閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【紅の豚】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

紅の豚

紅の豚を配信中の動画配信サービス一覧

紅の豚の動画が配信されているサービス

紅の豚の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

紅の豚の作品紹介

紅の豚のあらすじ

宮崎駿監督作品で初の中年男性を対象とし、クールなかっこよさを売りとした映画。前作『魔女の宅急便』に続き、興行成績日本記録を更新した。1992年7月18日公開。監督は宮崎駿で、製作は鈴木敏夫が務めた。

主人公は豚人間で飛行艇乗りの中年男性・ポルコ(森山周一郎)。第一次世界大戦時、イタリア空軍のエースパイロットであった彼は今も空賊を捕まえる賞金稼ぎで生計を立てており、今日も今日とて空賊マンマユート団の悪事を食い止めていた。

民衆からは人気が高い一方、空賊たちからの恨みは強く、アメリカからの用心棒カーチス(大塚明夫)を雇われて堂々と宣戦布告をされてしまう。ポルコは飛行艇を修理に出すためにミラノへ向かっていたのだが、その途中で用心棒カーチスからの襲撃に見舞われる。

墜落し、飛行艇が使い物にならなくなったポルコは、飛行艇乗りのプライドと誇りをかけたリベンジに挑むため、ピッコロのおやじ(桂文枝)の元へ愛艇・サボイアの修理を頼んだのだが、設計はまさかの17歳の少女フィオ(岡村明美)がやることになって…!?

紅の豚のクレジット(監督・キャスト)

紅の豚の登場人物・キャスト

  • ポルコ・ロッソ(森山周一郎)

    飛行艇乗りの豚人間。人間だったころの名前は、マルコ・パゴット。イタリア空軍のエースパイロットだった男であり、決して殺しはしない主義を持つ。現在は、賞金稼ぎとして生計を立てている。口は悪いが、義理を守る人情深い性格。

  • マダム・ジーナ(加藤登紀子)

    ホテル・アドリアーノの女性経営者。「アドリア海の飛行艇乗りは、みんなジーナに一度は恋をする」といわれているほどの美人であり、歌姫。3度飛行艇乗りと結婚した経験を持つが、全員が戦死してしまっている。ポルコとは幼なじみで、ポルコが人間だったころを知っている人物。

  • フィオ・ピッコロ(岡村明美)

    17歳の少女。ピッコロのおやじの孫娘であり、若くして相当な実力を持つ飛行機設計技師。その才能は、ポルコが愛機の設計を任せるほど。明るく快活な性格であり、自分の信念を負けない性格の持ち主。

  • ピッコロのおやじ(桂文枝)

    ミラノにある飛行艇製造会社「ピッコロ社」の経営者。背が低く、丸眼鏡をかけている。孫娘のフィオの実力を信用して、ポルコの愛機の設計を任せた。

  • マンマユート・ボス(上條恒彦)

    ガタイのいい体格と、赤鼻が特徴的な空賊マンマユート団の首領。悪事に手を染めているにもかかわらず、子どもたちには舐められており、憎めない男。

  • ドナルド・カーチス(大塚明夫)

    アメリカ人の飛行艇乗り。空賊マンマユート団に用心棒として雇われ、ポルコとライバル関係に。惚れっぽい性格で、出会ってすぐにジーナとフィオの両方にプロポーズをする。しかしパイロットとしての腕は、ポルコも認めるほどのもの。

  • フェラーリン(稲垣雅之)

    ポルコの元戦友。現在はイタリア空軍で少佐を務めている。ジーナとともに作中で、ポルコのことを本名で呼ぶ人物でもある。

紅の豚の見所ポイント

  • 1 『紅の豚』の魅力は、豚なのにかっこよすぎる主人公のポルコ・ロッソ! 名言もたくさん!

    『紅の豚』は、日本アニメ映画の興行収入記録を塗り替えた名作です。そんな今作の魅力はなんといっても、主人公ポルコのクールなかっこよさでしょう。

    豚人間がかっこつけているというシーンが、なんともシュールで笑えるシーンもたくさんあります。しかしその一方どこまでも義理堅く、人情深く人と関わるポルコには見た目が豚であるということを超えて、「かっこいい…」と視聴者に思わせる強い魅力があります。

    また「飛ばねえ豚は、ただの豚だ」を始めとする名言も、数多く残しています。ポルコの、飛行艇乗りとしての生き様が見られる今作は、ジブリ作品の中でもおすすめです。

  • 2 『紅の豚』の見どころは、ポルコ役やフィオ役を始めとする声優の演技力!

    『紅の豚』の魅力のひとつは、個性あふれるキャラクターたちです。そんなキャラクターたちの魅力は、声優の演技力によって支えられているといえるでしょう。

    まず主人公のポルコを、ハードボイルドな声で数え切れぬほどの洋画の吹き替えをしている森山周一郎が、ダンディに演じています。

    またフィオ役は今作をきっかけに躍進し、『ONE PIECE』のナミ役も担当している岡村明美が務めています。豪華な声優陣にも、ぜひ注目してみてください!

  • 3 『紅の豚』では、劇中歌「さくらんぼの実る頃」にも注目!

    『紅の豚』はジブリ作品では初めて、ヒロイン役を務めた役者が、主題歌も担当した作品となりました。劇中歌の「さくらんぼの実る頃」は作詞をJ.B.Clément、作曲をA.Renard、歌を加藤登紀子、ピアノ演奏を富樫久美子が担当しています。

    そもそも「さくらんぼの実る頃」は、フランスのシャンソンを代表する楽曲であり、フランスと日本それぞれで古くから親しまれている名曲です。

    加藤登紀子が美しい歌声で、フランス語歌詞の「さくらんぼの実る頃」をかっこよく歌うシーンは必見です。

紅の豚の評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 5 (2件中)
  • 投稿者名:流れ星
    評価: GOOD 投稿日:2022.09.01/16:38

    面白い

  • 投稿者名:流れ星
    評価: GOOD 投稿日:2022.03.02/22:38

    面白い

紅の豚と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

紅の豚に関する記事一覧

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!