SHARE

contents kv

出典:amazon

2020/06/11
1,108 1

『HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)』幻影旅団編のあらすじ・みどころを徹底解説!

HUNTER×HUNTER シリーズが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

『ハンターハンター』のなかでも人気の高いキャラクター、クラピカ。彼の仇である幻影旅団がついに登場したのが「幻影旅団編」です。激しいバトルはもちろんのこと、次々と展開していく頭脳戦からも目が離せないストーリーとなっています。「幻影旅団編」がなぜ支持されるのか、その理由を詳しく考察していきます!

目次

1998年から連載をスタートした『ハンターハンター』。

その物語は現在も完結しておらず、連載が再開されるときは毎回ニュースになるほど人気の高い作品です。

そのなかでもファンから支持を得ているのが「幻影旅団編」。

複雑ながらもテンポよく進んでいくストーリーに加え、一癖も二癖もある新たな登場人物たち。

そして、記憶に残る名シーンの数々。

多くの要素により、人気を博した「幻影旅団編」。

今回はそれらの“要素”一つひとつを詳しく解説していきます!

ハンターハンターの幻影旅団編までのあらすじ①(ネタバレあり)「9月1日 ヨークシンシティで!」

見出しとなっている「9月1日 ヨークシンシティで!」というこの言葉、見覚えのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ハンター試験から行動をともにしていたゴンキルアクラピカレオリオ

そんな彼らがしばらく離ればなれになるという場面で出たのが、このセリフです。

次に会うのはヨークシン、彼らはそう確認し合い、それぞれの目的地へと向かっていきました。

ではなぜ、9月1日にヨークシンシティに集合することになったのでしょうか? 順を追って説明していきます。

ハンター試験に合格したゴンは、無事ハンター証を手に入れました。

しかし、試験の最中ヒソカに借りができてしまったゴン

彼はその借りを返すまで、ハンター証は使わないと決めているのだと宣言します。

そう決めたはいいものの、肝心のヒソカの居場所はわかりません。

そんなゴンを見かね、クラピカが口を開きました。「私が知ってるよ、ゴン」と。

試験中、クラピカヒソカから「クモについていいことを教えよう」と告げられたと言います。

“クモ”とはクラピカの仇である幻影旅団のシンボルであり、旅団に近しい者はそう呼ぶのです。

問いただしたクラピカに対し、ヒソカ「9月1日ヨークシンシティで待ってる」とだけ答えたと言います。

9月1日から10日までの間、ヨークシンシティでは世界最大のオークションが開催されます。

世界中から国宝級の貴重品が集まるその期間、ヨークシンは世界で一番金が集まる場所なのです。

“クモ”は盗賊。その日、ヨークシンに現れるのもおかしな話ではありません。

こういった経緯から、その日ヒソカはヨークシンにいるはずだということが分かったのです。

クラピカヒソカを見つけ次第、ゴンに連絡することを約束し、これから本格的にハンターとして雇い主を探すため、一人で行動することを告げました。

おなじくレオリオも医者になるという夢を叶えるため、故郷に戻ると言います。

国立医大に入るために猛勉強が必要だと話すレオリオを、ゴンは素直に応援しました。

こうしてゴンキルアクラピカレオリオはいったん離れることになり「9月1日 ヨークシンシティで!」と再会を誓い合ったのでした。

再会の地ヨークシン、この場所が「幻影旅団編」の舞台となるのです。

ハンターハンターの幻影旅団編までのあらすじ②(ネタバレあり)手がかりはゲーム? 父親探しの第一歩

出典:amazon

ゴンがヨークシンに行くのは、ヒソカに借りを返すためでした。

しかしヨークシンに行くよりも早く、ゴンは思いもよらずヒソカと再会し、借りを返すことに成功したのです。

目標を果たしたゴンキルアを連れて、生まれ故郷であるくじら島に戻ることにしました。

そして8月いっぱいは島で休みながら情報収集し、ヨークシンに行ってから本格的に父を探すと決めました。

父を探すことはゴンの何よりの目標です。

キルアは自分のやりたいことが見つかるまで、ゴンの父親探しに付き合うと言い、これからも行動をともにすることになりました。

島で過ごしていたある日、ゴンの育ての親であるミトが、ある箱を渡してきました。

それはゴンの父親であるジンミトに預けていた物で、ゴンがハンターになったら渡してくれと頼まれていたのです。

ミトジンについて知っていることは少なく、母親が誰かもわかりません。つまり、手がかりはその箱だけ。

中身を確認しようにも箱は固く閉ざされており、力では開きません。

そのときゴンキルアは「ハンターになったら」というジンの言葉を思い出します。

ハンターになったことで得たもの、それは“念能力”。

念を取得することが、本物のハンターになるための条件。

ならばこの箱に念を使えばいいのではないか、そう考えたふたりはさっそく試すことに。

思った通り、念を込めることで簡単に開いたその箱。

“念能力”に反応して開くよう、仕掛けが施されていたのです。

中に入っていたのはテープ、指輪、そしてROMカード。

テープには「会いたいなら俺を捕まえてみろ」というジンからのメッセージが録音されていました。

テープは再生が終わると自動的に消去され、残りの手がかりは指輪とROMカードだけに。

カードが「グリードアイランド」というゲームのROMカードであると突きとめたふたりは、さっそくそのゲームについて情報を集め始めます。

ハンター専用として限定100本のみ販売されたそのゲームの販売価格は、58億ジェニー(1ジェニー約0.9円)と非常に高額なもの。

しかも絶版となっており、購入するのは難しいことが判明しました。

そんななか、キルアが兄のミルキからとある情報を入手します。

それは今年、グリードアイランドがヨークシンのオークションで競売に出されるということ。

元々ヨークシンに行くことになっていたゴンたちは、仲間に会う以外の新たな目的ができ、9月1日のオークションに参加するための資金調達にいそしむのでした。

ハンターハンター幻影旅団編のあらすじ【ネタバレあり!】

出典:amazon

幻影旅団編は、グリードアイランドを手に入れようとするゴンキルアそしてそれに協力するレオリオの話と、幻影旅団を討伐するため、奮闘するクラピカの話、ふたつが軸になり進んでいきます。

そして、このストーリーのなかで初めて幻影旅団が登場します。

彼らは盗賊であり、オークションに出品されるお宝を根こそぎ奪う、という計画を立てていたのです。

旅団がヨークシンに現れることを知ったクラピカは、マフィアのボス・ネオンの護衛をしつつ、その立場を利用して、彼らを討つ機会を狙っていました。

チャンスは案外早く訪れ、クラピカはマフィア主催の地下競売を襲った旅団の一人、ウボォーギン(通称・ウボォー)と対峙することに。

ウボォーの強さは圧倒的でしたが、クラピカは対旅団用に会得した念能力と緋の眼発動時にだけ扱えるエンペラータイムで念の威力を高め、ウボォーをねじ伏せたのです。

一方で、ゴンたちはグリードアイランドを手に入れるための莫大な資金を稼ぐ方法を模索していました。

そんなときマフィアから接触を受け、幻影旅団を捕獲した者に賞金を」という、地下の条件競売に参加することに。

ゴンキルアは旅団員のマチノブナガを発見し尾行するも、旅団の二重尾行により捕まってしまいます。

ノブナガに気に入られたゴンキルアは旅団に入れと誘われ、断るも団長に会わせるときかないノブナガにより監禁されます。

しかしふたりは、資金調達のなかで出会ったゼパイルという目利き師に教わった「ヨコヌキ」という技をヒントに脱出に成功したのです。

時を同じくして、団長ことクロロはマフィア幹部である十老頭からクロロ抹殺の依頼を受けた殺し屋一家、ゾルディック家のシルバゼノと戦うことに。

ふたりはキルア祖父でもあります。

激しいバトルは相打ちで終わるかと思われたそのとき、クロロキルアの兄イルミに依頼していた十老頭の暗殺が完了したとの報告が入ります。

依頼主が死に、戦う意味を失ったシルバたちクロロとの戦闘を引きあげました。

その結果、マフィアの努力むなしく、地下競売のお宝はすべて旅団に奪われてしまいました。

マフィアにとっては大ダメージ。

必死に旅団の行方を追うも、彼らはニセモノの旅団の死体をみつけ、満足してしまいます。

旅団は、作戦の成功に祝杯をあげました。

旅団の捕獲という共通の目的を持ったゴンたちクラピカ

互いに協力しあうこととなり作戦を練るも、感情的になったクラピカのミスで、再びゴンキルアが旅団に捕まってしまいます。

しかし、機転を利かせたレオリオの作戦により、クラピカクロロを捕らえます。

人質の交換という形でゴンたちを救い、当初の目的であったジャッジメントチェーンをクロロに刺すことにも成功しました。

旅団との接触が禁じられたクロロはネオンの占いで出た「東に向かえ」という言葉に従い、単独でその方角に向かいました。

クラピカ旅団の頭をつぶしたことで、この「幻影旅団編」は幕を閉じ、次の物語へとつながっていくのです。

「幻影旅団編」以外のストーリーを知りたい方はこちら

ハンターハンターの見どころ①クロロ率いる幻影旅団! その魅力に迫る

幻影旅団とは構成員13人から成り、団員にはナンバー入りのクモのタトゥーが刻まれています。

盗みと殺しを主な活動とし、たまに慈善活動もする組織です。

メンバーは入れかわることもあり、入団志望者が在団員を倒すと交代となります。

また、欠員がでた場合は、団長であるクロロが補充してきます。

彼らはクラピカの仇でもあります。

その理由は、クラピカの出身部族であるクルタ族を惨殺し、彼らの特徴である「緋の眼」を奪ってしまったからという凄惨なものです。

この情報から、幻影旅団とは非情なだけの集団だと考えられていました。

幻影旅団編では、盗みのために人を簡単に殺してしまうなどイメージ通りな面を見せつつ、仲間のために涙を流したり、自らの命を犠牲にしたりと情の厚い意外な一面も見ることができます。

幻影旅団は『ハンターハンター』のファンからも人気が高く、旅団員一人ひとりが個性的で魅力のある人物です。

では、幻影旅団編で特に活躍した旅団のメンバーを紹介していきます。

ハンターハンターの幻影旅団メンバー一覧

No.0 クロロ=ルシルフル

幻影旅団団長。流星街出身。頭が切れ、戦闘にも長けています。

特質系の念能力者で「盗賊の極意(スキルハンター)」という能力で相手の念能力を盗み使用することができます

ウボォーが死んでしまった際、彼を弔うためにウボォーの望みであった大暴れを、旅団をあげて遂行しました。

このように、非情に見えて、仲間思いな人物でもあります。

クロロについてもっと知りたい方はこちら

No.1 ノブナガ=ハザマ

流星街出身で旅団結成時の初期メンバー。強化系能力者。

ウボォーと組むことが多く、彼が死んだと知り涙を流して悲しみます。

ゴンとキルアを気に入り旅団に入れようと監禁するが逃げられてしまいます。

ノブナガについてもっと知りたい方はこちら

No.9 パクノダ

旅団結成時の初期メンバー

特質系能力者で触れた相手の記憶を読むことができます。

レアな能力であるため、積極的には戦闘に参加せず他の旅団員から守られることが多いです。

ゴンたちとクロロの人質交換の際、クラピカから指名され、単独で交換の場に出向きました。

パクノダについてもっと知りたい方はこちら

No.11 ウボォーギン

旅団結成時の初期メンバー。強化系能力者で単独で戦うことを好みます。

圧倒的な力をみせるも、エンペラータイムとなったクラピカとの戦闘に敗れてしまいます。

ウボォーギンについてもっと知りたい方はこちら

幻影旅団の他のメンバーたち

この4人のほかにも、フェイタン=ポートオマチ=コマチネフィンクス=マグカブシャルナーク=リュウセイフランクリン=ボルドーシズク=ムラサキボノレノフ=ンドンゴコルトピ=トノフメイルなど、個性豊かなメンバーが所属しています。

彼らはそれぞれの能力を駆使し、ゴンたちの前に立ちはだかります。

「悪」でありながらかっこよくもあり、だからこそファンを魅了する存在となったのでしょう。

ハンターハンターの見どころ②敵か味方か? 謎多きヒソカの目的とは

ハンター試験でゴンたちと出会ったヒソカですが、幻影旅団編ではNo.4の旅団員として登場します。

そもそも、ヒソカがクラピカに旅団について良いことを教えようと言ったことでヨークシンに集まることになったのですが、ヒソカの目的とは一体何でしょうか。

約束通り、9月1日にヨークシンで会ったふたり、そこでヒソカはクラピカに持ちかけます。「ボクと組まないか?」と。

ヒソカの目的はただ一つ、団長であるクロロと戦うこと。

しかしクロロはガードが固く、一人になることがほとんどありません。

そのため、一人での目的達成は困難だと判断し、クラピカに協力を求めたのでした。

クラピカとしても、旅団側にスパイがいるのは悪い話ではありません。

組むといっても完璧に仲間になるというわけではなく、お互いの利害が一致するだけで、自分の目的を果たすことができれば相手は用なし。

ヒソカとクラピカはそれを承知の上で組むことになりました。

クラピカはその際、団員7人の能力を教えてもらい、旅団討伐に一歩近づいたのです。

そしてヒソカは旅団のNo.4ということになっていますが、これもクロロと戦うために偽っているだけで、本当は旅団員ではありません。

クモのタトゥーはヒソカの能力である「薄っぺらな嘘(ドッキリテクスチャー)」で貼りつけられただけのものでした。

幻影旅団編終盤、クロロがクラピカに捕らえられたことによって、いよいよヒソカの目的が果たされるかと思われました。

解放されたクロロを目の前にしたヒソカは早く戦おうと急かし、自らが団員ではなかったことを明かします。

しかし、クロロはクラピカのジャッジメントチェーンで念能力を失った身。

それを知ったヒソカは、途端にクロロから興味を失い、姿を消しました。

終始思考が読めないヒソカでしたが、強い相手と戦いたいという純粋な願いだけは確かなようです。

実力のある彼だからこそ、そんな願いを持つのかもしれませんね。

敵か味方かわからない奇術師ヒソカ。

幻影旅団編では、そんな彼の不思議な魅力をたくさん観ることができました。

ハンターハンターの見どころ③まっすぐな主人公・ゴン

コミックス、そしてアニメ『ハンターハンター』の主人公であるゴン。

彼は好奇心旺盛で、単純な性格をしています。

ダークな内容が多い「幻影旅団編」でもその姿勢は変わらず、ゴンは自分が正しいと思ったものを信じ、まっすぐに行動していきます。

旅団に捕まったときも堂々としており、圧倒的な力の差を感じながらも、自分の信念を曲げようとはしませんでした。

ストーリーのなかでゼパイルはゴンをこう評しました。

好奇心を抱きすごいと思った物事には、善悪の区別なく称賛し心を開く、言うなれば危うい存在である、と。

確かにゴンは善悪に頓着がありません。

しかし、自分の良心に従い行動しているため、悪いものは悪いと言いきる力があります。

このまっすぐさ、単純さはなかなか真似できるものではありません。

そんな彼の性格に救われた人は多く、キルアやクラピカはもちろんのこと、敵対していたパクノダでさえ感謝するほどです。

そこには、一種の憧れのようなものが含まれているのかもしれません。

敵味方関係なく魅了してしまう少年、ゴン。

そんな彼が主人公だからこそ、作品が魅力的なものになったのでしょう。

ハンターハンターの幻影旅団編での名シーンをピックアップ!

印象的なシーンが多い『ハンターハンター』ですが、「幻影旅団編」でもいくつもの名言・名シーンが登場します。

ここではそれらをいくつか紹介していきます。

「皆様ようこそお集りいただきました。それでは、堅苦しいあいさつはぬ抜きにして、くたばるといいね」

地下競売がいよいよはじまるそのとき、会場のスタッフに扮したフェイタンが壇上で発した言葉です。

大勢集まっていたマフィアたちが、フランクリンの攻撃「俺の両手は機関銃(ダブルマシンガン)」で文字どおり一掃されるシーンは恐怖そのものです。


「オレ達から貴方への鎮魂歌です」

ウボォーの死を悟った旅団たちは、ウヴォーが生前やりたがっていたことを変わりに遂行することで、彼の魂を鎮めようとしました。

それは大暴れすること。

クロロはヨークシン中で暴れまわる団員たちをビルの上から眺め、あちこちから聞こえてくる悲鳴をウボォーに捧げたのでした。

まるで指揮を執るように腕を振るクロロの姿は優雅で、そしてどこか悲しげでした。


「なぜ貴様は何も考えず!! 何も感じずにこんなマネができるんだ!! 答えろ!!」

ウボォーギンVSクラピカ戦で感情的になったクラピカが、ウボォーに言ったセリフです。

エンペラータイムが発動したクラピカに捕らえられたウボォーは、旅団の情報を聞きだそうとするクラピカから拷問を受けます。

クラピカは自らの一方的な暴力の、あまりの不快さに思わずそう叫びました。

そして、自分の死を悟りながらも仲間を売ることはしなかったウボォー。

仇を討とうとするクラピカの葛藤と、純粋に戦闘を楽しんでいたウボォーが印象的なシーンです。


「仲間のために泣けるんだね。血も涙もない連中だと思ってた」

これは旅団に捕らえられたゴンが、ノブナガと腕相撲をしているときに言ったセリフです。

ウボォーを想って涙を流すノブナガに対し、ゴンは怒りを込めてそう言い放ちました。

今まで殺した人たちに、その気持ちを少しも分けてやらなかったことがゴンには理解できなかったのです。

非情な組織と思われていた旅団が流した涙を見て、ゴンと同じく衝撃を受けた方は多いのではないでしょうか。


「信じて受けとめてくれる?」

クロロとゴンたちの人質交換を終え、アジトに戻ったパクノダ。

彼女は、クラピカの情報を仲間に伝えると死ぬという条件で、チェーンを刺されています。

そんな彼女が自らの記憶を込め、オーラを纏わせた弾丸入りの銃を仲間に向けたときに出たのがこのセリフです。

死ぬこともすべて覚悟の上でそう言った彼女は、悪役ながらとても美しく、また、これから旅団がどうなっていくのか考えさせられる場面でした。


これ以外にも多くの名言・名シーンのある「幻影旅団編」。

このエピソードが人気なのは、こういったシーンやセリフに魅せられた人が多いからかもしれません。

「幻影旅団編」以外の名言のまとめはこちら

ハンターハンター幻影旅団編のまとめ

『ハンターハンター』の「幻影旅団編」について解説してきました。

このエピソードは、秀逸なストーリー構成、そして個性的な新キャラクターが多く登場したことで、ファンからの人気を獲得しました。

味方となるキャラはもちろん、「悪」そのもののはずである幻影旅団でさえ魅力たっぷりに描かれています。

彼らは「幻影旅団編」だけでなく、その後のストーリーにも登場する重要な存在です。

しかし、作者の冨樫氏は、幻影旅団は全員死ぬと断言しています。

人気のあるキャラだけに、そう言いきられてしまうのは驚きですよね。

ゴンたちと旅団、彼らはどんな運命を辿るのか。

今後の展開からも目が離せません!

2週間無料で楽しむ!/
Hulu
HUNTER×HUNTERをチェック!!
PR

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

HUNTER×HUNTER シリーズ

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

1,026 円/月

Hulu詳細

定額見放題

550 円/月

dTV詳細

レンタル

1,100 円/月

バンダイチャンネル詳細

レンタル

1,958 円~/月

music.jp詳細

宅配レンタル

2,658 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

定額見放題

440 円/月

dアニメストア詳細

レンタル

550 円~/月

ビデオマーケット詳細

宅配レンタル

1,980 円~/月

DMM宅配レンタル詳細

HUNTER×HUNTER

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

1,026 円/月

Hulu詳細

レンタル

1,100 円/月

バンダイチャンネル詳細

定額見放題

440 円/月

dアニメストア詳細

レンタル

550 円~/月

ビデオマーケット詳細

「アニメ」人気ニュースランキング