最初は日本チームの様子を見てベンチにいるが…。

  • エル・シド・ピエール(堀内賢雄)

    フランスジュニアチームのキャプテンを務め、ヨーロッパ選抜チームでのポジションはフォワード。とても紳士的で全日本選抜チームのガイド役を引き受け、色々な情報を丁寧に紹介してくれている。

  • スティーブ(小滝進)

    ヨーロッパ選抜チームのフォワードであり、イングランドジュニアのキャプテンを務めている。今回、初対戦となる全日本選抜チームを挑発し、傲慢な態度もみせる。

  • ヘフナー(矢尾一樹)

    ヨーロッパ選抜チームの正ゴールキーパーであり、キーパーとしての実力はヨーロッパで一番と言われ、どんな強烈なシュートも防いでしまう。今作でも日本のシュートチャンスをことごとく防ぐ活躍を見せるが…。

  • 中沢早苗(坂本千夏)

    男勝りな女の子で、南葛小学校応援団長を務め、皆を引っ張っていくリーダー的存在。同級生たちからも「あねご」と呼ばれている。転校してきた翼に一目惚れし、翼を中心にした熱い応援をし続けている。今作はヨーロッパ遠征なので応援には来られないかもしれないが…。

  • 大沢理加(松井菜桜子)

    大使館で外交官として働く父とともにフランスに住んでいる。今回の親善試合のためにヨーロッパ遠征に訪れた全日本選抜チームが滞在している間、チームのマネージャーをつとめることになった。

キャプテン翼 ヨーロッパ大決戦の見所ポイント

  • 1 『キャプテン翼 ヨーロッパ大決戦』はテレビアニメ版の続編なの!?

    キャプテン翼の劇場版第1作目となった本作品は、1983年から放送されていたテレビアニメシリーズ第1作の続編としてではなく、翼たちが小学生の全国大会優勝を勝ち取った後に、ヨーロッパへ親善試合に出かける、というオリジナルのストーリーとなっています。

    しかし、天才ゴールキーパーの若林源三が全国大会の決勝で再発してしまった左足のケガを気にしているなど、テレビアニメ版での背景はほぼそのまま引き継がれており、違和感なくストーリーを楽しむことができます。

  • 2 『キャプテン翼 ジュニアユース編』に登場するあの選手が再び!

    フランスに渡った翼たち、全日本ジュニア選抜チームの相手となるのは、ヨーロッパジュニア選抜チームです。フランス、西ドイツ、イギリスなど、ヨーロッパの各国から選び抜かれた代表メンバーが集まった、まさにドリームチームです。

    パワーあふれる弾丸シュートを放つ西ドイツのシュナイダーや、フランスのピエールは、後のジュニアユース編で活躍する翼の強敵として再び登場してきます。今作品での初々しい彼らのジュニア時代の姿とぜひ見比べ、その成長を感じてみてください。

  • 3 『キャプテン翼』初代声優の懐かしい声。最新版との比較も楽しんで! 

    1985年に公開された本作品では、それぞれの登場人物を担当する声優はテレビアニメ第1作と同じメンバーで、声を聞いていると懐かしさをおぼえます。

    例えば、主人公の大空翼の声を担当している小粥よう子さん。とても落ち着いたトーンの声で、2018年に放送された最新版で翼の声を担当している三瓶由布子さんのかわいらしい声とはまた違う雰囲気を楽しめるはずです。

    ちなみに旦那さまが「キャプテン翼」シリーズの原作者・高橋陽一だというところに夫婦の絆のようなものが感じられ、微笑ましいですよね。

キャプテン翼 ヨーロッパ大決戦の評価・感想・レビュー

キャプテン翼 ヨーロッパ大決戦の動画が配信されているサービスの詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

キャプテン翼 シリーズのあらすじ一覧

キャプテン翼 ヨーロッパ大決戦と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の編集者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!