SHARE

contents kv

出典:amazon

2020/10/21
658 2

【見逃し】ドラマ『SUITS/スーツ2』を無料で視聴できる動画配信サービス・見逃し配信・各話あらすじ【ネタバレあり】

SUITS/スーツ シリーズが今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

『SUITS/スーツ2』の見逃し情報、各話あらすじ情報を紹介します。原作はアメリカで大人気のドラマ『SUITS』のシーズン2。織田裕二演じる敏腕弁護士・甲斐と、中島裕翔演じる怪しいアソシエイト・大輔の絶妙な戦略も見ものです! 1991年『東京ラブストーリー』で一大ブームを巻き起こした織田裕二と鈴木保奈美。2人が25年以上の時を経て、同じ法律事務所で働く仲間として復活です!

目次

“月9”ドラマ『SUITS/スーツ2』織田裕二・中島裕翔の最強タッグが復活!

2020年4月に放送スタートし、コロナ禍による放送延期を経て、10月に最終回(第15話)を迎えました。

2018年の“月9”ドラマ『SUITS/スーツ』に引き続き、主人公を演じる織田裕二、そしてその右腕を演じる中島裕翔をはじめ、おなじみのメンバーが続投します。

次々と舞い込む難しい案件に挑む敏腕弁護士・甲斐正午。毎回、豪華ゲスト俳優を迎え、熱い攻防が繰り広げられます。

また、吉田鋼太郎が演じる宿敵との因縁の対決も毎回手に汗握る展開が待っています!

ドラマ『SUITS/スーツ2』放送日程と見逃し配信情報

【フジテレビ】
2020年4月13日スタート 毎週月曜21時~(1~2話)
2020年7月27日放送再開 (3話~)

『SUITS/スーツ2』の見逃し配信は「FOD」がおすすめ!

放送後、1週間以内であればFOD」で無料視聴が可能です! 今回だけ見逃してしまった…というときはぜひ、こちらを利用されてはいかがでしょうか。

また、「過去に放送された回を一気にまとめて何度も見たい」というときには「FODプレミアム」の利用をおススメします。初回登録2週間の無料期間を利用することもできそうですね。

FODプレミアムの料金や配信中の人気ドラマを徹底解説!FOD見逃し無料やアプリのログイン方法も紹介 | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較 https://doga.hikakujoho.com/fujitv/
2週間無料で楽しむ!/
FODプレミアム
FODプレミアムで今すぐ観る!
PR

放送1週間以内なら「TVer」でも無料視聴可能!

また、最新話だけ見逃してしまった…という場合は、放送されてから1週間以内であればTVer」でも無料視聴が可能です!

【TVer(ティーバー)】の視聴方法 アプリとは?保存できるの?民放のテレビ番組を無料で見逃し配信 | aukana(アウカナ)動画配信サービス比較 https://doga.hikakujoho.com/tver/

ドラマ『SUITS/スーツ2』基本情報

原作は、アメリカで大人気のリーガルドラマSUITSです。あまりの人気ぶりに、アメリカでは現在シーズン9まで放送されており、今作は2012年に放送されたシーズン2をもとに、舞台を東京に移し、日本版リメイクドラマとして制作されています。

2018年の“月9”として放送され、好評だった前作『SUITS/スーツ』に引き続き、主人公の敏腕弁護士・甲斐正午織田裕二、その右腕となるワケありアソシエイト弁護士・鈴木大輔中島裕翔、が続投します。

彼らが所属する「幸村・上杉法律事務所」の代表弁護士・幸村チカを演じる鈴木保奈美甲斐のライバル弁護士・蟹江貢を演じる小手伸也などおなじみのメンバーに加え、新しいメンバーも登場し、前作よりも話数も増え、よりパワーアップした展開に期待が集まります。


『SUITS/スーツ2』公式サイト
『SUITS/スーツ2』公式Twitter

ドラマ『SUITS/スーツ2』スタッフ

原作:The‘Suits’series by NBC Universal
脚本:小峯裕之『家政夫のミタゾノ』『時効警察はじめました』『世にも奇妙な物語』
音楽:眞鍋昭大『おじさんはカワイイものがお好き。』『姉ちゃんの恋人
プロデューサー:後藤博幸『砂の器』『ほんとにあった怖い話』シリーズ
/荒井俊雄『ルパンの娘
演出:平野眞『監察医 朝顔』/森脇智延『翔んで埼玉』/星野和成『ハゲタカ
製作:フジテレビジョン

【SUITS/スーツ2(ドラマ・日本)】のドラマ無料動画を最新話見逃し配信しているサービスはここ! | 動画作品を探すならaukana https://doga.hikakujoho.com/library/00204851.html

ドラマ『SUITS/スーツ2』登場人物・キャスト

ここからは、甲斐と大輔の最強バディをとりまくキャストたちを紹介していきます!

甲斐正午(織田裕二)

企業がからむ“カネになる”案件を専門とする敏腕弁護士で、所属する「幸村・上杉法律事務所」を背負って立つ存在だと自負している。東大入学後、ハーバード大学に留学した経歴を持つエリートであり、優秀な頭脳を活かしてさまざまな戦略を考えるが、勝つためにはどんな手段でもいとわないところがあり、幸村に釘をさされることも多い。

鈴木大輔(中島裕翔)

本名は鈴木大貴。一度目にしたものは絶対忘れない、という天才的な記憶力の持ち主で、ある事件をきっかけに甲斐に出会う。甲斐がその並外れた記憶力に注目し、経歴を詐称して「鈴木大輔」の名を名乗らせ、自分のアソシエイトとして採用する。前作の最後に甲斐の勧めでボストン留学に旅立ち、それを終えて帰ってくる。

幸村チカ(鈴木保奈美)

「幸村・上杉法律事務所」の代表弁護士をつとめる。時に無謀な手段に出ようとする甲斐にもきちんと釘をさす。以前、検事だった甲斐を窮地から救って事務所に引き入れた経緯があり、甲斐が唯一頭の上がらない存在。事務所を円滑に運営するために、クセの強い弁護士たちをしっかりとまとめようと日々努力している。

上杉一志(吉田鋼太郎)

「幸村・上杉法律事務所」の共同代表をつとめる。表向きは謙虚で、愛妻家であり、とても優秀な弁護士だが、裏では手段を選ばない、欲深い素顔を持つ。シーズン1では長期休暇を取っていたが、シーズン2で復帰するのだが…。

聖澤真琴(新木優子)

「幸村・上杉法律事務所」につとめるパラリーガルとして、弁護士のサポート役をしっかりとこなしており、よく気の付く女性。有名弁護士である父親の影響で弁護士を目指しているが、法科大学院の受験に失敗したトラウマから、試験で実力を発揮できなくなってしまい、悩んでいる。

蟹江貢(小手伸也)

「幸村・上杉法律事務所」に所属する弁護士で、甲斐とは若い頃から共に競い合ってきた。ひねくれ者で、甲斐とは何かにつけてぶつかることが多い。甲斐からは「カニ」の愛称で呼ばれており、実はお人好しなところもある。

玉井伽耶子(中村アン)

甲斐の秘書であり、甲斐からは「タマ」の愛称で呼ばれている。長年、甲斐とともに仕事をしており、お互いに厚い信頼関係を築いている。情報通で頭の回転がとても速く、よく気の利く女性。

八木田健太郎(坂口涼太郎)

「幸村・上杉法律事務所」に所属し、蟹江のアソシエイト弁護士をつとめている。

藤嶋春香(上白石萌音)

甲斐と2年前に戦った検事。甲斐と久しぶりに再会した案件で、甲斐の取引に応じ、かねてからの夢であった弁護士として、甲斐のもとで働くことになる。

ドラマ『SUITS/スーツ2』全話あらすじ【ネタバレあり】

ここに過去の放送回のあらすじを蓄積していきます! どうぞお楽しみに!

『SUITS/スーツ2』1話あらすじ(4月13日放送)

<みどころ>

第1話は、反町隆史さん、加藤ミリヤさん、玉城ティナさん、友近さんなど、豪華ゲスト出演者が盛りだくさんでしたね。

敏腕社長として出演する反町隆史さんは、21年ぶりの“月9”出演。織田裕二さんとの初共演も必見です!

シンガーソングライターの加藤ミリヤさんは、今回が初めてのドラマ出演でした。小説家、デザイナーなど幅広い活躍を見せている加藤さんの記念すべき女優デビュー作品を、ぜひチェックです!!

<あらすじ>

「幸村・上杉法律事務所」に所属する敏腕弁護士、甲斐正午は、全米進出をねらう実力派ミュージシャン、ミズナの代理人弁護士を引き受けていました。いよいよアメリカのマネージメント会社と契約を…という場面で突然、相手側から不当な条件を出されてしまいます

ミズナの弱みをちらつかせ、脅すような態度をとる相手側に対し、甲斐たちは黙って従うしかありませんでした。言われるがままに不当な契約に同意させられ、喜ぶ相手側と共に、全米進出発表の記者会見に臨むミズナたち…。

しかし、いざ会見が始まると、その冒頭で甲斐は契約を白紙に戻したことをキッパリと宣言しました。多くのマスコミ関係者はじめ、会場全体が騒然とする中、甲斐は契約の場で相手側から受けた脅しの一部始終を隠し撮りした映像を流しました

さらに甲斐は、これまでにも同じような手口で多くのアーティストを陥れてきた相手側の悪事を公表します。それは、ボストンに留学していたアソシエイトの鈴木大輔が、甲斐の指示を受け、現地でこっそりと手に入れた秘密の証拠でした。

危ない相手との契約を無事回避でき、ホッとするミズナたち。また一つ手柄を立て、颯爽と歩く甲斐のもとに、ボストンから大輔が戻ってきました。甲斐はさっそく、大輔の復帰戦として、大手出版社で起きているアイデア盗用に関する案件を任せます。

しかし、大輔が再び甲斐のもとでアソシエイトとして働き始めることを、事務所の代表、幸村チカはあまりよく思っていませんでした。かつて、幸村や甲斐が追い出したもう一人の代表、上杉が事務所に復帰する意向を示したからです。

もし上杉が、無資格で働いている大輔の存在を知ってしまったら…。不安を隠せない幸村は、甲斐に忠告をするのですが…。

『SUITS/スーツ2』2話あらすじ(4月20日放送)

妻の看病のために休職していた「幸村・上杉法律事務所」共同代表の上杉が職場に復帰してきました。さっそくスタッフ全員の前で丁重にあいさつをし、皆に好印象を植え付けようとする上杉の行動に、甲斐やチカたちは警戒心を一層強めます

チカは甲斐に、上杉にバレてしまう前に大輔を解雇すべきだと進言します。が、甲斐は聞き入れようとせず、大輔を解雇するなら自分自身もクビにして欲しいとまで言い切ります。

上杉はさっそく、蟹江やアソシエイトたちをうまく使い、事務所が抱えている全ての案件を把握しはじめます。そして、重要な案件をなかなか任せようとしないチカをけん制し始めました

ちょうど、以前からのクライアントである東京国際記念病院から、難航している看護師組合との労使交渉をまとめる案件が持ち込まれ、チカは甲斐に担当させます。が、上杉はかつて自分が獲得したクライアントであるこの案件に、何かと首を突っ込みたがります。

看護師たちは組合を結成し、過酷な労働の実情に合わせた賃金アップを要求していました。リーダーをつとめる看護師長・安田は、もし賃上げに応じない場合、内閣官房長官の心臓手術の日にストライキを起こすと宣言しています。

甲斐はさっそく安田に会い、賃金5%アップの条件での和解を提案しますが、安田は断固拒否…。病院側が新しいAIシステムの導入に50億円もの投資をするくらいなら、賃金15%アップを! と訴えます

一筋縄ではいかない相手に、次の手を考える甲斐と大輔たち。そんな甲斐たちの様子をうかがっていた上杉は、チカにも黙ったまま、東京国際記念病院に独自にコンタクトをとり…

『SUITS/スーツ2』3話あらすじ(7月27日放送)

「幸村・上杉法律事務所」に仕事復帰し、さらに事務所のトップの座を狙っている上杉。上杉にトップを取られないよう、先手を打ちたい幸村チカ甲斐は、策を考えます。

トップの交代は、事務所に在籍するシニアパートナーの過半数の賛成により可決されてしまうため、一人でも多くのシニアパートナーを味方につけておきたいチカ。しかし頼りにしている甲斐は、すでに事務所内の多くのシニアパートナーを敵に回しています…。

ただ、企業再生部門のシニアパートナー瀬川だけは、甲斐とはまだ接点が無く、中立の立場にありました。上杉とも親しい瀬川を、何としてでも味方につけておくよう、甲斐に命じます。

甲斐が会ってみたところ、瀬川は事務所内での扱いに不満を持っていました。そんな瀬川の力になるため、甲斐は瀬川が行き詰っている案件を手伝う約束をしました。

その案件とは、現在建設中のビル「大手町スカイビスタ」の建設プロジェクトを潰して欲しい、というものでした。建設を担当しているマディソン建設社長芹沢のこだわりが強すぎて、工期が大幅に遅れており、資金が底をついていたのです。

甲斐は大輔と共にさっそく建設現場に行き、建設をすぐに中止しないと損失が膨らむ一方であることを、芹沢社長に忠告しました。しかし芹沢は、メインバンクに返済期限の延長と追加融資を頼んだから大丈夫だと言います。

心配になった甲斐は、メインバンクである東京ナショナル銀行の融資担当課長吉永に探りを入れます。すると、吉永の答えは、芹沢の会社への追加融資はしない、というものでした。

芹沢の財務計画書にはあまり問題点はなく、さらに「大手町スカイビスタ」が完成すれば、間違いなく利益を見込めるはず…。金融関係に強い蟹江も、銀行のこの判断は明らかに不自然だと主張します。

不審に思った大輔は、「大手町スカイビスタ」について念入りに調べました。すると、ビルの周辺にはすでに4つもの高層ビルが建っており、そのうち3つのビルのメインバンクが東京ナショナル銀行であることが判明します。

東京ナショナル銀行は何かを隠している…。大輔は甲斐と共に真相を突き止めようとするのですが…。

『SUITS/スーツ2』4話あらすじ(8月3日放送)

上杉に事務所のトップの座を奪われないためにも、自分たちの弱点は絶対に握られたくないチカ甲斐甲斐の大きな弱点となる大輔の経歴詐称だけは、なんとかバレないようにしたいところです。

しかし、真琴を大切に想う大輔は、自分の身分を偽ったまま、真琴と付き合い続けるわけにはいかない…と、甲斐に相談します。困っている甲斐の様子を見かねた甲斐の秘書玉井は、事務所のためにも真琴と別れるよう、大輔に進言します。

大輔は悩んだ挙句、自ら真琴に別れを告げますが、そのダメージはかなり大きく、大輔は仕事に身が入らなくなってしまいました。そこで甲斐は、大輔に蟹江のサポートをするように命じます

蟹江は上杉に何とか気に入ってもらえるように、策を考えていたところでした。上杉が大輔にとても興味を持っていることを知った蟹江は、喜んで大輔を受け入れ、自分の案件を手伝わせます。

一方、甲斐のもとに、弁護士富樫からの訴状案が届きました。富樫は数年前に甲斐が担当した会社「コースタル・モーターズ」の訴訟で甲斐に負けたことを根に持っています

さっそく富樫に呼び出された甲斐は、数年前の甲斐の勝訴をくつがえす、重大な事実を書き記した社内メモを見せられます。そのメモがでっち上げでなく本物であった場合、甲斐は間違いなく窮地に立たされてしまいます。

コースタル・モーターズの社長が上杉と仲が良いことを知ったチカは、富樫の主張が正しいかどうかの事実確認を急いで行うよう、甲斐に命じます。

さっそく、当時の膨大な資料の中から事実確認ができる書類を探し始める玉井。資料室にこもり、ひたすら探し続ける玉井はそこで、とんでもない資料を見つけてしまうのです!

『SUITS/スーツ2』5話あらすじ(8月10日放送)

かつて甲斐勝訴したコースタル・モーターズ訴訟。コースタルの自動車に乗っていた運転手が事故死した裁判で、コースタル側についていた甲斐は、自動車に欠陥があったことを知らされていませんでした

しかし、自動車に欠陥があったことが記された社内メモが見つかってしまいます。甲斐と因縁の関係にある弁護士富樫は、欠陥の事実を隠ぺいして被害者遺族を侮辱した、ということで、再び法廷で甲斐の不正を徹底的に暴くと宣言します。

窮地に立たされてしまった甲斐、そして事務所を守るため、上杉は甲斐の弁護をする弁護士副島を連れてきます。しかし、甲斐は副島の提案する和解案には応じるどころか反発をしてしまいます。

そんな中、コースタルの案件資料を改めて整理していた甲斐の秘書玉井は、問題となっている社内メモを発見してしまいます。そこには玉井自身が確認したというサインもちゃんと残っていたのです…。

メモを手に、シュレッダーの前で思いつめる玉井…。大輔は玉井に、メモを本当に隠ぺいしてしまう前に、きちんと事実を甲斐に伝えるべきだと強調します。

偶然、大輔から玉井のことを聞いてしまった甲斐は玉井を呼び出し、問題のメモを見つけたことを正直に話すことで、なんとか打開策を練ることができると伝えます。しかし、玉井はすでにそのメモを処分してしまったと涙ながらに告白したのです。

さすがの甲斐も、これにはお手上げの状態に…。見つけたメモをあえて処分してしまった以上、もう甲斐に弁解の余地はなく、副島の提案した和解案に従うしかありません

甲斐は、今は被害者に直接会うべきではない、という副島のアドバイスを無視し、コースタルの訴訟で敗訴した被害者の遺族のもとに向かい、ただただ謝りつづけました

副島の交渉により被害者側との和解案が進められました。その和解の条件には、なんと甲斐の弁護士免許はく奪が加えられていたのです…。

『SUITS/スーツ2』6話あらすじ(8月17日放送)

コースタル訴訟では、甲斐の弁護士資格のはく奪が和解条件に追加されてしまい、さらに大切な秘書・玉井が解雇されてしまうなど、問題つづきの甲斐正午。甲斐は大輔を連れ、クライアントである「碓氷ジュエリー社長碓氷に会うためにマカオまで出張します。

ギャンブル依存症の碓氷社長は、マカオのカジノVIPルームでポーカーをしていました。甲斐たちの目の前で一瞬にして300万ドルも負けてしまった碓氷社長…。

しかも碓氷は、その場に居合わせた日本人・城田から碓氷ジュエリーの全株式を担保にすることを条件に、その300万ドルの賭け金を借りていたのです。碓氷は碓氷ジュエリーの会社全てを城田に奪われてしまいました

過去に碓氷に借りを作っていた甲斐は、碓氷から、何とか会社を取り戻して欲しいと頼まれます。帰国後、甲斐と大輔はさっそく城田と代理人弁護士・安藤の2人に会いに行きます。

元会社社長の城田は過去を探れば色々とホコリが出てくる人物。甲斐と大輔はあの手この手で攻めようとしますが、弁護士・安藤の入れ知恵もあり、不利な立場に立たされっぱなしです。

もし甲斐が負けてしまっては、チカもさすがに甲斐を助けることは難しいかも…と悩みます。そんな中、チカに関東弁護士会副会長の羽鳥から連絡がありました。

羽鳥はコースタル訴訟の和解において、甲斐の弁護士資格はく奪が条件となっていることに、難くせをつけてきました。実は羽鳥は、チカにとっては因縁の相手。羽鳥の挑戦的な態度に腹を立てたチカは…。

『SUITS/スーツ2』7話あらすじ(8月24日放送)

甲斐は自分を訴えている富樫に会い、改めて和解の可能性を探りました。しかし、コースタル訴訟の重要な証拠となるメモを隠ぺいしたことが明らかになった今、富樫は全く和解交渉に応じてはくれません

富樫に嫌味を言われ、憤る甲斐ですが、どうすることもできません。チカも甲斐の代理人として富樫と戦うつもりでいますが、不安はぬぐえません。

そんなチカと甲斐の様子を見た上杉は、まず法廷で争う前に、事務所内で模擬裁判を開き甲斐とチカに勝算があるのかどうかを事務所のメンバー全員に判断してもらうべきだと提案します。

甲斐とチカはその提案を渋々受け入れました。さらに上杉の意見で、模擬裁判の後、事務所内のシニアパートナーたちに、富樫と法廷で争うべきか、それとも和解に応じるべきか、を多数決で決めようということになりました。

模擬裁判での富樫役は蟹江に決定しました。甲斐の敵として、徹底的に甲斐を追求する姿勢を見せる蟹江です。

大輔は甲斐を全力でサポートしたいと申し出ますが、甲斐はあえて大輔を蟹江側につかせます。それが今の甲斐にとって最も有意義なことだと察した大輔は、蟹江と協力し、甲斐をどう攻めるかを考えます。

いよいよ、模擬裁判の日。事務所内のスタッフが一同に集まる中、上杉が裁判官席に座り、甲斐とチカ、蟹江と大輔の対決がスタートしました。

まず始めに証人席に立ったのは、解雇されてしまった甲斐の秘書・玉井の役をつとめる真琴です。真琴に対し、次々に質問を始めていく大輔。

答えにくい質問に真琴が発言をためらっていたその時、模擬裁判への参加を拒否していたはずの玉井が、突然姿を現したのです。玉井はいったい何を発言するのでしょうか?

『SUITS/スーツ2』8話あらすじ(8月31日放送)

上杉は、チカと自分のどちらが事務所のトップに立つべきかを、事務所内のシニアパートナーたちの投票によって決めるよう提案します。もう一度トップに返り咲きたい上杉は、どうやら投票で過半数をとる自信があるようです。

上杉にトップの座を奪われたくない甲斐は、大輔に、以前事務所でアソシエイト弁護士として働いていた尾形万智子を探すように命じます。甲斐はチカには内緒で、上杉が休職すると同時に突然解雇された万智子のことを利用しようと考えていたのです。

数年前、シニアアソシエイトだった甲斐は、チカから事務所内で発生していた横領事件について調べてほしいと頼まれました。甲斐は、ジュニアパートナーへ昇格することを条件に、秘書の玉井と犯人を探し始めます

始めに容疑者として浮上したのは、シニアアソシエイトの蟹江でしたが、彼は高額な横領はしていませんでした。そしてついに、上杉が6,000万円ものお金を横領していたことがわかってしまいます。

正義感あふれるチカは直接、上杉を問い詰めます。すると上杉は悲しそうに、ガンを患った妻のため、さまざまな高額の民間療法を試すために使った、と横領の事実を認めました。

その理由を聞いて、上杉を責められなくなってしまったチカですが、甲斐は違いました。あくまでも上杉を断罪すべきだと主張する甲斐と言い争うチカ…。

しかし、ゴシップ好きで情報通の玉井が、アソシエイトの万智子との何気ない会話から、重大な情報を仕入れてしまったのです。その情報とはいったい…!?

『SUITS/スーツ2』9話あらすじ(9月7日放送)

人気報道番組の有名キャスター・浜崎哲平が、幸村・上杉法律事務所に弁護を依頼してきました。浜崎を訴えたのは、人気プロ野球選手・等々力真一です。

浜崎は自分の番組内で等々力と対談した際、彼が違法薬物を使用していることをハッキリ断定してしまうような発言をしており、等々力から名誉棄損で訴えられたのです。過去に似たようなトラブルを何度も起こしている浜崎は、落ち着き払っています。

明らかに浜崎が不利な状況であると判断した甲斐と大輔…。相手側の要求である、賠償金の支払いと公の場での謝罪に応じるよう、浜崎を説得します。

しかし、浜崎は相手側の要求をつっぱね、自分には非が無いことを主張し続けます。そして甲斐と大輔に、自分をもっとしっかりと弁護するよう、嫌味まじりに言うのでした。

事務所内のトップの座を決める会議が5日後にせまってきました。投票権を持つシニアパートナーの過半数を味方につけたいチカですが、なかなかうまくいきません…。

甲斐は先日のコースタル訴訟の件で解雇されてしまった秘書の玉井を、もう一度復職させようとします。ずっと拒んできた玉井でしたが、やっと甲斐の言葉に耳を傾け、ある2つの条件と引き換えに復職を決めたのです。

チカと甲斐は、玉井の協力のもと、上杉の動向を探ります。すると、上杉が過半数の票を集めるため、あの蟹江を新たなシニアパートナーにしようとしていることが判明したのです。

蟹江の票が上杉に入ってしまっては、勝ち目はない…。甲斐はさっそく蟹江を説得しようとするのですが…。

『SUITS/スーツ2』10話あらすじ(9月14日放送)

シニアパートナーたちによる投票の結果、上杉がわずか1票差でチカに勝ち、事務所のトップをつとめることになりました。甲斐やチカに対し、共に協力し合おうと微笑む上杉…。

しかしその言葉とは裏腹に、上杉はさっそく事務所内の配置替えを決行。シニアパートナーに昇格した蟹江に立派な部屋を与え、甲斐には階下の狭い部屋への移動を命じ、邪魔者扱いです。

すっかり上杉に気に入られたと思い込み、有頂天になる蟹江…。甲斐を追放したい上杉は、そんな蟹江を利用して甲斐の弱みを探させます

唯一の家族だった祖母・結衣を失い、悲しみにくれる大輔でしたが、その悲しみを誰にも打ち明けようとせず、仕事をすることで気を紛らわせていました。真琴はそんな大輔の姿に心を痛めていました…。

結衣の葬儀の日、前夜からひとりで酒を飲み、無気力状態になっていた大輔。心配し、大輔の自宅まで様子を見に来た真琴は、大輔をやさしく説得し、支度をさせて一緒に葬儀に参列します。

葬儀には、大輔のかつての恋人・怜の姿もありました。真琴や怜に励まされ、大輔は参列者にあいさつの言葉を述べ始めます。結衣との懐かしい日々を語る大輔の頬には涙がとめどなく流れました

葬儀後、休暇を利用して大輔はひとり、ボストンに行きました。すると突然、大輔の部屋に顔を出したのは、同じくひとりで気晴らしに来た甲斐だったのです。

2人は酒を酌み交わしながら、しばし楽しいひとときを過ごしました。すっかり気分転換をした甲斐は、大輔に上杉の悪事を暴くための、ある計画を持ちかけます…。

『SUITS/スーツ2』11話あらすじ(9月21日放送)

上杉を解雇し、チカは上杉の部屋をすっかり片付けます。晴れて事務所のトップとなり、心機一転し、気持ち良く仕事をしたいチカですが、新たなる問題が浮上します。

これまで上杉が主に対応していたクライアントたちが、少しずつ事務所との契約を解除する方向に動き始めたのです。大口の顧客が多いため、契約を続行してもらえるよう、何としてもクライアントを引き止めたいチカです。

そんな矢先、事務所の最重要クライアントである佐竹コンサルティンググループの佐竹社長の妻から緊急の呼び出しが…。甲斐と大輔が駆けつけて事情を聞くと、息子の佐竹信吾が昨晩、パーティの帰りに車で人をはね、そのまま帰宅してしまったと言うのです。

過去に両親を交通事故で亡くしている大輔は、その信吾の行動に過敏に反応してしまいます。甲斐は冷静さを欠く大輔をこの案件から外そうとしまうが、大輔は聞きません。

車でひいてしまった相手を確かめることもなく、救急車を呼んだだけで逃げてしまった信吾。大輔の調べにより、被害者は救急車で搬送され、近くの病院の集中治療室にいることがわかりました。

今すぐ警察に出頭すれば、まだ間に合う…。刑務所に入ることになるのか、前科がついたらどうなるのか、など不安を口にする信吾をなだめ、大輔は信吾に付き添い、警察に向かいます。

夜中に全身黒づくめの目立たない格好で、あわてて飛び出してきた被害者…。大輔は、被害者の指先に塗料が付着していたことから、事故現場周辺で最近、悪質な落書き事件が多発していたことを思い出し、被害者がその落書き犯であったと確信します。

逃走中の犯人が横から飛び出してきたら、避けることはできない。起訴を免れるため、大輔は事件を担当する藤嶋検事に会い、信吾には落ち度がなかったことを主張します。しかし、藤嶋検事から被害者の容体が急変し、死亡してしまったことを聞かされてしまうのでした…。

『SUITS/スーツ2』12話あらすじ(9月28日放送)

上杉が事務所を辞めたことをきっかけに、事務所の評判は下がりはじめていました。クライアントたちの中には事務所の将来を不安視し、契約の見直しを申し出てくるところも出始めてきました。

チカは事務所を立て直すためにも、その流れをなんとか食い止めようと焦っていました。そんな中、甲斐のもとに動画配信サービスを手がける「ネットフィルム」の五十嵐社長がやってきました。

五十嵐から、甲斐と進めていた株式の公開と、顧問契約の両方についてもう一度考え直したいと言われてしまった甲斐。後から遅刻して出勤してきた大輔に、いら立ちをぶつけてしまいます

蟹江も自分が担当していた「ステラ証券」に契約を解除されるという窮地に立たされます。その原因をアソシエイトの八木田のせいだと決めつけた蟹江は、八木田をひどく叱り、契約書の作り直しを命じます。

すごい勢いでまくしたてる蟹江に圧倒され、委縮してしまった八木田は、蟹江からついにクビを申し渡されてしまいました。今回の案件に関しては何の落ち度もない八木田を不憫に思った大輔は、蟹江に考え直してもらえるよう、交渉します。

しかし蟹江の考えは変わらず、八木田は事務所を去ることに…。事務所内にギスギスとした嫌な雰囲気が漂っていました。

そんな中、大輔は元同僚の松井と久しぶりに会い、松井の所属するブラットン法律事務所」への引き抜き話を持ちかけられます。やんわりと断った大輔は、松井から他のアソシエイトも数名引き抜かれ始めている、という事実を聞いてしまいます。

さっそく甲斐に報告する大輔。甲斐は、引き抜かれたアソシエイトたちが能力が高く、蟹江のお気に入りの人材ばかりであることから、蟹江が引き抜き話を裏で操っているのではないか、と疑います。

さらに、ブラットン法律事務所の代表は、上杉と親交の深い副島弁護士。甲斐は裏で上杉とつながっているのでは、と激しく蟹江を問い詰めるのですが…。

『SUITS/スーツ2』13話あらすじ(10月5日放送)

「幸村・上杉法律事務所」では8人のシニアパートナーを始め、多くのアソシエイトやパラリーガルが次々に辞めてしまいました。人員整理も必要、とチカは強がっていますが、事務所が危機の状態にあることには変わりありません。

そんな中、チカは甲斐と大輔に「フォルサム食品」の案件を任せます。社内で女性の昇進が差別を受けていると訴訟を起こしたフォルサム食品の女性社員・井口華子の弁護を引き受けたのです。

フォルサム食品の蓮見会長は、内閣府の男女参画委員会の理事に就任した政界の大物です。その大物を相手にする訴訟に意気込みを見せる甲斐と大輔。

ちょうどその頃、真琴父親であり、大物弁護士の聖澤敬一郎と食事をしていました。少しずつ自分のスキルに自信を持ち始めていた真琴でしたが、娘の話を聞こうともせず、一方的に見下したような発言をする父の態度に、真琴は失望してしまいます。

真琴は、フォルサム食品訴訟の相手側の弁護士が父・敬一郎であることを知ると、甲斐と大輔を手伝いたいと申し出ます。父親と戦うことになっていいのか…と大輔は心配しますが、真琴の決意は揺らぎません。

さっそく、原告の井口に賛同してくれる他の女子社員の証言を集めることから始めた真琴と大輔。しかし、会社を敵に回すことに恐れをなした女子社員たちは皆、首を横に振るばかりでした…。

途方に暮れる真琴と大輔に、甲斐はある提案を持ちかけます。

『SUITS/スーツ2』14話あらすじ(10月12日放送)

フォルサム食品の女性社員による昇進差別訴訟に向けて、甲斐や大輔、そして真琴たちは準備を進めていました。しかし、相手となるフォルサム食品側の弁護士として新たに就任したのは、なんとあの上杉だったのです。

幸村・上杉法律事務所を窮地に追いやった張本人上杉と戦う…。甲斐やチカの手法をよく知っており、さらに勝つためなら手段を選ばない上杉と戦うことに、甲斐たちは心中穏やかではありません

チカはさっそくマスコミの前で、フォルサム食品社内で昇進差別にあった原告の女性社員126人とともにフォルサム食品に対して訴訟を起こすことを大々的に発表し、宣戦布告をします。

上杉は、そんなチカの行動に対して全面的に争う考えを発表し、原告代表・井口華子へのヒヤリングと称して事務所に乗り込んできました。そして上杉は別件として幸村・上杉法律事務所を不当解雇で訴えることを宣言したのです。

原告はかつて、上杉と不倫関係になったことが原因で事務所を解雇された尾形万智子だと聞き、あきれるチカと甲斐。上杉と尾形の不倫は事実であり、さらに事務所から横領した金で贅沢に楽しんでいたことも明らかなのに…。

上杉は、自分が事務所を去るときに、チカと結んだ秘密保持契約について話し出しました。上杉が事務所に在籍していたときに関与した行為は一切第三者へ口外しない、という内容に、当時のチカはサインをしてしまっていたのです。

その事実に驚く甲斐と大輔。その契約がある以上、尾形と上杉との不倫について、いっさい言及することができなくなってしまうからです。

もし、その秘密保持契約に違反すれば、上杉に多額の違約金を支払うことになり、さらに上杉の事務所退職も白紙になってしまいます。上杉との不倫について触れずに、いったいどうやって戦うことができるのか…。

さすがに甲斐も、こればかりは和解で解決するよりほかないと考えます。しかし、チカは和解は断固拒否し、なんとしてでも上杉を倒して欲しいと甲斐に頼むのでした…。

『SUITS/スーツ2』15話あらすじ(10月19日放送)

資金も底をつきかけ世間の評判も落ちる一方の「幸村・上杉法律事務所」。「フォルサム食品」訴訟を続けるにあたって、チカはロンドンを拠点にしている「ダービー総合法律事務所」の力を借りることに決めました。

ダービーから来た担当者は、なんと甲斐の後輩であり、元恋人でもある綿貫紗江でした。協力した事務所を吸収合併してしまう強引なダービーのやり方を知っている甲斐は、ダービーと手を組むことに反対します

しかし、フォルサム食品側は担当弁護士の上杉の計画のもと、マスコミをうまく使ってじわじわと世論を味方につけていきます。形勢逆転をはかるためには、世界3大ファームのひとつとも言われるダービーの資金力も必要…。

チカの説得もあり、甲斐は仕方なく、フォルサム食品訴訟だけに限る、という条件で紗江と手を組むことにします。しかしチカは、ダービーとの合併話を本格的に進めて行こうとします

ダービーと合併をするなら、自分が事務所を去る…。チカにそう宣言した甲斐は、ある策を思いつきますが、チカに先読みされ、うまくいきません。

とうとうチカは合併の準備として、お互いの事務所の財務状況を確認し合うため、ダービーの代表と帳簿を交換してしまいます。事務所の合併はまさに秒読みの段階へ…。

大輔たちに別れのあいさつをし、甲斐はついに事務所を去ってしまうのでした。残された大輔や蟹江たちは、必死で形勢逆転のための秘策をひねり出そうとしますが…。

『SUITS/スーツ2』の主題歌は、B'z「WOLF」!

B'z / WOLF

SUITS/スーツ2』の主題歌は、前シーズンに引き続き、B'zの「WOLF」に決定しました! 織田裕二さんや中島裕翔さんもお気に入りの楽曲です。

2018年に発表された「WOLF」は、このドラマのために書き下ろされた楽曲で、織田さんが演じる、勝つためには手段を選ばず突き進む弁護士・甲斐正午をイメージして書かれた歌詞がとても力強く、印象的ですね。

オオカミの遠吠えと、真実を吠える甲斐の姿を重ね合わせ、ぜひじっくりと聴いてみて下さい!

『SUITS/スーツ2』原作は世界的大ヒットドラマ『SUITS』シリーズ

原作は、世界的に有名なシリーズドラマ『SUITS』です。

ニューヨークの大手弁護士事務所を舞台に、敏腕弁護士、ハーヴィー・スペクター(ガブリエル・マクト)と 、天才的な頭脳を持つ青年、マイク・ロス(パトリック・J・アダムス)をはじめ、彼らの頼もしい同僚たちが、さまざまな訴訟に挑んでいく、大ヒットドラマシリーズです。

2018年放送『SUITS/スーツ』を無料で視聴する方法

織田裕二さん主演で2018年に放送された『SUITS/スーツ』はFODで配信されています!

FODには1ヶ月の無料期間がもうけられています
ので、1ヶ月の間に一気に見れば、無料で前作を楽しむことができます

4月から放送がスタートする続編『SUITS/スーツ2』をより楽しむためにも、前作を見ておくといいでしょう!

『SUITS/スーツ2』まとめ

前作『SUITS/スーツ』に引き続き、主なキャストが続投したSUITS/スーツ2』。原作同様、シーズン2からはさらなる本格的な展開が! 上杉の復帰、そしてチカと上杉との代表の座をめぐる争い…。ハラハラする展開が続きます!

2週間無料で楽しむ!/
FODプレミアム
FODプレミアムで今すぐ観る!
PR

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

SUITS/スーツ シリーズ

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

2,189 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

1,026 円/月

Hulu詳細

定額見放題

888 円/月

FODプレミアム詳細

定額見放題

2,658 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

定額見放題

880 円~/月

Netflix(ネットフリックス)詳細

SUITS/スーツ1(ドラマ・日本)

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

888 円/月

FODプレミアム詳細

SUITS/スーツ2(ドラマ・日本)

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

888 円/月

FODプレミアム詳細

「国内ドラマ」人気ニュースランキング