閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王 エンテイ】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

提供元:amazon
劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王 エンテイ

劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王 エンテイを配信中の動画配信サービス一覧

劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王 エンテイの動画が配信されているサービス

劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王 エンテイの動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王 エンテイの作品紹介

劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王 エンテイのあらすじ

二組の親子を通して、かけがえのない「親子の絆」を描いた感動のポケモン・アドベンチャー! 2000年に公開された『ポケットモンスター』シリーズの劇場版第三作目となる。

サトシたちは旅の途中に、ジョウト地方で女性が行きたい場所として名を馳せる美しい町、グリーンフィールドを訪れる。

ところが、緑豊かなリゾート地であったはずの町は、サトシたちの目の前でたちまち結晶に覆われてしまう。

結晶化現象の原因は幼いひとりの少女にあった。

少女の名はミー。行方不明となった少女の父シュリーが残した奇妙なカードを並び替えたことで出現したポケモン「アンノーン」が、ミーの感情を感じ取って不思議な現象を引き起こしはじめたのだ。

突然の結晶化に驚いていたサトシたちのもとに、伝説のポケモン「エンテイ」が姿を現す。エンテイはサトシの母親を結晶塔へと強引に連れ去ってしまう。

サトシは母親を救い出し、結晶化してしまったグリーンフィールドに平穏を取り戻すことができるのか?

劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王 エンテイのクレジット(監督・キャスト)

  • 監督
    :湯山邦彦
  • 再生時間
    :73分
  • レーティング
    :全年齢

劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王 エンテイの登場人物・キャスト

  • サトシ(松本梨香)

    ポケモンマスターを目指して修行の旅を続けているポケモントレーナー。今作では、旅の途中、たまたまグリーンフィールドに立ち寄ったことで町の結晶化現象に遭遇する。さらわれた母親を助けるべく、仲間とともに結晶塔へと向かう。

  • ピカチュウ(大谷育江)

    とても頼りになるサトシの相棒。今作ではサトシの母親を助けるため、サトシとともに結晶塔へと突入して戦いを繰り広げる。

  • カスミ(飯塚雅弓)

    水ポケモンマスターを目指してサトシの旅に同行する少女。今作では、さらわれた母親を助け出そうとするサトシに協力して、ミーとバトルを繰り広げる。

  • タケシ(上田祐司)

    サトシの旅に同行しているポケモンブリーダー。今作では、洞察力の高さを見せつけるなど、年長者として頼れる姿が描かれている。

  • ハナコ(豊島まさみ)

    サトシの母親。シュリー博士と娘のミーを心配してグリーンフィールドへ駆けつけたところを、エンテイによって連れ去られてしまう。

  • ミー(矢島晶子)

    シュリー博士のひとり娘。とあることが原因でアンノーンを呼び出してしまったことで、グリーンフィールドに結晶化現象を引き起こす。

  • シュリー博士(竹中直人)

    ミーの父親である研究者。古代遺跡の調査中、突如として消息を絶つ。

  • エンテイ(竹中直人)

    伝説のポケモンで通称「火山ポケモン」。ミーの夢から生み出された。

  • アンノーン(竹中直人)

    薄っぺらい体で大きな目を宿したポケモン。ポケモンを具現化することができる。

劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王 エンテイの見所ポイント

  • 1 リザードンとエンテイによる熱い戦い!

    母親を取り戻そうとするサトシと、結晶塔から追い出そうとするエンテイとのバトルは圧巻で、「伝説」と謳われるほどのエンテイの強さが、サトシとの戦いを通して見事に表現されています。

    テレビ中継でサトシの危機を知ったリザードンがリザフィックバレーから駆けつけ、サトシとともにエンテイに挑むシーンでは、少年マンガを読んでいるときのようなワクワク感が、胸の奥から湧き上がってくることでしょう。

    スピードを活かして立ち回るリザードンと、地の利を活かし迎え撃つエンテイの戦いは、手に汗握る展開の連続です!

  • 2 親子の絆、そして父としての想い

    自身の殻に籠ることで、グリーンフィールドを結晶化させてしまったミー。心の傷を抱えた彼女は夢の世界に閉じこもり、現実と向き合うことを拒否します。

    エンテイは父として、娘の願いを叶えてやりたいと吐露するシーンが非常に印象的で、子を持つ親であれば感動せずにはいられないことでしょう。

    子供のためなら自身のすべてをかけることをいとわず、ミーのことを一番に考えて行動するエンテイの姿は、ひとつのあるべき親子の形を体現しているといえるでしょう。

  • 3 前二作の劇場版と大きく異なる、異色のストーリー展開!

    今作で特筆すべき点のひとつに、誰ひとりとして悪役が登場しないことが挙げられます。

    幼い少女であるミーが父や母を求めるのは自然なことですし、強引にサトシの母親を連れ去るエンテイも、あくまで娘の願いを叶えてやりたいという想いが根底にあるだけで、決して悪者とはいえません。

    アンノーンが不思議な現象を引き起こすのも、アンノーンに悪意があってのことではありません。

    基本的に悪役が出演することが多いポケモン映画のなかで、今作では非常に珍しいストーリー展開を楽しむことが出来ます。

劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王 エンテイの評価・感想・レビュー

ポケットモンスター シリーズのあらすじ一覧

劇場版ポケットモンスター 結晶塔の帝王 エンテイと合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
坂本菜緒
坂本菜緒

大学卒業後、公立小学校で教員として勤務。 その後、株式会社サイバーエージェントグループ会社である株式会社CyberOwlに転職。 現在、「aukana」の記事編集業務を行う。