SHARE

contents kv

出典:amazon

2019/09/25
85 0

『ワンパンマン』2期登場のスイリューについて徹底解説! 今後の再登場の可能性なども考察

ワンパンマン 第1期が今すぐ観れる

\おすすめの動画配信サービス/

※配信状況により無料ではない可能性がございます。

アニメ『ワンパンマン 』第2期に登場し、印象的な役を果たした格闘家・スイリュー。この記事ではそんなスイリューに関する関連情報についてご紹介します。劇中での活躍や、原作であるONE版を踏まえた今後の展開予想などをしていきますので、ぜひご覧ください!

目次

『ワンパンマン』スイリューについて解説! 担当声優や使用武術など

この項目ではスイリューに関する基本的な情報をご紹介していきます。

担当声優使用武術など、アニメ版やその元となった村田版に準じた内容となっていますので、すでに視聴済み、読破済みという方もおさらいとしてぜひ楽しんでください!

スイリューの声優は松風雅也氏!

アニメ版スイリューに息を吹き込むことになったのは、声優の松風雅也氏です!

電磁戦隊メガレンジャー』で芸能界デビューをし、その後も俳優や声優など様々なフィールドで活躍する松風氏は、最近のアニメファン的には『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のガエリオ・ボードウィン役などが記憶に新しいのではないでしょうか。

松風雅也氏の演じるスイリューは村田版における飄々とした印象はそのままに、松風氏の持ち味の一つとも言える爽やかさも絶妙にプラスされています。

また、嫌味な時期のスイリューだけでなく、ある意味で彼の見せ場とも言える武術大会を急襲した怪人たちによりもたらされたピンチや恐怖の演技なども、スイリューのかっこよさを失くすことなく切実に訴えかけてくる見応えあるものになっています。

大御所声優達による名演が光る『ワンパンマン 』においても、スイリューは特にアニメ化でキャラクターの持つ魅力が際立った人物の1人と言えますので、漫画版しか読んでいないという方もぜひこの機会にアニメ版を視聴してみてはいかがでしょうか。

スイリューは武術大会三連覇のレジェンド!努力をせずともS級クラスの超天才!

スイリューは劇中で開催された武術大会参加者の内、主人公であるサイタマを除くと明らかに抜きん出た実力も持つ格闘家でした。

実際に過去に同大会に出場し三連覇したのち表舞台から姿を消していたという経歴があるのですが、本編の一つ前の大会で優勝したウルフマン(変装したガロウ)と戦えるのではと思い今大会に出場しました。

そんなスイリューの実際の強さですが、劇中では全力の装備ではなかったとはいえA級ヒーローであるイナズマックスとスネックを一撃でのしていますので、間違いなくA級上位、おそらくはS級クラスの戦闘力を有しています。

しかもこの実力は大した努力をせずに手に入れたものらしく、スネック戦で語った所によると修行時代は適当に師匠の相手をしていただけであり、近年では何の練習も行っていないそうです。

僅かな努力だけでこの実力を誇るのですから、彼が本格的に修行をしたらいったいどれほどの強さを手にいれるのでしょうか。

本編で彼がどうなったのかを知っている方は、再登場が楽しみで仕方がないことでしょう。

スイリューの使用流派は「冥躰拳(めいていけん)」! 使用技なども解説

スイリューが使う武術は「冥躰拳(めいていけん)」と言います。

劇中の描写を見る限り、シルバーファングやガロウの使うカウンター主体の「流水岩砕拳」や、ボンブの使う切断技が特徴の「旋風鉄斬拳」と比較し、拳主体の技を得意とするようです。

劇中で実際にスイリューが使用した「冥躰拳」の技は三つありますので、それぞれ解説していきます。

まず一つ目が、「冥躰空龍拳(めいていくうりゅうけん)」と言って、竜巻のように回転飛びをしながら相手に怒涛の連続攻撃を与える技です。

二つめの技は「冥躰震虎拳(めいていしんこけん)」と言い、巨大な武術大会ステージが砕けるほどの踏み込みを行い、そこで生じた積力をそのまま渾身の拳に乗せる中国拳法の発勁のようなものでした。

この技は、踏んばりがなくとも上へジャンプしそのまま飛んだ方向にも放っています。

三つめが「冥躰鳳昇拳(めいていほうしょうけん)」で、「冥躰震虎拳」を当てた相手に対する繋ぎ技として放たれました。

この際、腕の周りに回転エネルギーのようなものが生じ、相手にも抉られたような風穴が空いていましたので、エネルギーの衝撃をぶつける震虎拳に対し、"穿つ"技であることが伺えます。

ここまで紹介したスイリューの魅力が楽しめるアニメ『ワンパンマン 』第2期は「U-NEXT」で視聴することが可能ですので、ぜひ16~20話をご覧になってください

31日間無料で楽しむ!/
U-NEXT
U-NEXTで今すぐ観る!
PR

『ワンパンマン』スイリューの名言や印象的な台詞など

以下の項目では、スイリューが劇中で発した印象的な台詞についてご紹介していきます。

登場期間の短い彼でしたが、その間に大きく変わっていきましたので、台詞をともに振り返っていきましょう。

「テキトーに楽して生きていくためだけど、俺の方が強くてごめんな」(村田版12巻など)

出典:amazon

皆を守るために強さを求めるというイナズマックスに対し、自身が鍛錬した理由を明かした台詞です。

この時点でスイリューは人生に退屈しており、もはやより高みへ登ろうとする気力など持ち合わせていないことが伺えます。

「"ヒーロー"なんて名前だけさ。現実にはそんなもの存在しない」(村田版13巻など)

出典:amazon

これは弱いにも関わらず高尚な理由で戦っているヒーローを蔑視しているがゆえに出てきた言葉で、この時点では彼にとってヒーローなどはハリボテの存在でしかなかったのでしょう。

「今頃になってやっとわかった。人は暗闇に叩き落とされた時に光を求めるものなんだ。その光はどんなに細くても小さくてもいい。ただそこにあるだけで」(村田版14巻など)

出典:amazon

バクザンに叩きのめされ、絶望の淵に沈んだ時に出てきた台詞です。

ここから続く一連のシーンは、『ワンパンマン 』でも屈指の熱い場面となっています。

「ヒーローになれるかな?俺も」(村田版14巻など)

最後、自身をピンチから救ってくれたサイタマに投げ放った言葉です。

登場したばかりの彼と比べたら驚くべき台詞で、その目には確かな希望が宿っていました。

ここまでご紹介してきたスイリューの台詞は、漫画版も素晴らしいのですが、アニメで視聴してもまた違った臨場感を味わえますので、ぜひ先ほどご紹介した「U-NEXT」でも楽しんでください!

31日間無料で楽しむ!/
U-NEXT
U-NEXTで今すぐ観る!
PR

『ワンパンマン』スイリューの戦績まとめ

出典:amazon

ここからは、スイリューの劇中での戦績をご紹介していきます。

同時期に登場したガロウとの戦闘スタイルとの違いなどを考察してみるのもいいのではないでしょうか!

武術大会初戦、A級19位・イナズマックス

スイリューの初戦の相手は、格闘家としての側面も持つA級ヒーローでした。

イナズマックスは以前深海王に惨敗した経験から、より強大な存在から市民を守るための力を追い求め、武術大会に参加したといい、新技を繰り出しましたが、あえなくスイリューに一撃で敗北しました。

武術大会第二回戦、A級38位・スネック

これまた現役のヒーローが相手で、おそらくこの対戦カードにはスイリューに一度プロヒーローに対して失望を抱かせるという目的もあったのではないでしょうか。

肝心の勝負自体も、スイリューが相手を挑発していたためイナズマックスよりは長続きしましたが、それでもやはり一撃でケリがついています。

武術大会準決勝・ボルテーン

対戦相手のボルテーンもそれなりに強かったそうですが、この試合は描写されることなくまたスイリューが一撃で勝利したと語られるのみでした。

武術大会決勝・サイタマ

ガロウに興味を抱き、身分を偽って武術を体験するために大会に参加したサイタマがスイリューの決勝の相手です。

スイリューも事前にサイタマが相当な実力者であることは見抜いており(それでも自分とどっこいどっこい程度の評価だとは思いますが)、決勝で当たることを予期していました。

肝心の試合は、常にカツラを庇うサイタマに対し、最初は様子を見ていたスイリューが段々と本気を出していくのですが、最終的にはサイタマの不正が発覚したことにより不戦勝になります。

それに納得できないスイリューは試合終了に構うことなく本気を出すのですが、あえなくサイタマの動きに巻き込まれて吹き飛ばされてしまい、結局サイタマも「武術とはなんか動きがかっこいいもの」以上の感想は持ち帰れませんでした。

VS怪人化した格闘家たち

会場に襲来したゴウケツがもたらした怪人細胞を使って怪人化した格闘家たちとの戦いです。

いずれもスイリューには遠く及ばなかったはずの者たちですが、怪人化した中にはスイリューと互角に渡り合う者もいました。

VSゴウケツ(三羽ガラス)

怪人協会幹部との戦いですが、流石に災害レベル竜は驚異的な強さで、数々の技を放つも手も足も出ませんでした。

その後、ゴウケツ配下の三羽ガラスに囲まれ絶対絶命になるのですが、こちらは戦闘装備を整えていきたスネックやイナズマックスと共闘し一撃で倒しています。

『ワンパンマン』スイリューの今後は?

出典:amazon

ここからは大元の原作であるONE版の展開を踏まえ、スイリューが今後どのように活躍するのかを予想していきたいと思います。

事実を元に組み上げた論理と1ファンとしての妄想などが混じっていますが、スイリューの今後はより『ワンパンマン 』を楽しんでいくためのスパイスになると思いますので、ぜひ一緒に想像を巡らせてみてください!

サイタマに弟子入りを申し込むも断られる! ヒーロー協会入りなるか?

ご存知のようにスイリューは武術大会での惨劇を通してヒーローの必要性を自覚し、自身を救ってくれたサイタマに対し弟子入りを申し出るも断られてしまいました。

しかしながら、彼はその直前にはっきりと「ヒーローがなりたい目標になった」との旨の発言をしていますので、ヒーローとしての道を進むことになるのは間違いないでしょう。

とは言え、大怪我をし、自身に植えつけられた恐怖を克服するのにどれくらいかかるのかわからないとも言っていますので、再登場にはもうしばらくかかることが予想されます。

実はONE版の方では、怪人協会編終了後にS級ヒーローのシルバーファングがガロウの件に責任を感じてヒーローを引退したのですが、村田版でもこの展開を踏襲するとなるとS級の武術家枠が空いたままになっていますので、ぜひその枠を埋める存在になってもらいたいところです。

また、ファンとしては劇中でも共闘したスネックやイナズマックスと再び肩を並べる姿を見たいのではないでしょうか。

それともONE版で設立されたネオヒーローズに?

ONE版では怪人協会編終了後に、ヒーロー協会の腐敗への不信感が各所で爆発し、"ネオヒーローズ"なる新組織の発足に至りました。

この組織は、戦闘人員をヒーロー協会所属のプロヒーローの引き抜きだけでなく、市井にいながらも怪人と渡り合う実力を持った強者達をスカウトすることでも埋めようとしています。

そのため、名の知れた格闘家であるスイリューにも声がかかる可能性は十分にあるのですが、ジェノス経由でネオヒーローズに誘われたサイタマがヒーロー協会に残留していますので、彼としてはどちらを選ぶかは未知数のままです。

ちなみに、ネオヒーローズにスカウトされたプロヒーローの1人に元S級クロビカリがいるのですが、彼は覚醒したガロウとの戦いで心を折られてしまい、戦闘員としてではなくトレーナーとしてネオヒーローズに加入しました。

これはちょうど恐怖を植えつけられたもののそれを克服しヒーローとなることを目指し始めたスイリューとは対の存在と考えると、面白いところです。

当社は、本記事に起因して利用者に生じたあらゆる行動・損害について一切の責任を負うものではありません。 本記事を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者本人の責任において行っていただきますようお願いいたします。

合わせて読みたい

このニュースに関連する作品と動画配信サービス

ワンパンマン 第1期

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

2,189 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

1,026 円/月

Hulu詳細

定額見放題

1,100 円/月

バンダイチャンネル詳細

定額見放題

550 円/月

dTV詳細

レンタル

2,658 円/月

TSUTAYA TV/DISCAS詳細

レンタル

1,958 円~/月

music.jp詳細

定額見放題

440 円/月

dアニメストア詳細

レンタル

550 円~/月

ビデオマーケット詳細

ワンパンマン 第2期

動画が配信されているサービス一覧

定額見放題

2,189 円/月

U-NEXT詳細

定額見放題

1,026 円/月

Hulu詳細

定額見放題

1,100 円/月

バンダイチャンネル詳細

定額見放題

550 円/月

dTV詳細

レンタル

1,958 円~/月

music.jp詳細

定額見放題

440 円/月

dアニメストア詳細

レンタル

550 円~/月

ビデオマーケット詳細

「アニメ」人気ニュースランキング