閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』の動画配信を無料で見るなら 見る順番も一緒に解説!

映画 洋画
提供元:U-NEXT
スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒
更新日:

スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

目次

スター・ウォーズ シリーズの作品一覧

※注1:現在、作品詳細情報がありません。

スター・ウォーズ シリーズの動画配信状況

【PR】 シリーズ配信本数:21本
U-NEXT
2,189円/月
31日間無料
dTV
550円/月
31日間無料
TSUTAYA TV/DISCAS
2,658円/月
30日間無料
music.jp
1,958円~/月
30日間無料
ビデオマーケット
550円~/月
入会月無料
Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)
500円/月
30日間無料

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒

スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ

スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ シーズン1

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ シーズン2 ※注1

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ シーズン3

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ シーズン4

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ シーズン5 ※注1

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ シーズン6 ファイナル

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ (2008・映画)

スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン1

スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン2

スター・ウォーズ 反乱者たち シーズン3

スター・ウォーズ 反乱者たち ファイナル・シーズン ※注1

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル - レンタル - - - - - - - - レンタル レンタル レンタル
レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル - - - - - - - レンタル - - - - レンタル
レンタル - - レンタル レンタル レンタル レンタル 購入 - レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル 購入 レンタル レンタル レンタル レンタル 購入
レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル - レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル - レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル
レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル - レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル - レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル レンタル
レンタル 購入 購入 購入 購入 購入 レンタル レンタル - - - - - - - - レンタル レンタル レンタル - レンタル

※注1:現在、作品詳細情報がありません。

スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒の動画配信・レンタル情報

スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒を配信中のサービスは合計6社(レンタル6社)です。
動画配信サービスには無料お試し期間があるサービスもありますので、お得に観られる方法もあります。是非無料期間合わせてチェックしてみてください!

スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒を配信中のサービス表(動画配信・レンタル情報)

【PR】
配信状況 配信対象 無料期間 月額料金 見放題配信本数
レンタル
31日間無料 2,189円/月 17,851本
×
- 1ヶ月間無料 976円/月 3,486本
×
- 2週間無料 1,026円/月 4,538本
×
- 初回無料 1,100円/月 1,806本
レンタル
31日間無料 550円/月 3,141本
レンタル
30日間無料 2,658円/月 - 本
×
- 2週間無料 550円/月 8,196本
×
- 初回14日間無料 980円/月 3本
レンタル
30日間無料 1,958円~/月 - 本
レンタル
入会月無料 550円~/月 5,973本
×
- 31日間無料 440円/月 3,048本
レンタル
30日間無料 500円/月 9,051本
×
- 入会月無料 550円/月 1,016本
×
- 初月無料 2,530円/月 153本

スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒の動画が配信されているサービス一覧

映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』シリーズをイッキに見れるのはココだ!

映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』は、2019年9月現在『U-NEXT』、『ビデオパス』、『TSUTAYA TV/DISCAS』、『dTV』、『Amazonプライムビデオ』、『ビデオマーケット』で配信しています。

配信サービスがたくさんあると、どれがいいか迷ってしまいますよね。

その中でも、編集部イチオシのサービスは、『ビデオパス』と『U-NEXT』です!

映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』 の動画を無料で一気見するならビデオパス! ほかのスター・ウォーズも併せて観れる!

まず最初の編集部おすすめは、『ビデオパス』!

ビデオパス』といえば、大手携帯電話サービス「au」をイメージするのではないでしょうか。ですが、『ビデオパス』はauユーザーでなくても使用ができるんです!

月額料金はなんと562円!

スターウォーズシリーズはレンタル対象ですが、映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』だけでなく、これまでの映画『スター・ウォーズ』シリーズ作品もすべて配信されているのでイッキ見したい人におすすめです。

さらにビデオパスは無料お試し期間であっても映画館の割引特典がもらえるので、スターウォーズの最新作を映画館で見たい人にはかなりおすすめの動画配信サービスです!

映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』を観るならU-NEXTもオススメ!毎月ポイントが1200Pも付与!

映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』を視聴するなら、『U-NEXT』もオススメです!

『U-NEXT』は、作品数およそ15万本中、見放題が13万本という数を誇る、業界最多の動画配信サービスです!

月額料金は1990円(税別)と、ちょっとお高めの設定にはなっています。

でも、ご安心ください!

『U-NEXT』では、残りの約2万本を視聴することのできる課金用ポイントが毎月1,200円分付与されます!そのため、実質790円(税抜)で『U-NEXT』が抱えている約13万本、すべてが見放題となるんです!

2019年9月現在、『U-NEXT』では31日間無料サービスも行っています。ですので映画『スター・ウォーズ』シリーズだけでなく、スピンオフ作品でもあるアニメ『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』の一部シリーズや、アニメ『スター・ウォーズ/反乱者たち』の一部シリーズも併せて視聴ができます。

『U-NEXT』の動画配信サービスは、スター・ウォーズファンや、スター・ウォーズにハマってしまった、あなたのためのサービスです!

映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』あらすじ紹介! あらたなスター・ウォーズサーガを観よ!

スター・ウォーズの第三世代と呼ばれ、新章・続3部作の最初を飾ることとなった映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』。新たなスター・ウォーズの物語は、いったいどんなものなのでしょうか。

スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒の作品紹介

スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒のあらすじ

銀河帝国と共和国連合とのエンドアの戦いが終わって30年。ジェダイ騎士団なき銀河系で、新たなるヒロインによってフォースが覚醒する。

ウォルト・ディズニー・カンパニーが、ルーカス・フィルム買収後に初めて製作した『スター・ウォーズ』の新シリーズ第1弾。

遠い昔、遥か彼方の銀河系で、銀河帝国軍の残党であるファースト・オーダーと、対抗するレジスタンスによる紛争が再びはじまっていた。

その渦中に最後のジェダイ騎士であるルーク・スカイウォーカーが姿を消してしまった。

レジスタンスを率いるレイア・オーガナは、パイロットのポー・ダメロンに捜索を指示。ファースト・オーダーもルークの命を狙って居場所を探していた。

惑星ジャクーで手がかりを入手したポーは、ルークの居場所を記した地図をドロイドのBB–8に託し逃亡させることに成功する。

そのBB–8を偶然保護することになった廃品業者のレイは、出会ったファースト・オーダーからの脱走兵フィンとともに、BB–8をレイアのもとに届けるべく銀河の宇宙へと飛び立つ

途中に立ち寄った惑星タコダナで、レイは引き寄せられるようにライトセーバーを手にするが、フォースのビジョン=未来をその剣に見ることになる…。

スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒のクレジット(監督・キャスト)

  • 監督
    :J・J エイブラムス
  • 主演・出演
    :磯部 勉,島田 敏
  • 再生時間
    :138分
  • 初公開
  • レーティング
    :全年齢

映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』メイン登場人物紹介

映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』では、新しい登場人物やストーリー展開はもちろんのこと、旧3部作好きにはたまらない、懐かしのキャラクターたちが当時の俳優陣・声優陣が再集結するという、長年のスター・ウォーズファンをも納得させる構成となっています!

では、映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』で活躍する主な登場人物・キャスト・日本語吹き替え陣を、ここでご紹介していきましょう。

スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒の登場人物・キャスト

  • ルーク・スカイウォーカー/日本語吹き替え:島田敏(マーク・ハミル)

    かつて銀河帝国軍によって滅亡したジェダイ騎士団のなかで、唯一生き残ったジェダイ騎士。その後、次世代のジェダイ騎士の育成に努めていたが、突然姿をくらます。

  • レイ/日本語吹き替え:永宝千晶(デイジー・リドリー)

    惑星ジャグーに住む廃品回収業者。BB–8を保護して逃げる途中、自分には強いフォースの感応力があることを知る。レジスタンスの一員としてライトセーバーを持ち、ファースト・オーダーに立ち向かう。

  • ハン・ソロ/日本語吹き替え:磯部勉(ハリソン・フォード)

    銀河共和国連合軍のひとりとして、かつて帝国軍を滅ぼした英雄のひとり。今は昔の密輸業者に戻っているが、レイやフィンたちと出会い、再びレジスタンスに加わる。

  • レイア・オーガナ/高島雅羅(キャリー・フィッシャー)

    ファースト・オーダーに抵抗し、新共和国から支持を受けているレジスタンス組織のリーダールークとは双子の妹。フォースの暗黒面を操るファースト・オーダーと戦うためにはルークの力が必要と、その行方を探している。

  • チューバッカ(ピーター・メイヒュー/ ヨーナス・スオタモ)

    ハン・ソロの相棒でベテランの戦士。長年ソロとともに戦場で戦い、彼とは固い絆で結ばれている。

  • ポー・ダメロン/日本語吹き替え:小松史法(オスカー・アイザック)

    レジスタンスの名パイロット。BB–8を逃亡させることに成功するが、自身はカイロ・レンに拘束され、地図のありかについて厳しい拷問を受けることに。

  • フィン/日本語吹き替え:杉村憲司(ジョン・ボイエガ)

    ファースト・オーダーのストームトルーパーのひとり。組織の残虐性に疑問を持ち、ポーを解放させた後、一緒にファースト・オーダーの船から脱走する。

  • カイロ・レン/日本語吹き替え:津田健次郎(アダム・ドライバー)

    ファースト・オーダーのなかで、レン騎士団を率いるリーダー。ダース・ベイダーのように闇の力で銀河系の支配者になることを目指している

  • ハックス将軍/日本語吹き替え:川本克彦(ドーナル・グリーソン)

    ファースト・オーダーの将軍。究極兵器スター・キラー基地の指揮を執っている。

  • スノーク/日本語吹き替え:壌晴彦(アンディ・サーキス)

    ファースト・オーダーの最高指導者強力なフォースの暗黒面を使いこなし、カイロを弟子として厳しく指導している。

  • マズ・カナタ/日本語吹き替え:杉本ゆう(ルピタ・ニョンゴ)

    1000年の長きにわたり生き続け、惑星タコダナで密輸業者や無法者相手に酒場を経営。銀河系各地を旅して、古代の遺物やジェダイ騎士に関する骨董類を収集している。

  • BB–8(デイブ・チャップマン /ブライアン・へーリング)

    ポー・ダメロンに仕えるドロイド。ルークの居場所を示す地図を、レジスタンスの基地に運ぶ指示を受けている。

  • C–3PO/日本語吹き替え:岩崎ひろし(アンソニー・ダニエルズ)

    レイア・オーガナに仕える執事用ドロイド600万の言語に精通しているが、おしゃべりが災いして、時々レイアからも邪険にされている。

  • R2–D2(ケニー・ベイカー)

    ルーク・スカイウォーカーの相棒として長くともに戦ってきたドロイド。ルークが消えてから一切の機能を停止して、動かなくなっている。

映画『スターウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』の見どころポイント3つ

映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』では、これまでになかった女性キャラクターを主人公に取り上げ、さらにストーム・トルーパーの脱走兵を相棒にストーリーが繰り広げられる、”新たなスター・ウォーズ”としても大変話題となりました。

続いて、映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』の見どころをポイント3つに絞ってご紹介していきましょう!

スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒の見所ポイント

  • 1 何と言っても、 レイ役のデイジー・リドリーに注目!

    本作品最大の注目ポイントは、まったくの無名だった女優デイジー・リドリーを大抜擢し、新ヒロインを登場させたことでしょう。

    世界中が注目する作品なので、これは製作者や本人にとって大きな大きな賭けでした。

    しかし、冒頭における砂漠での逃走劇にはじまり、ファルコン号の神業的な操縦、ライトセーバーでの戦いなど、彼女は見事にフォース感応者として演じ切りました。特にカイロとの心の読み合いシーンはお見事です。

    レイとは一体何者なのか、この先ジェダイとして成長していくのか、もしくは暗黒面に陥落していくのか。
    ここから彼女の長い長い物語がはじまります。

  • 2 懐かしいあの顔、この声、お約束のシーン。 でも、ストーリーはまったく新しい!

    往年の『スター・ウォーズ』ファンにとっては、ルーク・スカイウォーカーハン・ソロレイア・オーガナといった初期のメンバーが登場するのはうれしい限り。ソロがファルコン号に乗り込んでくるシーンには、きっと感涙してしまうのではないでしょうか。

    そのほかにもXウィング編成部隊での攻撃や、狭くて危険な空間を飛行するファルコンチェイスホログラムによるモンスターチェス、お決まりのセリフ「嫌な予感がする」などなど。これまでの『スター・ウォーズ』作品のオマージュがてんこ盛り。

    でもストーリーはまったく新しいものにアップデートされている斬新さ! ちなみに、モンスターチェスは、映画『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』でチューバッカとR2–D2が対戦した直後の状態からの続きとなっています。

  • 3 可愛くてナイスキャラのBB-8! C–3POやR2–D2~に負けない存在感!

    今作品から登場するキャラクターのなかで、もうひとつの見どころはドロイドのBB–8。姿形がB、又は8に似ていることから名付けられたドロイドです。

    ダルマのような体を前のめりにして走る姿や、アームの先からポッと火をかざして「イイね」をする仕草が可愛いと大評判。ただ単に可愛いだけではなく、仕えるポーの指示であれば危険な場所にも飛び込んでいく勇気を持ち、もちろんメカにも強い。

    それらを球体のボディだけで見事に表現していて、C–3POやR2–D2を完全に喰う芸達者ぶり。しかも、そのほとんどがCGではなく実写だというから驚きです。

    ぜひBB–8の動きにご注目を。ちなみに、この動くBB–8はAmazonでも購入できます。

映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』を観る前に!一緒に押さえたい、これまでの『スター・ウォーズ』シリーズ

もちろん、映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』をいきなり見始めても作品を楽しむことができますが、せっかく『スター・ウォーズ』の世界に入っていくのであれば、これまでの作品も視聴することをおススメします!

その理由は、見どころポイントにもあるように、これまでの作品のキャラクターや、オマージュが、ところどころに散りばめられているからです。

また、『スター・ウォーズ』シリーズは、これまでに本作が8作品スピンオフ作品が2作品がすでに映画化!

そのため、それぞれの過去作品が、全て今作の『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』に直結していきます。

見る順番はストーリー順公開順の2種類ありますが、公開順での視聴がオススメ!
・『スター・ウォーズ/エピソード4 新たなる希望』(1977年)
・『スター・ウォーズ/エピソード5 帝国の逆襲 』(1980年)
・『スター・ウォーズ/エピソード6 ジェダイの帰還』(1983年)
・『スター・ウォーズ/エピソード1 ファントム・メナス』(1999年)
・『スター・ウォーズ/エピソード2 クローンの攻撃』(2002年)
・『スター・ウォーズ/エピソード3 シスの復讐』(2005年)
・『スター・ウォーズ/エピソード7 フォースの覚醒』(2015年)
・『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016年)
・『スター・ウォーズ/エピソード8 最後のジェダイ』(2017年)
・『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー 』(2018年)
・『スター・ウォーズ/エピソード9 スカイウォーカーの夜明け』 (2019年12月20日)

この順番で見ることによって、エピソード4~6で深まる謎をエピソード1~3で明かしてくれるという謎解き感覚で視聴することができる上に、CG技術の進歩を見ることによって、より『スター・ウォーズ』の世界の広がりを実感できます。

新たな『スター・ウォーズ・サーガ』を要チェック!

映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』は、これまでのシリーズとは一線を画した、新たなスター・ウォーズを私たちに体験させてくれます。

さらに、新世代スター・ウォーズの最終作品とされる、映画『スター・ウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』が、日米同時公開で2019年12月20日に迫っています。

もう一度復習しておきたい視聴済みのあなたも、未視聴のあなたも、まだ間に合います!

映画『スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒』に始まる、新たなスター・ウォーズ・サーガの始まりの物語を視聴して、エピソード9の公開に備えましょう!

スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒の評価・感想・レビュー

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 4.9 (4件中)
  • 投稿者名:ともき
    評価: GOOD 投稿日:2019.11.13/22:39

    スターウォーズの興奮を感じた

  • 投稿者名:下神レム
    評価: GOOD 投稿日:2019.10.06/07:52

    面白い

  • 投稿者名:Aki Nakamura
    評価: GOOD 投稿日:2019.01.18/23:41

    『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に見る多メディア化時代のトランス・メディア・ストーリーテリング

    作品全体から感じられたのは、J・J・エイブラムスや制作陣からの『スター・ウォーズ』シリーズを忠実に守ろうという強烈な意思だ。

まず、物語の構造が旧3部作ならびにプリコール3部作の各一話目に似せて作られている。また旧作の登場人物を含めたキャラクター構築においても『帝国の逆襲』ならびに『ジェダイの帰還』に参加した脚本家、ローレンス・カスダンとJ・J・エイブラムスが共同で脚本づくりをおこなうなど万全を期しただけに当時の雰囲気を崩すことなく30年が経過したというイメージを伝えることが出来た。

さらに、劇中で描かれた数々の世界観を作り出すうえでは『新たなる希望』、『帝国の逆襲』ならびに『ジェダイの帰還』にコンセプトアーティストとして参加したラルフ・マクォーリーが描いた膨大な資料を参考にしつつ、作り上げたのだという。その結果、前作の大戦によって残された傷痕の描写以外、全ての場景は新しいスタッフによる「オリジナル」でありながら、敵方のファースト・オーダー、味方側のレジスタンス、そして登場するすべての惑星、そのどれをとっても『ジェダイの帰還』以降の世界として、しっくりはまるように作り上げられていた。

    物語、世界観、どれをとっても『スター・ウォーズ』なのにもかかわらず、終始感じた「違和感」

にもかかわらず筆者は、全編を通して不思議な「違和感」を感じた。劇中に描かれるそれぞれの要素から、登場人物の演技などひとつひとつをとっても、これらはどう考えても『スター・ウォーズ』なのだが、「なんとなく」これまでの『スター・ウォーズ』と違うと感じてしまう自身がいたのだ。しばらく考えて、はたと気づいたのは作品の「語り」の違いだ。

ジョージ・ルーカスが監督、または、エグゼクティブ・プロデューサーとして「監修」していたときと、そうでない今回ととでは、物語の「描き方」が違うということだ。

まず作品全体の「ペース」。従来の作品では、本筋や登場人物の行動原理を示すうえでその外延からかなり時間をかけて話が展開されていた。シーンの転換についても、若干時間がかかるワイプがしつように使われ(黒沢作品のオマージュとする研究者もいるが)、細かくカット割りするシーンはいくつかの戦闘シーン以外は少ない。また登場人物についても『帝国の逆襲』を除きコミック・リリーフ担当と本筋担当が明確に区分けされ、コミック・リリーフは本筋とは別に描かれるなどしていた。さらに戦闘シーンひとつをとっても、戦闘に入るまでのプロセス、戦闘状況、敵方の奇天烈な武器の作用(『シスの復讐』の冒頭シーンにおけるバズ=ドロイド)など、克明に描かれていた。だが今回は、惑星ジャクーからクライマックスの戦い、そしてラストシーンなど、コミック・リリーフの瞬間も含むすべての時間が何らかの形で本筋を「駆動」させるために描かれていた。

    その分「世話しなさ」を感じた人もいるかもしれない。むろん、それが悪いと言っているわけではない。事実、昨今のアクション映画はたいていこのような「ペース」で描かれており、最近の人たちにとっては、旧6作の「ペース」のほうがとろいと感じてしまうことだろう。ただ、本作ににおいて従来より速い物語進行が重要なのは、本作が旧作からの登場人物の30年間にわたる時間的継続性を示しつつ、新たな登場人物も敵、味方双方じっくりと魅せなければならない作品であったということだ。これは観客が納得する程度のノスタルジーを感じさせつつ、新たに登場したキャラクターにも感情移入させなければならないことを意味する。従って劇中で交差する登場人物の関係性は『帝国の逆襲』並みか、それ以上に複雑になっている。従って、語りの「ペース」を旧作並にする時間などはそもそもなかったのだ。(ちなみに『帝国の逆襲』は人間関係の成長が最重視されていたため全体的な戦局の物語展開は、「秘密基地を察知された反乱軍が帝国軍から逃げる」程度にとどまっている。)

    言葉ではなく行動で「見せる」ストーリー

    もう一つは行動動機をいかに「描くか」。ジョージ・ルーカス時代、とりわけプリコール3部作のときは、行動動機やそれぞれのキャラクターの存在意義を登場人物に「語らせる」手法が比較的採用された。アナキンが持つジェダイ騎士としての素養についてはクワイ・ガン=ジンが雄弁にしゃべり、アナキンのパドメに対する愛情や愛する人を失うことへの恐怖、そしてジェダイへの疑惑は、すべてセリフとして表現された。だが、本作については、劇中でおこるキャラクターの「フォースの覚醒」や行動動機、並びに互いに対する愛憎といった感情表現もセリフではなくその行動で表現される。この感情表現の繊細な示し方は、悪役にも及ぶ。結果的に本作は「悪へも感情移入出来る物語づくり」が出来ている。これまでの作品においては、アナキンのダークサイドへの堕落も含め「圧倒的な野望や恐怖に屈する」という状況が先だってしまい観客にとって理解は出来ても「自分にあり得るのでは」といった感情移入をすることは難しかった。だが、今回は観客でも理解しやすい「身近に起き得る葛藤」が巨大な悪へと走る端緒として「描かれている」ために、敵方にも同情する余地が生まれているのだ。これは『スター・ウォーズ』シリーズから受ける初めてのタイプの情動体験とも言える。

    総じて、J・J・エイブラムスは、映像メディアとしての物語の「描き方」に忠実だったと言えるだろう。その代わり、前述のとおり、物語を駆動させることに注意を払いすぎたがために、物語環境をジョージ・ルーカス並に示すだけの「遊びのシーン」はほぼ完全に排除された。これが筆者が感じた違和感につながったのだろう。だがこの違和感が総体的に映画体験を損なわすまでには至っていない。それだけ本作におけるキャラクター構築と物語展開は重要だったのだ。

    役づくりがゆるく、散漫に見える部分が存在する理由

    もっとも、今回登場するキャラクターの全てが丁寧に描かれているわけではない。この点を本作に対する不満として上げているひともいた。だが、J・J・エイブラムスの過去作品を見ても明らかだが、エイブラムスがこのようなミスをあからさまにすることはまず考えられない。従ってこれは、意図的であると考えたほうがいい。それは、今の時代は一つのコンテンツを複数メディアで享受するのが当たり前の時代となっているからだ。実際、本誌の読者の場合、本作を劇場で見る前に、『スター・ウォーズ:バトルフロント』のDLC『バトルオブジャクー(ジャクーの戦い)』をプレイしてから見ている人も多いのではないだろうか?

    つまり、本作で描き切れなかった登場人物については、別メディアで楽しめる機会が与えられるのでは、ということだ。一つのコンテンツに対しそれぞれのメディアの特性にあわせ、それにふさわしい物語をメディアの垣根を越えてデザインすることを欧米ではトランスメディア・ストーリーテリングと言うが、ビジネス的に考えてもこれからの3部作をより深く理解させるという意味でも今回示されなかったキャラクターの人物像や行動動機が別メディアで描かれるのは十分理にかなっている。

    ディズニーは、旧3部作ならびにプリコール3部作が映画制作における新技術導入の先鋭となったように、新3部作を多メディアによるストーリーテリングの先鋭にしようとしているのだ。これを「野心に満ちた試み」と言ってしまえばそれまでだが、筆者はここから生まれる物語体験の新たなる進化に期待したい。

  • 投稿者名:Masaharu
    評価: GOOD 投稿日:2018.12.09/13:43

    ご存知でした?この映画を監督の意図した真の形でで観るは大阪エキスポシティの4Kx2 IMAXでしか観れないという事実...

    そして東京では成田にある2Kx2 IMAXが日本で2番目にいいということを...

    そんなわけで2015年の年の瀬に友人と2時間弱かけて行ってきた。いや成田本当に遠い...

    映画館では、プレミアムシートとIMAXどちらもダブル童貞だったためさすがの快適さと映像の迫力に圧倒されっぱなし。
    肝心の映画も、もちろん期待通りかなり良かった。

    突っ込みたくなるような設定もあったし「ライトセーバーもっと出して-」とかケチをつけようと思えばつけられるわけで、細かいこと気にせず観ればやっぱりちゃんとスターウォーズ。

    上映後の友人と私の感想は、「あーとりあえずBB8可愛いな、グッズ欲しいな」とこれにつきる。

    本当はもっとあるがもう自分の目で確かめていただきたい。
    上映の際は、ホットドッグ、ポップコーンとビールをお忘れ無きよう!

スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒の動画が配信されているサービスの詳細

スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒が配信されている6社の各サービス詳細です。
月額料金、無料期間、見放題配信数等の基本情報と各サービスのおすすめポイントが確認できます。

U-NEXT

月額料金
2,189円 (税込)
無料期間
31日間無料
配信対象
レンタル
同時再生可能
端末数
-
ダウンロード
×
見放題作品
17,851本

U-NEXTのおすすめポイント

U-NEXTは月額2,189円(税込)で16万本の動画を配信!

最新映画に国内、韓国、海外ドラマに加えアニメも大量に取り揃えています。

ダウンロード機能も搭載されていて、通勤、通学の車内でも楽しめます! さらに動画だけでなく、漫画、小説、実用書などの書籍も42冊以上も配信しています!

おすすめ
ポイント
  • 1業界最高水準14万本が見放題!! 見たい作品がみつかる!
  • 2毎月1,200円分のポイントがもらえる! 最新映画含む約2本が追加料金なしでレンタル可能!!
  • 34台同時再生搭載! 家族でたくさん利用するならU-NEXTがおすすめ!

U-NEXTはレンタルもポイントでお得に!最新作を無料で楽しめる?

スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒はU-NEXTで視聴可能です!

U-NEXTでは毎月レンタルに使えるポイントが1200ポイント付与されるので、見たい作品がレンタルだった場合でもポイント利用で無料視聴することが可能です!
ポイントは無料お試し期間中でも貰えるので、無料お試し期間にレンタル作品を無料で視聴することもできます!

さらにこのポイントはU-NEXTにラインナップされている漫画に使うことも可能。動画だけでなく漫画も楽しみたい!という方にもうれしいサービスです。

U-NEXTで配信中のおすすめ作品

U-NEXTのシリーズ配信本数:12本/21本

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ!/

dTV

月額料金
550円(税込)
無料期間
31日間無料
配信対象
レンタル
同時再生可能
端末数
-
ダウンロード
×
見放題作品
3,141本

dTVのおすすめポイント

dtvの魅力は月額料金の安さ!

月額550円(税込)で12万本の作品を配信!31日間の無料お試し期間もあり!

オリジナルやレンタル作品以外にも、他のサービスではあまり配信されていない「ムービーコミック」や「カラオケ作品」も取り扱っています。
月額料金も安く31日間の無料トライアル期間もあるので、初心者のかたでも試しやすいサービスです。

おすすめ
ポイント
  • 1月額550円(税込)で12万作配信! 気軽に動画配信サービスを試せる!
  • 2「銀魂」「闇金ウシジマくん」などの人気作品のスピンオフを独占配信!
  • 3倍速機能搭載! 時間がない人でもたくさん視聴できる!

dTVのレンタルサービス!dポイントでお得にレンタル!

スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒はdTVで視聴可能です!

dtvのレンタル料金にはドコモの「dポイント」が使えるので、dポイントを貯めている方ならとってもお得にアニメをレンタルすることができます!

また、dtvの魅力は月額料金の安さ! 月額550円(税込)12万本の作品を配信! オリジナルやレンタル作品以外にも、他のサービスではあまり配信されていない「ムービーコミック」や「カラオケ作品」も取り扱っています。
レンタルにはdポイントが使えるので、ドコモユーザーには特におすすめのサービスです。

dTVで配信中のおすすめ作品

dTVのシリーズ配信本数:10本/21本

\dTVを31日間無料で楽しむ!/

TSUTAYA TV/DISCAS

月額料金
2,658円(税込)
無料期間
30日間無料
配信対象
レンタル
同時再生可能
端末数
-
ダウンロード
×
見放題作品
- 本

TSUTAYA TVのおすすめポイント

TSUTAYA TVは 一般作に加えアダルト作品も約5,000本が見放題!! 30日間無料お試し期間もあり!

一般作に加えアダルト作品も見たいかたにおすすめなサービスです。
さらに宅配レンタルのTSUTAYA DISCASがセットになったお得なプラン、動画見放題+定額レンタル8もあるので、きになるかたはぜひチッェクしてみましょう!

おすすめ
ポイント
  • 1新作約2本分に使える1,100円分のポイントが毎月もらえる
  • 2アダルト作品約5,000本が見放題!
  • 3動画見放題+定額レンタル8ならTSUTAYA TV,TSUTAYA DISCASをお得に利用可能!

TSUTAYA TVはポイントを利用すればレンタル作品もお得に借りれる!

スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒はTSUTAYA TVで視聴可能です!

TSUTAYA TVの魅力は1,026円(税込)に対し、それを上回る1,100円分のポイントがもらえるところにあります。(見放題プラン)

新作映画約2本分に使える1,100ポイントが貰えますので、新作アニメ映画をお得に見ることができます。

TSUTAYA TVで配信中のおすすめ作品

TSUTAYA TVのシリーズ配信本数:18本/21本

\TSUTAYA TVを30日間無料で楽しむ!/

music.jp

月額料金
1,958円(税込)
無料期間
30日間無料
配信対象
レンタル
同時再生可能
端末数
-
ダウンロード
×
見放題作品
- 本

music.jpのおすすめポイント

新作映画をお得に見たいならmusic.jpがおすすめ!

500コースなら月額550円で1,650円分のポイントがもらえ、最大5本新作映画が追加料金なしでレンタル可能!!
他にも75%OFFのクーポンや100%OFFのクーポンもらえ、お得にレンタルすることができます。

おすすめ
ポイント
  • 1音楽以外にも映画、ドラマ、漫画をトータル800万点以上を配信!
  • 2月額料金を大幅に上回るポイントがもらえるので、お得に新作をレンタルできる
  • 3キャンペーンやクーポンで映画や漫画が半額以下で楽しめることも!

music.jpではレンタルがお得!新作映画を楽しもう!

スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒はmusic.jpで視聴可能です!

新作映画をお得に見たいならmusic.jpがおすすめ!
テレビ1780コースなら毎月1,958ポイント+1,000円分の動画ポイント(映画以外も視聴可能)がもらえる!

他にも75%OFFのクーポンや100%OFFのクーポンもらえ、お得にレンタルすることができます。

music.jpで配信中のおすすめ作品

music.jpのシリーズ配信本数:19本/21本

ビデオマーケット

月額料金
550円(税込)〜
無料期間
入会月無料
配信対象
レンタル
同時再生可能
端末数
-
ダウンロード
×
見放題作品
5,973本

ビデオマーケットのおすすめポイント

ビデオマーケットの最大のウリは圧倒的な作品数!

最新作を含む22万本を配信しているため、よそでは見つからなかったニッチなジャンルの作品や、昔の名作映画、名作ドラマが見つかるかもしれません。
初月無料なので、気になるはぜひチェックしてみてください。

おすすめ
ポイント
  • 1国内最大級の作品数22万本を配信! よそで見つからなかった作品が見つかるかも!?
  • 2毎月550円分のポイントがもらえ新作映画1本が追加料金なしで見れる!
  • 3Fire TV Stick、クロームキャスト対応でテレビの大画面で動画を楽しめる!

ビデオマーケットでお得にレンタル!22万本の動画を楽しもう!

スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒はビデオマーケットで視聴可能です!

毎月レンタルにつかえるポイントが550ポイントもらえるのでレンタル作品もお得に楽しめます!(プレミアム&見放題コース)
ビデオマーケットの最大のウリは圧倒的な作品数!

最新作を含む22万本を配信しているため、よそでは見つからなかったニッチなジャンルの作品や、昔の名作映画、名作ドラマが見つかるかもしれません。

ビデオマーケットで配信中のおすすめ作品

ビデオマーケットのシリーズ配信本数:19本/21本

\ビデオマーケットを初月無料で楽しむ!/

Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)

月額料金
500円(税込)
無料期間
30日間無料
配信対象
レンタル
同時再生可能
端末数
-
ダウンロード
×
見放題作品
9,051本

Amazonプライムビデオのおすすめポイント

Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)は、
一般会員なら30日間、プライムStudent会員なら6か月間の無料期間期間が設けられているので、気になるはぜひチェックしてみてください。

月額500円(税込)で話題のオリジナルドラマ、婚活サバイバル番組「バチェラー・ジャパン」や、松本人志プレゼンツ「ドキュメンタル」など、
ネット配信ならではの攻めたオリジナル作品を視聴することができます。

おすすめ
ポイント
  • 1ここでしか見られない尖ったオリジナル作品を多数配信!
  • 23台同時再生搭載! 複数人でも利用可能!
  • 3ダウンロード機能搭載! お出かけ前にしておけば、オフライン再生が可能!

Amazonプライムはレンタルもある?動画の購入もできるって本当?

スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒はAmazonプライムビデオで視聴可能です!

Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)はレンタル作品を含めると70,000作品以上のラインナップ。
映画作品は1本100~300円程度でレンタル可能ですが、ずっといつでも好きな時に見たい!という方は購入することもできます。

Amazonプライムビデオで配信中のおすすめ作品

Amazonプライムビデオのシリーズ配信本数:12本/21本

\Amazonプライムビデオ(Amazon Prime Video)を30日間無料で楽しむ!/

スター・ウォーズ シリーズのあらすじ一覧

スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒と合わせてよく観られている人気の動画配信作品

スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒に関する記事一覧

この記事の編集者
かずみ
かずみ

もともと世界中のホテルやクルーズ客船を取材する編集者でしたが、移動中に映画やアニメを見続けているうちいつのまにかエンタメ編集者に。 好きなアニメは進撃の巨人や東京喰種など人を食べる系。映画は頭を使わなくても楽しめて後味すっきりのハリウッド大作が大好きで、1人でレイトショーに行くのが趣味。