閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【かぐや姫の物語】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

かぐや姫の物語

かぐや姫の物語を配信中の動画配信サービス一覧

かぐや姫の物語の動画が配信されているサービス

かぐや姫の物語の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

かぐや姫の物語の作品紹介

かぐや姫の物語のあらすじ

平安時代に書かれ、日本最古の物語ともいわれる『竹取物語』。作者未詳のこの歴史的作品を原作とし、スタジオジブリが2013年に公開した映画である。

原案・監督・脚本を担当したのは、『火垂るの墓』や『おもひでぽろぽろ』など数々の名作を生み出してきた、日本を代表するアニメーション監督・高畑勲。

1999年公開の『ホーホケキョ となりの山田くん』から約14年ぶりの監督作品であり、企画の立ち上げから完成までに約8年もの歳月をかけた渾身の作品。

昔、ある山里に翁(地井武男)と妻の媼(宮本信子)が、2人で暮らしていた。ある日竹を取りに出かけた翁は、竹林のなかでひときわ明るく光輝くたけのこを見つける。そこにはなんと、手の平にのるほどの小さな姫君がいたのである。

驚いた翁はさっそく姫君を手で包み、家に大切に連れて帰った。すると、その姫君はたちまち大きくなり、その日のうちに人間の赤ん坊の大きさに成長したのである。

姫君(朝倉あき)の成長は驚くほど速く、半年も経たないうちにすっかり少女へと成長してしまったため、近所の子どもたちから「たけのこ」と呼ばれ、慕われるようになる。姫君にとって、ガキ大将の少年・捨丸(高良健吾)や仲間たちと遊び、ともに野山をかけまわる時間はこの上なく幸せな日々だった。

しかし、翁はそんな姫君を高貴な姫君に育てあげるため、無理矢理都へ連れて行こうとするのだった…。

かぐや姫の物語のクレジット(監督・キャスト)

かぐや姫の物語の登場人物・キャスト

  • かぐや姫(朝倉あき)

    翁が竹林で発見した姫君。手の平に収まるほどの小さな姫だったが、翁の家に着いた途端、赤ん坊の姿に変化し、そこから急激に少女に成長した。その成長の速さから、近所の子どもたちからは「たけのこ」と呼ばれる。翁が強引に都に連れて行くが、幸せだった田舎での暮らしが忘れられず、都の生活にはなじめない。

  • 翁(地井武男)

    竹を取って生活していた。ある日、竹林で偶然かぐや姫を見つけ、家に連れ帰り、妻・媼とともに育てる。その後も竹から黄金などを授かったりしたため、かぐや姫を「高貴の姫君」にするため、姫や媼の意見も無視し、強引に都に引っ越す。

  • 媼(宮本信子)

    翁が連れ帰った日から、かぐや姫の育ての母となる。翁の考えに不安を抱きながらも都について行く。都に引っ越してからも、畑を作ったり、炊事なども自分でこなすなど、相変わらず働き続けた。都暮らしを嫌がるかぐや姫の理解者となる。

  • 捨丸(高良健吾)

    かぐや姫と遊ぶ子どもたちのリーダーで、皆から「捨丸兄ちゃん」と呼ばれている。面倒見がよく、かぐや姫のこともかわいがっていた。

  • 女童(田畑智子)

    都に住むようになったかぐや姫の身の回りの世話をする少女。外出できずに寂しくしているかぐや姫の心を和まそうとしたり、ともに遊んだりする。

  • 相模(高畑淳子)

    宮中に仕えていた女官。かぐや姫が宮中に上がるための教育係として、翁が招き入れる。貴族の作法や舞踊、琴などを教え、なかなか真面目にやろうとしないかぐや姫に手を焼く。

  • 車持皇子(橋爪功)

    かぐや姫に求婚した5人の公達のひとり。かぐや姫から命じられた宝物「蓬莱の玉の枝」を持ってくるが、本物ではなくニセ物であることがばれてしまう。

  • 石作皇子(上川隆也)

    かぐや姫に求婚した5人の公達のうち、一番のイケメン。かぐや姫から「仏の御石の鉢」を持ってくるように求められる。

  • 阿部右大臣(伊集院光)

    かぐや姫に求婚した5人の公達のひとり。かぐや姫に求められた「火鼠の皮衣」を手に入れるために、多くの財力を使った。

  • 大伴大納言(宇崎竜童)

    かぐや姫に求婚した5人の公達のなかでは一番、武芸を得意としている。「龍の首の珠」を手に入れるために遠方まで出かけるが、嵐や荒波などに襲われ散々な目に遭う。

  • 石上中納言(古城環)

    かぐや姫に求婚した5人の公達のひとり。かぐや姫に求められた「燕の子安貝」を取るためにツバメの巣に近づいたときに落下し、その傷がもとで死んでしまう。

  • 御門(中村七之助)

    特徴的なとがった長いあごを持っている。かぐや姫を手に入れたいと考え、宮中への出仕を命じるが、断られてしまい、強引な手段に出てしまう。

かぐや姫の物語の見所ポイント

  • 1 『かぐや姫の物語』は、 巨匠・高畑勲監督がとことんこだわりぬいた感動作!

    今作は、多くの名作アニメの制作に携わってきた、高畑勲監督の遺作となった作品です。作品に登場するキャラクターたちの動作や表情の微妙な変化などを、アニメーションでどのように表現するべきか、とことんこだわりました。

    今作は納得のいくまで、何度も作り直す姿勢を崩さない高畑監督の思いが詰まった作品です。高畑監督は、幅広い年齢層に支持された名作アニメ『アルプスの少女ハイジ』では、その後の日本のアニメーション制作に変革をもたらす斬新な方法を取り入れるなど、チャレンジ精神にもあふれていました。

    監督が8年もの年月をかけて作り上げた渾身の作品を、ぜひじっくり鑑賞してみてください!

  • 2 『かぐや姫の物語』の魅力は、作品の感動をさらに深める主題歌「いのちの記憶」!

    今作の主題歌「いのちの記憶」は優しく、心にすっと溶け込むような歌声が印象的です。この曲を聴いていると、翁と媼に温かく見守られながら、野山をかけまわり、すくすくと成長していったかぐや姫の姿が目に浮かび、より深い感動が呼び起こされます。

    歌っているのは、その歌唱力と表現力が高く評価されているシンガーソングライター・二階堂和美です。浄土真宗の僧侶という顔も持つ彼女は、かぐや姫がこの世を去る別れの悲しみを、生きる力に繋げたいという思いを込めて楽曲を制作しました。

    サビの部分の「いまのすべては未来の希望 必ず憶えてる いのちの記憶で」という歌詞がいつまでも心に響き渡る、とても温かな曲です。

  • 3 『かぐや姫の物語』では、かぐや姫のイメージを作り上げた、凛とした朝倉あきの声に注目!

    「アフレコ」は、出来上がったアニメーションの映像を見ながら、声優がキャラクターの口の動きに合わせてセリフをはめていきます。一般的な方法であり、なじみのある方法ですが、高畑監督が今作の制作で用いたのは「プレスコ」という方法です。

    あらかじめ声優に演技をしてもらい、その演技に合わせてアニメーターがアニメを制作していくというもので、かなり手間と時間がかかります。

    かぐや姫のイメージ作りに苦労していた制作陣が、数百人が受けたというオーディションでやっと出会えたのが朝倉あきの声なのです。彼女の声を聴きながらイメージを作り上げたというかぐや姫の姿は、実に生き生きとしており、惹きこまれてしまいます。

かぐや姫の物語の評価・感想・レビュー

かぐや姫の物語と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

かぐや姫の物語に関する記事一覧

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!