閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【借りぐらしのアリエッティ】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

借りぐらしのアリエッティ

借りぐらしのアリエッティを配信中の動画配信サービス一覧

借りぐらしのアリエッティの動画が配信されているサービス

借りぐらしのアリエッティの動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

借りぐらしのアリエッティの作品紹介

借りぐらしのアリエッティのあらすじ

スタジオジブリが制作し、2010年に公開した映画。脚本を宮崎駿が担当し、ジブリのアニメーターとして多くの作品を支えてきた米林宏昌が、初めて監督を務めた作品である。原作は、イギリスの作家メアリー・ノートンによる『小人の冒険シリーズ』の第1作目『床下の小人たち』。

人間が住む屋敷の床下に、決して姿を見られないよう、隠れて暮らしている小人たちの暮らしが生き生きと描かれており、イギリスではカーネギー賞を受賞した名作のひとつとなっている。

主題歌を演奏し、歌っているのは、フランスでハープ奏者としても活躍するアーティスト・セシル・コルベルであり、スタジオジブリ作品としては、初めて海外のアーティストが主題歌を手がけている。

主人公・アリエッティの声には志田未来、屋敷で療養中の少年・翔の声には神木隆之介という、子役のころからその実力を発揮し続けてきた若手実力派俳優の2人が担当し、大きな話題を呼んだ。

古いお屋敷の床下に14歳の少女・アリエッティ(志田未来)とその家族がひっそりと住んでいた。アリエッティたちは、屋敷の人々が使っている生活必需品や食べ物などを、ほんの少しだけ借りて使う、“借りぐらし”を送っている小人だった。

決して人間には見つからないようにと、細心の注意を払っていたはずのアリエッティが、ある日、屋敷に療養に来ていた少年・翔(神木隆之介)に見つかってしまう…。

借りぐらしのアリエッティのクレジット(監督・キャスト)

借りぐらしのアリエッティの登場人物・キャスト

  • アリエッティ(志田未来)

    14歳の小人の少女。貞子たちの屋敷の床下に、両親とともにひっそりと暮らしている。ときどき床下から出てきて生活に必要な物資を屋敷のなかから借りていく。母・ホミリーの誕生日を祝うため、植物をとりに出かけたところ、翔に見つかってしまう。翔の優しさに触れるうちに、少しずつ警戒心を解いていく。

  • 翔(神木隆之介)

    両親が離婚してしまい、外交官として働く母・奈津美と暮らしている。母が仕事で家を空けることが多いため、寂しく過ごすことが多い。生まれつき心臓が弱く、手術を受ける前の療養のため、母が育った屋敷で過ごすことになり、アリエッティと偶然出会う。何かとアリエッティを手助けすることになる。

  • ホミリー(大竹しのぶ)

    アリエッティの母親であり、夫たちが借りてきた物を使って家族の生活をやりくりしている。心配性なところがある。

  • ポッド(三浦友和)

    アリエッティの父親。家族のために、危険を冒しながらも、床上の人間の住まいに物資を借りに出かける。アリエッティに借り方を伝授する。

  • スピラー(藤原竜也)

    小人の少年で、ひとりで暮らしている。アリエッティの母がケガをしたときに助けたり、落ち込んでいるアリエッティを元気づけようとしたりもする。

  • 貞子(竹下景子)

    アリエッティたち家族が暮らしている屋敷の持ち主であり、翔の大叔母。翔の体のことを、とても心配している。

  • ハル(樹木希林)

    屋敷に住み込みで働いている家政婦。小人を捕まえるためにいろいろな手段を考えるが、なかなかうまくいかない。

借りぐらしのアリエッティの見所ポイント

  • 1 『借りぐらしのアリエッティ』の原作は、イギリスでカーネギー賞を受賞した児童文学の名作!

    原作は、イギリスの小説家・メアリー・ノートンの小説『小人の冒険シリーズ』の第1作目です。1952年にイギリスで『The Borrowers』というタイトルで出版されました。その後日本語に訳され、『床下の小人たち』として出版されています。

    イギリスで優れた児童文学書に贈られる、カーネギー賞を受賞している名作であり、スタジオジブリの宮崎駿と高畑勲がいつか制作したいと、ずっと温めていた作品でした。

    スタジオジブリに入社以来、『千と千尋の神隠し』や『崖の上のポニョ』などの作品でアニメーターとして活躍してきた米林宏昌が、30代の若さで初めて監督を任された作品でもあります。

  • 2 『借りぐらしのアリエッティ』の主題歌を歌っているのは、フランス生まれのハープ奏者!

    主題歌「Arrietty’s Song」を手がけているのは、フランスのブルターニュ地方に生まれ、歌手やハープ奏者として活躍しているシンガーソングライター・セシル・コルベルです。

    彼女は母国語のフランス語だけでなく、英語やドイツ語、スペイン語などで歌を歌っており、今作の主題歌では、なんと日本語で歌うことにも挑戦しています。

    ジブリ映画の大ファンで、自身の曲を作るときもジブリ作品の影響を強く受けてきたというセシルが、スタジオジブリに自ら手紙と自身のCDを送ったことがきっかけとなり、主題歌を手がけることになりました。そんなセシルの熱い想いが込められた、伸びやかな歌声は必聴です。

  • 3 『借りぐらしのアリエッティ』で、アリエッティと翔の声優を務めたのは、志田未来と神木隆之介!

    主人公・アリエッティの声優は、志田未来が務めています。ドラマ『女王の教室』に始まり、『14才の母』では母親になった中学生を熱演するなど、その演技は高く評価されており、今作でも好奇心旺盛なヒロインを生き生きと表現しています。

    また、病弱な少年・翔の声は神木隆之介が担当し、少し憂いを含んだ優しい声が役にマッチしています。幼いころからさまざまな役を演じてきた彼は、アニメ作品の声優としてもその才能を発揮しており、ジブリ作品『ハウルの動く城』や『千と千尋の神隠し』でも素敵な声の演技を披露しています。

    高校では同じクラスで、まさに同志のような関係性の2人のかけ合いに注目です。

借りぐらしのアリエッティの評価・感想・レビュー

借りぐらしのアリエッティと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!