SHARE

contents kv

出典:

2019/01/21
49,054 3

『文豪ストレイドッグス シーズン2』アニメ3期はあの男が…!?

実在した文豪たちを擬人化し、様々な異能力を使ったバトルや、頭脳戦を繰り広げる『文豪ストレイドッグス』。アニメ1期に続き、2期ではさらに多くのファンを魅了した人気作品である。いったい2期では何が起こったのか、強敵との結末とは!? あの人の意外な過去も明らかに…。

意外にも早く明かされた、太宰治の過去

『文豪ストレイドッグス』1期では、太宰の過去を匂わせるシーンもあったが、2期ではその全貌が明らかにされる。

また、自殺マニアの太宰であるが、2期では自殺を巡るふざけた描写は少なくなっている。

一方で、どことなくポートマフィアにいた頃の闇をかもし出しているようである。

やはり、森鴎外や芥川が言うように、根っからの黒い血が流れているのだろうか。

太宰の過去が、意外にも早く明かされたことも、気になるところである。


今回の敵となるギルドの強さは並外れているため、ポートマフィアとの絡みが必要不可欠となる。

その繋がりを持たせるために、太宰の過去を明かしたとも考えられる。

ラグクラフトの恐るべし異能力はいったい!?

ギルドでは、戦闘員を職人と呼んでいるが、その中には、いったい何者なのか、正体が分かっていないものがいる。

それは、いつもジョン・スタインベックと行動しているラグクラフトという人物。

太宰治の能力を使っても、能力を無効化できなかったのである。


彼の能力は腕を触手に変えたり、最終的に巨大な「何か」に変化するものである。

すなわち異能力者である以外考えられないが、なぜ太宰の能力は効かないのかは不明である。


また、内側からの攻撃は可能だが、爆破で吹き飛ばしても、後に再生してしまうのにも、薄気味悪さが残る。

ただ、海中をねぐらにしたり、タコを思わせるような触手を持つことから、海の生き物がなんらかの形で、人間の姿に変えられたとも考えられる。

【ギルドvs武装探偵社】戦いの火蓋は切られた!

探偵社とギルドの共倒れを仕掛けた!?

ギルドはヨコハマの街を吹き飛ばす計画を立てていた。

もともと、首領フィッツジェラルドの目的は、ある本を探しているとのこと。

人虎を使って探そうとしていたようだが、その詳細は不明。

最終的には、ヨコハマの街の爆破計画を実行させようとしている。


武装探偵社がギルドと戦う理由となったのは、ポートマフィアの森鴎外が裏で糸を引いていたのである。

武装探偵社が争えば、ポートマフィアは手を出さずにすむ。

要は、探偵社とギルドの共倒れを仕掛けていたのである。

両方が倒れれば、ポートマフィアは手を汚さず、トップに君臨できるということである。


ポートマフィアは、ある取引で異能力者開業許可書を発行させている。

探偵社のような邪魔者がいなくなれば、さらに権力を掴むことができるのだ。

敵に回したら恐ろしい、太宰治の裏戦略

どんな目論見でも武装探偵社には通用しない。

誰もが罠だと気づかなくとも、その先を読んでいるのが太宰治である。

森鴎外の計画の裏をかいた戦略を仕上げていたのは、実は太宰なのである。

太宰には全てお見通しというわけだ。

太宰は、誰がどんな行動に出るのか、すべて分かっている上で、先周りして行動している。

いやもはや、太宰の予想通りに周りが動かされているのではないだろうか。


森鴎外は、太宰に幹部の席を空けているというが、彼が太宰を欲しがる理由は、異能とは別の、この力なのかもしれない。

だとすると、太宰を敵に回すのは最も恐ろしいことではないだろうか。

まだ腕や首に巻いている包帯の理由は明かされていないが、きっと何かあるはず。


マフィアにいた頃は、右目も隠されていたが、織田作之助が死んでからつけていない。

その理由もマフィアに関係しているものと考えられる。


また、探偵社とマフィアの共闘契約は成立しなかったが、ギルドの計画を阻止することは出来た。

その最終決戦では、意外な展開が見られるのである。

羅生門と人虎の見事な共闘!

人虎は計画を阻止するためにギルドを追うが、実は芥川もまた人虎を追っていたのである。

最終決戦の舞台では、人虎vsフィッツジェラルド、芥川vs人虎、芥川vsフィッツジェラルドと3つの戦いが繰り広げられていた。

しかも、ここにきて芥川と人虎が共闘するという、驚きの展開を迎えるのだ。


互いが理解できたという程度であるものの、完全にわかち合えたわけではない。

それでもこの共闘に、目を輝かせたファンも多いのではないだろうか。

3期は避けられない戦い?フョードル・ドストエフスキーは何者?

出典:

2期の最終話に登場したあの男は誰なのか?

太宰が魔人と呼んでいる、フョードル・ドストエフスキーという人物なのだろうか?


彼についての詳細は不明だが、太宰も過去に面識があったようである。

あの男との戦いは避けられない、という太宰の言葉が、新たな強敵の登場を示唆している。


ヤツを倒すには、人虎と羅生門の力を合わせる必要があると考えているようだが、一体何者なのだろうか。

3期に期待したいところである。

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

文豪ストレイドッグス 第2クール

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

1,990 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

933 円/月

Hulu詳細

定額見放題

888 円/月

FODプレミアム詳細

レンタル

500 円~/月

ビデオマーケット詳細

「アニメ」人気ニュースランキング