SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/04/24
804 0

『シング・ストリート 未来へのうた』80’sロックで綴る青春ダイアリー

アイルランドを舞台にロック・バンドを組んだ少年の恋と成長を描く『シング・ストリート 未来へのうた』。80年代のブリティッシュ・ロックを背景に、誰もが経験したことのあるような懐かしさを誘うストーリーが世界中で好評を博しています。

目次

ロックファンならずとも惹きつけられる青春物語

青春期によく聴いた音楽は生涯、その人の心に残るでしょう。

その音楽を聴くたびに当時の思い出がよみがえり、郷愁にひたる。

そんな経験は国籍や世代に限られることなく、万人が持つ共通の記憶です。


『シング・ストリート 未来へのうた』はアイルランドのダブリンを舞台に、ひとりの少年が恋と友情、家族の関係に悩みながらも前に進んでゆく物語です。


1980年当時、不況にあえぐダブリンで、好きな女の子の気を引くために、主人公の少年はバンドを結成します。

転校したばかりでいじめっ子に殴られたり、厳格な教師に目をつけられたり、家に帰っても両親はケンカばかり……

決して恵まれた境遇とはいえない状況の中で、少年の心をはげますものはロックンロールでした。


決して下を向かない少年と夢を追うヒロインの「若さ」は、観客の大人たちから見るととても不安定で心もとなく見えます。

しかし同時に過去の自分に重なり、応援したくなる気持ちでいっぱいになります。

『シング・ストリート 未来へのうた』Story

1985年、不況下のダブリン、14歳のコナーは家庭のかたむいた経済事情により転校を余儀なくされます。

いつもケンカばかりの両親。
コナーの心を癒すのは、ロック狂の兄とロンドンのバンドのミュージック・ビデオを観ることでした。


私立学校からお金のかからない公立高校「シング・ストリート」に籍を置いたコナーは、

入学早々いじめっ子のバリーに目をつけられたり、校長のバクスター修道士に茶色い靴を見とがめられたり、さんざんな目にあいます。


そんな中、学校の前にたたずむ少女・ラフィ-ナに心を射抜かれたコナー。

モデルだと自称する彼女にコナーは、自分のバンドのミュージック・ビデオに出ないか?と誘いをかけ、彼女の電話番号を手に入れます。


コナーと友人のダーレンは急遽、バンドを組むためにメンバー探しをはじめるのですが……。

『シング・ストリート 未来へのうた』メイン・キャスト

コナー・"コズモ"・ロウラー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)

本編内で抜群の歌唱力を披露するコナー。

演じるのは無名の俳優フェルディア・ウォルシュ=ピーロです。

数千人の応募者のなかから主演に抜擢されました。

幼少期から歌のレッスンを受け、7歳と12歳のころにはモーツァルトのオペラ『魔笛』に参加しています。

ラフィーナ(ルーシー・ボイントン)

モデルになる、という夢をかなえるためにロンドンを目指すヒロイン、ラフィーナを演じたルーシー・ボイントン。

07年、BBC製作『バレエ・シューズ』ではエマ・ワトソンと共演しています。

本編では繊細な役柄を見事に演じています。

ブレンダン(ジャック・レイナー)

コナーの兄であり、ロックの師であり、よき理解者であるブレンダン。

演じたのは『トランスフォーマー/ロストエイジ』にて重要な役柄を担い注目された俳優、ジャック・レイナーです。

これからも大作映画への出演が決定している実力派若手俳優のひとりです。

『はじまりのうた』『ONCE ダブリンの街角で』注目の監督ジョン・カーニー

アイルランドのロック・バンド『ザ・フレイムス』でベーシストを務めていたという異色の経歴を持つジョン・カーニー監督。


『はじまりのうた』では主題歌がアカデミー賞にノミネート、『ONCE ベルリンの街角で』では同賞を受賞し、グラミー賞にもノミネートされています。

興行的にも大成功をおさめ世界的に注目される監督です。


『シング・ストリート 未来へのうた』は監督の半自伝的作品として自身の経験を下敷きに描かれた物語といえます。

物語を彩る最高のミュージック

『シング・ストリート 未来へのうた』では80年代当時のブリティッシュ・サウンドが横溢しています。

『ザ・キュアー』『デュラン・デュラン』『ザ・クラッシュ』『ザ・ジャム』など、世界を席巻したロックナンバーが目まぐるしく物語を彩ります。

電子音が基調をなす当時の音楽はレトロな雰囲気をかもしだし、登場人物たちのファッションとも相まって、

この作品の魅力の大きな部分を占めていると言えるでしょう。

また劇中でコナー率いるロックバンド『シング・ストリート』が演奏するオリジナル楽曲も最高の出来栄えです。


歌詞はコナーの心象風景が投影され、胸にせまります。

恋や友情、未来への夢が語られる歌詞はティーン・エイジャーの初々しさが滲みだし、微笑ましくも甘酸っぱい思い出を喚起させるはずです。


また、本編のエンディング・テーマは『マルーン5』のボーカル、アダム・レヴィ-ンが書き下ろし楽曲を歌っています。



誰しもがあの頃を思い出し、胸が熱くなるこのアイルランド発の音楽青春映画をぜひお見逃しなく!

参考元

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

シング・ストリート 未来へのうた

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

888 円/月

FODプレミアム詳細

定額見放題

933 円/月

Hulu詳細

定額見放題

500 円/月

dTV詳細

レンタル

500 円~/月

ビデオマーケット詳細

定額見放題

933 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

「洋画」人気ニュースランキング