動画配信サービス比較情報.com

【テレビ東京ビジネスオンデマンド】会員数6万人を突破した好調の理由 〜ビジネスパーソンにウケるワケ〜

更新日:2018.12.7 公開日:2016.9.29
文庫本1冊の料金で経済番組6番組が見放題!テレビ東京ビジネスオンデマンド
月額料金 500円(税抜)
入会月無料
作品ラインナップ数 ニュースから「ガイアの夜明け」まで15番組以上が見放題
機能 オフライン再生可能だから地下鉄での通勤中もOK、Google Playベストアプリ30にも選出された使いやすいアプリ
こんな方にオススメ 知識欲がある人、多忙な人、若手社会人など、ビジネスパーソンにとってコスパの高い情報源
メリット
  • 使いやすいアプリは忙しいビジネスパーソンの味方
  • ワンコインでビジネス情報を収集できる
デメリット
  • 映画、ドラマなどのエンタメジャンルがない

会員数を伸ばしているテレビ東京ビジネスオンデマンドは、経済情報に特化した見放題の動画配信サービスです。「多忙な方には専用のアプリがオススメ」「マーケット情報を知りたい人はライブ配信を活用しよう」といったように、ターゲット別に同サービスの特徴に触れています。ぜひこれを読んで、ビジネスパーソンにウケるワケを知ってみてください。

テレビ東京ビジネスオンデマンドの5つの特徴

テレビ東京ビジネスオンデマンドのサービスは下記5点に押さえられます。

①テレビ東京系列で放送している経済ニュースや経済番組に特化している
②好きな時間・好きな場所で、スマートフォンやパソコンで視聴できる動画配信サービス
③月額500円(税別)で見逃し配信に対応し、過去作品も見放題
④バラエティやアニメ、映画なども見たいという方には向かないサービス
⑤2013年3月にサービスが始まり、順調に会員数を伸ばしている

公式サイトを見る >

テレビ東京ビジネスオンデマンドはいかにして生まれたのか

サービス開始までの背景と経緯についてまとめてみました。

テレビ東京ビジネスオンデマンドを手がけるテレビ東京のコンテンツビジネス局はテレビ番組の二次利用について企画・実行していくことを主なミッションとしています。

2008年開始の「NHKオンデマンド」、2011年の「Hulu」日本上陸、そして、民放キー局各社も独自の動画サービスのプラットフォームを構築しつつあり、テレビ東京としても方策を立てたいところでした。(動画配信は当時急拡大中)

そんな中、「競合との差別化は何か」を考えた時に出てきたのが「経済番組をウリにすること」

映画やアニメなどのさまざまなジャンルを取り扱うVODが多いなかで、ビジネスパーソンに特化してマーケティングしていこうと考えたのです。

定額制見放題にして、価格はワンコインに」

当初は、「ネットは競合相手」「視聴率が下がるのでは」などと、制作側からはあまりよい反応は得られませんでしたが、丁寧にコミュニケーションを取り、現サービスへと着地させていったのです。

サービス開始5年で会員数6万人を突破



上の図は、「テレビ東京ビジネスオンデマンド」の会員数を2013年のサービス開始時から追ったものです。

右肩上がりで推移をし、2018年1月に6万人を突破しました。

2013年3月18日にサービスをスタートさせ、その年の6月には会員数1万人を達成。10月にAndroid版のアプリの配信が始まりました。

そして12月にiOS版アプリがリリースされ、アプリが好調だったのもあり同月に2万人を突破しました。

その後も順調に推移し、2014年4月に3万人、12月に4万人を突破、同年の「Google Playベストアプリ30」にも選ばれています。

また、2015年3月にはアメリカでも利用可能になりました。

4月からは「Newsモーニングサテライト」の同時配信が開始され、朝一の情報をネットでもリアルタイムに視聴できるようになりました。

サービス開始から3年が経った2016年3月には5万人、その後もサービスの拡充を進め、7月の選挙特番「TXN選挙SP 池上彰の参院選ライブ」では、ネットと親和性の高い若いユーザーにリーチできたと言います。そして2017年12月に法人向けライセンスの販売を始めました。

2018年1月には、Android TV、Amazon Fire TVなどのテレビでの大画面視聴に対応し、同月に会員数6万人を突破しました。

未知数の中で始めたサービスは、想定していたターゲットの心をうまくつかみ、会員数の拡大へと繋げていくことができたのです。

テレビ東京ビジネスオンデマンドはこんなビジネスパーソンにこう使ってほしい!

冒頭でお伝えしたように、「テレビ東京ビジネスオンデマンド」のターゲットはビジネスパーソンのみなさんです。

ビジネスパーソンと言ってもさまざまですので、より細かいターゲット別に、同サービスの特徴を紹介していきたいと思います。



【こんなみなさんにオススメ】
①自分をもっと成長させたいと思っている「意識高い系」
②ひたすら毎日忙しい「多忙マン」
③株などをやっていてマーケット情報を知りたい「投資し隊」
④アメリカでの仕事が多い「海外出張族」
⑤就職活動などの情報収集に使いたい「フレッシャーズ」
⑥社員の成長を考えたい「福利厚生組」

①自分をもっと成長させたいと思っている「意識高い系」は、3万6500番組の見放題を活用しよう


配信されている番組は約3万6500番組(2018年9月現在)。

「ワールドビジネスサテライト」などのニュース系や、「カンブリア宮殿」のような人気経済番組が見られ、ほかにも「池上彰の報道特番」や「ビジネスオンデマンドオリジナル」のコンテンツも配信されています。

過去には「日銀総裁会見」が不定期配信されました。
※映画やドラマはありませんのでご注意を。

【主要な配信番組】

ワールドビジネスサテライト

株価や為替、政治の動きなど経済に関連するニュースや企業の取り組みを番組独自の視点で伝える

Newsモーニングサテライト

毎朝、入ってきたばかりの経済ニュースを東京とニューヨークから伝える。出勤前に最新ニュースがチェックできる

Mプラス11

午前の株式市場の動きを詳しく放送。投資に役立つ情報をお届け

ゆうがたサテライト

夕方ニュースの新機軸!あなたの生活と密接に関係するニュースを厳選して取材。他とは違う視点と切り口でいち早く伝える

ガイアの夜明け

経済の現場で奮闘している人たちを通して、様々な経済ニュースの舞台裏に迫るドキュメンタリー番組

カンブリア宮殿

変化を続ける経済の最先端で活躍する“旬の経済人”を迎えて、作家・村上龍がトークを展開する、大人のトーク・ライブ・ショー

未来世紀ジパング

欧米だけでなくアジア・中東・アフリカ…世界中で沸騰する経済を取材し、日本とのつながりをスタジオで分かりやすく解説

公式サイトより引用(2018年9月現在)


いろいろな方面にアンテナを張っておきたい人にとっては、情報に行きつくまでの操作性のしやすさも重要なポイントです。

テレビ東京ビジネスオンデマンドのアプリでは、プッシュ通知をONにしておくと、注目のニュースやオススメの経済番組のまとめを受け取ることができます。

また、検索画面では注目するキーワードを表示してくれたり(アプリのみ)※①、業種やジャンルから検索していくことができるので※②、自分が知りもしなかったところから情報を取りに行くこともできますし、興味を持ったキーワードなどから番組を探すこともできます。

特に、フリーワード検索では社長や企業の名前からもヒットするようになっているのがポイントで、こうした機能を使いこなすことで、多方面から新しい知識を蓄積しやすくなると言えるでしょう。

②ひたすら毎日忙しい「多忙マン」は、ベストアプリにも選ばれたアプリをスマホで持ち歩こう


テレビ東京ビジネスオンデマンドのスマホアプリは、2014年の「Google Playベストアプリ30」にも選ばれたことのあるアプリです。

「動画を再生」することを意識した使いやすい画面になっています。日々忙しいビジネスパーソンにぜひ活用してほしい機能としては、以下が挙げられるでしょう。

※動作確認はiOSアプリで実施

番組コンテンツのダウンロード保存

通勤中の電車内など、通信環境が不安定なときにうれしいのが「ダウンロード」機能です。

見たい番組を事前にダウンロードして保存しておけば、オフラインでも視聴することができます

ダウンロード時の画質設定(低・中・高)をすることができるので、通信容量が気になる場合には設定することをおすすめします。

※一部ダウンロードできない番組あり

マイリスト(お気に入り)登録

お気に入り登録は放送単位でももちろん登録できますが、「お気に入り番組編集」を使えば、ホーム画面のタブに番組ごと追加することができ、新着動画があれば表示してくれます。

倍速再生とスキップ再生

限られた時間のなかで有効になってくるのが、この2つの機能です。

1.5倍、2倍の倍速再生と10秒ごとの早送りと巻き戻しのスキップが可能です。

ニュース単位でのチャプター分け

ワールドビジネスサテライト(WBS)やNewsモーニングサテライトなどのニュース番組などは、ニュース単位でラインナップがまとまっているので、気になったニュースだけを再生したり、ダウンロードしたり、マイリストに追加したりすることができます

気になるコーナーだけをピックアップしておいて、後からまとめて視聴してもいいですし、スキマ時間の有効活用にいかせます。

アプリ・WEBブラウザ機能比較まとめ

どのデバイスを利用するかによって、使える機能が少し異なるため、以下にまとめてみました。

なお、2018年1月からはAmazon Fire TVとAndroid TV、そしてApple TV(第4世代以降)にも対応し、大画面での視聴もできるようになりました。

アプリ※iOSで検証

WEBブラウザ

スマートフォンブラウザ

対応デバイス

Android OS 4.4以上、
iOS 10以上

Windows Vista / 7 / 8 /
8.1(メトロUI非対応)/
10 / 10 tablet、MacOS

Android OS 4.1以上、
iOS 8以上

画質

選択不可

ビットレートの選択可

選択不可

倍速再生

可(×1.0、×1.5、×2.0)

可(×1.0、×1.3、×1.5)

不可

ダウンロード

不可

不可

同時視聴

不可

不可

不可

スキップ機能

あり(10秒)

あり(30秒)

無し

③株などをやっていてマーケット情報を知りたい「投資し隊」は、ライブ配信でリアルタイムに情報をキャッチ


株やFXをしている人やしようとしている人、仕事柄アメリカ経済の情報を知りたい人などは、「Newsモーニングサテライト」のLIVE配信を活用してはどうでしょうか。

Newsモーニングサテライトは、日本の真夜中に発表されたアメリカの経済情報や企業の決算などの経済ニュースをニューヨークから生放送している番組です。

放送時間と同じ毎週月曜~金曜の朝5時45分~7時05分に同時配信されるので、自宅で見られなくても、通勤途中やカフェなど通信環境が安定している場所であればどこでも視聴することができます。

④アメリカでの仕事が多い「海外出張族」は、海外対応だから契約期間に損はなし


2015年3月より、アメリカ合衆国50州で「テレビ東京ビジネスオンデマンド」が視聴できるようになりました。

視聴する際に特別な手続きや追加の費用は必要ありません。会員であればアメリカ国内のインターネット回線を使って見ることができます。

長期出張の場合など、日本の情報収集に役立てることができますし、月額契約でもあまり損した気分にはならないのではないでしょうか?!

※一部視聴できない番組があります
※アメリカでのインターネット回線の準備や接続に関わる費用などは負担が発生します

⑤就職活動などの情報収集に使いたい「フレッシャーズ」は、ワンコインのお手頃料金が魅力


いつの時代もお金に苦労するのが学生だと思いますが、「テレビ東京ビジネスオンデマンド」は、月額料金500円(税別)!(アプリ登録だと税込で500円)です。

新聞を購読するよりも安いので、就職活動時の企業研究などにきっと活躍してくれることでしょう。

※決済方法については少し複雑なので、下段「入会方法」を参考にしてください

⑥社員の成長を考えたい「福利厚生組」は、番組を活用した研修セミナーに参加して働き方改革


テレビ東京は2018年7月、株式会社チェンジと協業し、企業向けの研修セミナー「働き方改革ワークショップ」の提供を開始すると発表しました。

プレスリリースによると、「研修セミナーは、『WBS(ワールドビジネスサテライト)』や『ガイアの夜明け』『カンブリア宮殿』などの経済報道番組で放送した内容を参考に、実際に成果を出している企業の施策や試行錯誤、さらに現場社員の生の声にフォーカスして進めていくのが特長です。」とあります。

また、テレビ東京ビジネスオンデマンドは、複数のライセンスを一括で契約することができる「法人契約」ができますので、企業のご担当者や経営者の方など、働き方改革の一環として活用することができるかもしれません。

テレビ東京ビジネスオンデマンドの評判は?

ツイッターを見てみると好印象の声が多いようです。一部をご紹介します。

テレビ東京ビジネスオンデマンドの入会・退会(解約)方法

テレビ東京ビジネスオンデマンドを利用するには、「Web会員」と「アプリ会員」のどちらかに登録する2つの方法があります。それぞれの方法について、手順を説明していきます。

テレビ東京ビジネスオンデマンドの入会方法〜2つの登録パターン〜

Web会員で登録するなら、「テレビ東京ID」に登録してから「テレビ東京ビジネスオンデマンド」の利用申込みをする

月額500円(税別。税込540円) ※加入月無料


①「テレビ東京ID」に会員登録する(テレビ東京ビジネスオンデマンドのTOP画面より「今すぐ登録」をクリック)



②「有料会員登録」を選択



③メールアドレスまたはソーシャルアカウントを連携して登録



④メールアドレスの場合、必要事項を入力



⑤本登録ボタンを押すと「テレビ東京ビジネスオンデマンド」利用申込み画面へ自動遷移。規約とサンプル動画を確認して次へ



⑥決済方法を選択(※ドコモケータイ払い・auかんたん決済の場合にはスマートフォンから手続きのこと)



⑦クレジットカードの場合、支払い情報を入力し確定



⑧登録完了!
PC・スマホブラウザならそのまま視聴可能。アプリ利用であれば、アプリをダウンロードして指定したID/PWを入力すれば利用可能

アプリ会員で登録するなら、ストアでアプリをダウンロードしてから月額払いか年額払いを選択して登録

「月額500円(税込)※加入日から1ヵ月無料」または「年額5000円(税込)※無料トライアルなし」

①App StoreまたはGoogle Playからアプリをダウンロードし、起動して「新規会員登録」へ


②月額払いか年額払いかを選択

Web会員とアプリ会員のそれぞれのメリットまとめ

テレビ東京IDの登録

支払情報の登録

月額or年払いの選択

無料期間

Webとアプリの双方利用

Web会員

必要

必要

不可

加入月の末まで

アプリ会員

不要

不要(設定済の場合)

加入日から一カ月

不可

テレビ東京ビジネスオンデマンドの退会(解約)方法は簡単

サービスの利用停止は、「Web会員」の場合はサイト内の契約情報から行います。

「アプリ会員」の場合はApp StoreまたはGoogle Playから所定の手続きが必要です。ここでは、パソコンでの「Web会員」の解約手順を解説します。

Web会員の場合


①有料会員メニューの「契約情報」をクリック



②「利用サービス一覧(サービス開始・停止・メールマガジンの設定はこちら)」をクリック



③サービス一覧から「テレビ東京ビジネスオンデマンド」の「利用停止」をクリック

※利用停止後も月末まで視聴できます(日割り計算なし)
※利用停止後にテレビ東京IDからも退会すると閲覧もできなくなります




本記事内におけるテレビ東京ビジネスオンデマンドに関する画像は、すべて公式サイト公式アプリから引用しています。

テレビ東京ビジネスオンデマンドのオススメポイント

ポイント.1

テレビ東京が誇る人気のビジネス関連番組が見放題!

ポイント.2

「WBS」「未来世紀ジバング」「ガイアの夜明け」「カンブリア宮殿」など人気作品のアーカイブも視聴できる!

ポイント.3

月額500円(税別)からという経済誌1〜2冊分の価格でコンテンツ盛りだくさん

ポイント.4

「Newsモーニングサテライト」はライブ配信に対応

ポイント.5

アメリカからでも利用可能!出張や海外駐在時にも日本のビジネスシーンをチェック

◆サービスの解約を考えている方はこちらから他サービスを探してみてください。

  • 動画配信サービス(VOD)
  • 有料放送(BS,CS)
ジャンルcontents_image
料金形態
こだわり

-件該当

ジャンルcontents_image
こだわり

-件該当

見たい動画があるか丸わかり!
ページトップ