閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

更新日:

【ゲド戦記】の動画を配信しているサービスはある??視聴したい人におすすめの動画配信サービス!

ゲド戦記

ゲド戦記を配信中の動画配信サービス一覧

ゲド戦記の動画が配信されているサービス

ゲド戦記の動画が配信されているサービス詳細

現在、まだ配信されているサービスはありません。

ゲド戦記の作品紹介

ゲド戦記のあらすじ

アーシュラ・K・ル=グウィンの同名傑作小説『ゲド戦記』を原作にし、76.9億円の興行収入を叩き出したジブリの名作が、2020年6月26日より全国の映画館にて再上映開始! 映画は2006年7月29日公開。監督は宮崎吾朗。

エンラッド王国の王子アレン(岡田准一)は、父王を殺して国から逃亡した心に闇を抱える少年。旅の途中に出会った魔法使いハイタカ(菅原文太)に保護され、弟子として自分自身の心と向き合うための冒険が幕を開ける…!

主人公アレンはエンラッド王国の王子であり、心優しい少年。しかし、自分の心に巣くう闇に人格を乗っ取られ、突然父王を殺して国を逃亡してしまった。その後アレンは旅をしていたある日、狼の群れに食い殺されそうになっていたところを魔法使いのハイタカに助けられる。

ハイタカは滅多なことでは魔法を扱わない変わり者の魔法使いであり、アレンを心優しく弟子として迎え入れてくれた。しかし、アレンはたびたび心の影に恐怖し、迷子になったり、闇の誘惑に負けそうになっては、ハイタカに助けられていく。

そんなある日、アレンは奴隷にされそうになっていた1人の少女を助けた。一度は拒絶されるも、再会し、その少女テルー(手嶌葵)が幼いころに両親に虐待され、捨てられたことを知るのであった。

ゲド戦記のクレジット(監督・キャスト)

ゲド戦記の登場人物・キャスト

  • アレン(岡田准一)

    今作の主人公。17歳のエンラッド王国の王子であり、父である国王を刺殺して国から逃亡した少年。おとなしい性格で、優しい心根を持っているのだが、時折本人のものとは思えない狂暴な人格が表に出るときがある。父から奪った決して抜けない魔法剣を携えており、ハイタカに保護されて旅をともにする。

  • テルー(手嶌葵)

    今作のヒロイン。顔にひどいやけど跡があり、過去に両親に虐待されて捨てられた過去を持つ。以降、テナーに匿われ、仕事を手伝いながら一緒に暮らしてきた。辛い過去のためか心を閉ざしており、特に命を軽く扱う姿を見せたアレンに対しては強い拒否反応を示す。

  • ハイタカ(菅原文太)

    真の名は、ゲド。「大賢人」の名で知られる世界一の魔法使いであり、世界の均衡の乱れの原因を探す旅に出ている。「力を持つものは、使い方を間違ってはならない」と、滅多なことでは魔法の力を扱わない。師としていつでも冷静に、アレンを導いていく。

  • テナー(風吹ジュン)

    ハイタカと昔から交流のある、金髪女性。かつて、カルガド帝国にあるアチュアンの墓地の巫女をしており、ハイタカに外の世界に連れ出してもらった過去を持つ。しっかり者で心優しく、捨てられたテルーを1人で育てている。

  • クモ(田中裕子)

    細くて背の高い女性に見えるが…? 永遠の命を求めるため、さまざまな汚い手段をも問わずにおこなってきた。かつてハイタカに自身の悪行を阻止された恨みから、ずっと復讐の機会をうかがっていた。

  • ウサギ(香川照之)

    クモの手下の男。人を捕まえて奴隷として売りさばく奴隷業などをおこなっており、人を見下すことに快感を覚える。クモの力を恐れており、絶対服従をしている。

  • 国王(小林薫)

    エンラッド王国の王。アレンの父。国民のことを常に考えている。ある日突然、息子であるアレンに刺されてしまう。

  • ハジア売り(内藤剛志)

    ハジアという危険な麻薬を売っている売人。ハジアは、常習すると死んでしまうほど危険な麻薬であるが、アレンにも売りつけようとした。

  • 女主人(倍賞美津子)

    元まじない師。都城ホート・タウンに住んでいる。ハイタカに紛い物の生地を売りつけようとした。

ゲド戦記の見所ポイント

  • 1 映画『ゲド戦記』のあらすじは? 「生きること」について考えさせられる物語!

    映画『ゲド戦記』におけるテーマはずばり、「生きる」というテーマにつきます。主人公のアレンは、父王を殺してしまった自分の罪や、たびたび現れる自身の狂暴な人格と、追ってくる自身の影に恐怖し、死ぬことと生きることの双方に対して恐れを抱いています。

    一方、敵となるクモは、死を拒絶し永遠の命を渇望した結果、あらゆる悪事に手を染めていました。死を受け入れるハイタカや命を大切にするテルーとの出会いが、アレンの心にどんな変化をもたらすのでしょうか?

    ハラハラドキドキの止まらない冒険ものでありながら、生きることについて深く考えさせられる、ジブリ映画の中でも名作のひとつです。

  • 2 『ゲド戦記』は、手嶌葵の優しい歌声が心に響く「テルーの唄」も魅力!

    『ゲド戦記』はストーリーやテーマがしっかりとしていることもあり、2020年6月26日から全国の映画館で再上映されるジブリ映画のひとつに選ばれました。そして映画公開当時に注目されたのは、「テルーの唄」です。

    「テルーの唄」は、透き通るような歌声で始まり、広大な自然を歌いながらそこに生きる小さな命の大切さを問う、切なく優しい楽曲となっています。

    手嶌葵の巧みな歌声によって、命の大切さが身に染みる、温かい魅力にあふれています。聴くだけで涙腺を揺さぶられる、とても素敵な楽曲です。

  • 3 『ゲド戦記』の主人公・アレンの声優はV6の岡田准一! 豪華キャストが集結!

    アーシュラ・K・ル=グウィンの、同名傑作小説を原作としたジブリ映画として注目されていただけあり、声優陣が非常に豪華です。

    まず主人公・アレンの声優を担当しているのが、俳優としても大活躍しているV6のメンバー・岡田准一です。またヒロインのテルーの声を、歌える声優として幅広い分野で活躍している、手嶌葵が担当しています。

    そのほかにも、ハイタカを菅原文太、テナーを風吹ジュン、クモを田中裕子、ウサギを香川照之が演じています。名だたる俳優・女優たちが勢ぞろいであり、声の演技にも注目が集まります。

ゲド戦記の予告・動画

ゲド戦記の評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 4.2 (1件中)
  • 投稿者名:湖土
    評価: GOOD 投稿日:2021.04.10/10:24

    ネタバレを含むレビューです。

    手嶌葵さんの歌声
    世界が大変で受け止めきれない
    今回何度目かの視聴でようやく美しい絵とお話に気付けました
    2021年4月9日(土) 日テレ

ゲド戦記と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

この記事の執筆者
aukana編集部
aukana編集部

aukanaは、毎日の生活をほんの少しだけワクワクさせるエンターテイメント情報を届けるメディアです。動画配信サービス、映画、ドラマ、アニメ、漫画、音楽など、エンターテインメント作品に関する情報が満載!