閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

【映画大好き芸人 ジャガモンド斉藤】が選ぶ、おすすめのサスペンス映画10選!

この特集のレコメンダー

ジャガモンド斉藤

映画チンピラ

1991年東京生まれ東京育ち。芸人ジャガモンドのツッコミを担当。
2019年は年間136本の新作映画を鑑賞し、実際に映画館へ足を運びながら旧作も年間100本以上の作品を鑑賞した。
3つの映画YouTubeチャンネル「おまけの夜」、「シネマンション」、「しゃべんじゃーず」にレギュラー出演するほか、芸人としても活躍中。
斉藤自身が執筆している映画レビューサイト「読んだら必ず観たくなる映画レビュー」を運営し、映画の魅力を発信している。YouTubeチャンネル「シネマンション」では映画チンピラジャガモンド斉藤という名前で出演している。

【映画大好き芸人 ジャガモンド斉藤】が選ぶ、おすすめのサスペンス映画10作品一覧

  • 1

    母なる証明

    母なる証明

    あらすじ

    静かな田舎町。トジュンは子どものような純粋無垢な心を持った青年。漢方薬店で働く母にとって、トジュンの存在は人生の全てであり、いつも悪友のジンテと遊んでいることで心配の絶えない毎日だった。そんなある日、女子高生が無惨に殺される事件が起き、容疑者としてトジュンが逮捕されてしまう。唯一の証拠はトジュンが持っていたゴルフボールが現場で発見されたこと。しかし事件解決を急ぐ警察は、強引な取り調べでトジュンの自白を引き出すことに成功する。息子の無実を確信する母だったが、刑事ばかりか弁護士までもが彼女の訴えに耳を貸そうとしない。そこでついに、自ら真犯人を探すことを決意し行動を開始する母だったが・・・。キム・ヘジャ/ウォンビン

    ジャガモンド斉藤
    作品おすすめ度
    4.8
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    ジャガモンド斉藤のコメント

    ある日、女子高生の無残な遺体が発見される。被疑者として逮捕されたのは知的障害を持つトジュン。 彼を女手ひとつで育ててきた母は大事な息子の無実を証明するために奔走するが…母を演じるのは韓国の国民的大女優キム・ヘジャ。 監督のポン・ジュノが「彼女を主役にした作品を撮りたい」と言ったことが納得できる狂った最高の演技で、あの踊りはクセになること間違いなし! 実際、観た当時の僕はシャワーを浴びながら真似しました。 息子トジュンを演じるウォン・ビンはその美しい瞳がよく注目されますが、ここまで彼の瞳が活かされた映画を他に知りません。 ラストの彼の美しい瞳が何を語っているか。あなたならどう受けとめますか?

  • 2

    チェイサー 2008

    チェイサー 2008

    あらすじ

    デリヘルを経営する元刑事ジュンホの元から、女たちが相次いで失踪。時を同じくして、街では連続猟奇殺人事件が勃発。ジュンホは、女たちが残した携帯電話の番号から客の一人ヨンミンに辿り着く・・・。「女たちは俺が殺した。そして、最後の女はまだ生きている。」捕らえられたヨンミンはあっけなく自供するが、証拠不十分で再び街に放たれてしまう。警察すらも愚弄される中、ジュンホだけは、囚われた女の命を救うため、夜の街を猛然と走り続ける・・・。(C) 2008 Big House/ Vantage Holdings. All Rights Reserved.

    ジャガモンド斉藤
    作品おすすめ度
    4.7
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    ジャガモンド斉藤のコメント

    「元刑事の風俗元締めおじさんVSサイコキラー」 あらすじ紹介はこの一行で済んでしまいます。 ひたすらおじさんがおじさんを追いかける映画なのですが、驚くのは物語の序盤で○○○○○○○○○○○事です。 この映画、そこから先が全く読めません。 フンドシ姿の國村隼さんが大暴れする怪作『コクソン』を撮ったナ・ホンジン監督の出世作でもあり、絶対的不条理に翻弄される胸糞映画でもあります。 真犯人と被害者の居場所を知らされている僕ら観客は監督の手の上で転がされ、イライラするし叫びたくなります。 この精神的イジメを心地よく感じる人は映画変態決定です!

  • 3

    ミザリー

    ミザリー

    あらすじ

    スティーブン・キングの小説に基づいた作品。自分のファン、アニー・ウィルクスに命を助けられた有名ロマンス小説家のポール・シェルダンだが、彼はそれを恨むこととなる。自分のお気に入りの登場人物のミザリーが最新作の中で殺されることを知ったアニーは、ポールに彼女の復活を迫る。まさに命がけで作品を執筆しなければならないポールだが…。

    ジャガモンド斉藤
    作品おすすめ度
    4.5
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    ジャガモンド斉藤のコメント

    大人気小説『ミザリー』の新作を書き上げた作者ポールは雪山で自動車事故に遭ってしまう。 そんな彼を助け家で看病してくれたのは『ミザリー』シリーズの大ファンであるアニーだった。 助けてくれたお礼に新作を読ませてもらえたアニーだったが「結末が納得いかない!書き直せ!」とあんなに優しかった態度が急変。ポールを監禁し始める。 地獄の女編集長アニーを演じるキャシー・ベイツの母性も感じさせつつ「ああ…これは逃げられないな」と絶望させられる身体の太さが最高に怖いです。 原作はスティーブン・キング。結末がクソだ!と叩かれるのが悩みであるキングの中で1番ストレートに自分が抱える恐怖を描いた作品ではないでしょうか。

  • 4

    犬神家の一族 (1976年・映画)

    犬神家の一族 (1976年・映画)

    あらすじ

    名探偵・金田一耕助 登場。華麗なる連続殺人事件。日本の製薬王が残した莫大な遺産と謎の遺言状。呪われた一族の抗争を予期した顧問弁護士は名探偵・金田一耕助を呼び出すが、彼と会う前に何者かに殺害されてしまう。それを契機に、一族が次々と手の込んだ殺され方で命を落としていく。湖に突き出た逆さの足、菊人形につけられた生首・・・。犬神家の家宝である斧(ヨキ)・琴(コト)・菊(キク)に隠された秘密とは?

    ジャガモンド斉藤
    作品おすすめ度
    4.5
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    ジャガモンド斉藤のコメント

    この映画は厳密にはミステリーなのですが、このシリーズを是非とも観ていただきたく紹介します! 「ご臨終でございます」という一言から始まる文字のみのシンプルかつセンス爆発のオープニングで観客の心は完全に掴まれてしまいます。 石坂浩二演じる金田一はもちろんのこと加藤武、三木のり平、大滝秀治など脇を固める役者陣のユーモアが素晴らしく、犬神家がみんな嫌なヤツなのも潔い。まだ当時、馴染みのないはずのシンクロナイズドスイミング的逆立ち殺人などトラウマを残す殺害方法も最悪!(良い意味で)などなど魅力を挙げたらキリがありません! ミステリー小説の大ファンであり、そのジャンルを熟知している市川崑監督の工夫が凝縮された至極の1本です。

  • 5

    怒り

    怒り

    あらすじ

    この映像はPG-12指定作品のため、小学生には助言・指導が必要です。ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。現場には、『怒』の血文字が残されていた。犯人は行方をくらました。事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。千葉――3か月前に突然家出をした愛子を連れて帰った父・洋平は、千葉の漁港で働く。8年前に妻を亡くしてから、男手一つで娘を育ててきた。愛子は、2か月前から漁港で働きはじめた田代に出会った。東京――大手通信会社に勤める優馬は、日中は仕事に忙殺され、夜はクラブで出会う男と一夜限りの関係を続けていた。彼には末期がんを患う余命わずかな母がいた。ある日、優馬は新宿で直人に出会った。沖縄――男と問題を起こした母と、夜逃げ同然で離島に移り住んできた高校生の泉。ある日、無人島でバックパッカーの田中に遭遇した。殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。その顔は、出会った男に似ていた。渡辺謙/森山未來/松山ケンイチ/綾野剛/広瀬すず/佐久本宝/ピエール瀧/三浦貴大/高畑充希/原日出子/宮?あおい/妻夫木聡

    ジャガモンド斉藤
    作品おすすめ度
    4.4
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    ジャガモンド斉藤のコメント

    未だ犯人の捕まらない一家惨殺事件から数年が経った頃に東京、千葉、沖縄それぞれに素性の知れない謎の男が現れる。 彼らは指名手配の似顔絵と瓜二つ。彼らの中に犯人がいるのか? 宮崎あおいさんの「お父ちゃんのおにぎりが食べたい」という何気ない台詞からもう愛おしすぎて涙腺がきついです。 普通、この手の映画を観ると推理しながら真相が解き明かされる事を望むものですが、 本作は3人とその周囲の交流を見ているうちに「この中に犯人がいるわけない!」と全員を信じたい気持ちに取り憑かれてしまい、それでもやってくる結末に胸が痛みます。 信じる事で失ってしまう何かと、疑う事で失ってしまう何かを描いた傑作です。

  • 6

    クリーピー 偽りの隣人

    クリーピー 偽りの隣人

    あらすじ

    犯罪心理学者の高倉は、刑事・野上から6年前に起きた一家失踪事件の分析を頼まれる。しかし事件唯一の生き残りである長女・早紀の記憶をたどるも、核心にはたどりつけずにいた。一方、高倉が愛する妻・康子と共に最近引っ越した新居の隣人は、どこか奇妙な家族だった。病弱な妻と中学生の娘・澪をもつ主人・西野との何気ない会話に翻弄され、困惑する高倉夫妻。そしてある日、澪が告げた言葉に、高倉は驚愕する。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の一家失踪事件と、隣人一家の不可解な関係。2つの繋がりに高倉が気付いた時、康子の身に深い闇が迫っていた・・・

    ジャガモンド斉藤
    作品おすすめ度
    4.2
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    ジャガモンド斉藤のコメント

    「隣に住んでいる人ちょっと変だな〜」という誰にでもありそうな疑問をきっかけに最悪の展開へと転がっていく家族系スリラー。 なんと言っても香川照之さん演じる謎のお父さんの歩き方や喋り方がとにかく怖い! ひと目で「あ。この人やばい」と本能が察するレベルなのですが、そんなお父さんに我が家が少しずつ侵食されていく描写はイヤ〜な気分にさせられます。 メガホンを取ったのは日本のホラーを進化させてきた黒沢清監督。 この方の映画は美術がいつも怖くて、本作でも扉とその向こうが異常に恐ろしい。 竹内結子さんの「知ってしまった恐怖の叫び」は鳥肌立つ名スクリームシーンです!

  • 7

    天国と地獄

    天国と地獄

    あらすじ

    ナショナルシューズ重役・権藤の息子が何者かによって誘拐されるが、被害にあったのは実は運転手の子供だった。犯人は人違いをしていたのだ。犯人は疾走するこだま号に身代金を持って乗り込むよう要求してくるが、捜査陣は犯人の正体さえつかめない。そして事件は意外な展開を見せる・・・・・・。全編に渡って圧倒的な緊張感が溢れており、中でも日本映画史上に残るほど有名な、身代金奪取の意外なトリック・シーンが圧巻。他の犯罪映画とは一線を画したリアルなドラマ展開に、映画ファンのみならず世間が注目。日本映画では考えられないダイナミックさで、誘拐犯と捜査陣との息づまる対決を描くサスペンス映画の決定版。三船敏郎/山崎努/香川京子/仲代達矢/木村功/三橋達也/志村喬

    ジャガモンド斉藤
    作品おすすめ度
    4.1
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    ジャガモンド斉藤のコメント

    ある日、製靴会社の常務を狙った誘拐事件が発生。犯人は身代金を要求するが… 冒頭の屋内のみで展開される【静】の緊迫感から、特急こだまの【動】へと移るスリリングな展開に首根っこ掴まれていると、「あれ?もう?」とズッコケたくなる中盤。しかし、あなどるなかれ。 悪は絶対許さない!と卑劣なまでに徹底的に犯人を追い込む黒澤明節に僕ら観客はちょっぴり引きます。 『踊る大捜査線』にも引用された煙突場面、犯人逮捕場面の不思議な切なさ、伝説となった特急こだまシーン、その撮影のために家の二階を壊させたという完璧主義の黒澤監督が山崎努さんの熱演によって急遽、変更した映画のエンディングなど、名シーンの数々をご堪能ください。

  • 8

    ビューティフル・ダイ

    ジャガモンド斉藤
    作品おすすめ度
    4
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    ジャガモンド斉藤のコメント

    元カレが殺人犯だった!というトラウマを背負いながらも主人公サラは素敵な優男と出会って新しい恋にまっしぐら。 そんなある日、元カレのギャレットが刑務所の移送中に逃亡!殺人を繰り返しながらサラの元へと向かう…。 あんたなんか嫌い!今、もう新しい彼とイイ感じなんだから!邪魔しないで!と追い返したくもなりますが、そうはいきません。 彼にはとある目的があるからです…。 とっても静かな映画ですが、ラストでじんわりと感動が胸に残る傑作です。 監督は『サプライズ』『ザ・ゲスト』など「あなたの身近な人が殺人犯だったら?」というテーマを手掛けたら右に出るものがいない名手アダム・ヴィンガード!

  • 9

    ファミリー・プロット

    ジャガモンド斉藤
    作品おすすめ度
    3.9
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    ジャガモンド斉藤のコメント

    インチキ霊媒師のブランチは恋人のジョージが調べた情報を元に依頼主の悩みを解決するビジネスをしていたが、 ひょんな事から身代金誘拐を繰り返す犯罪夫婦と意図せず対峙する事になってしまう。 サスペンスの父であるヒッチコックと言えば、『サイコ』『めまい』など名作を挙げたらキリがありませんが、遺作である本作『ファミリープロット』には余裕と品があってチャーミング!ここまで「犯罪」を楽しく見せることのできる映像作家は他にいません。 犯罪夫婦と対照的な主人公カップルの愛おしいやりとり、ジョン・ウィリアムズが唯一ヒッチコック映画で作曲したテーマ曲は最高! ラストのアレにあなたは思わず微笑んでしまうこと間違いなしです。

  • 10

    黒い画集 あるサラリーマンの証言

    黒い画集 あるサラリーマンの証言

    あらすじ

    松本清張の原作「黒い画集」の中の一篇「証言」を橋本忍が脚色した社会派サスペンスの傑作。数多く映画化されている清張原作映画の中でもエンターテイメント色の強い作品となっている。会社の課長・石野は部下で愛人の千恵子との情事の帰りに、保険外交員の杉山に会う。数日後、杉山は殺人容疑で逮捕されてしまった。杉山のアリバイを証言できる石野だったが千恵子との関係が発覚し、社会的地位を追われることを怖れ、証言を拒否する。そして、石野に平穏な日々が戻ったかに見えたが…。(C)1960 東宝

    ジャガモンド斉藤
    作品おすすめ度
    3.8
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    ジャガモンド斉藤のコメント

    主人公は平凡なサラリーマン。家族にも恵まれ、仕事も上場。 しかし、彼には若い娘と不倫をしているという秘密があった。 ある日、その不倫の帰り道に近所の知り合いとバッタリ会ってしまう。 その知り合いは後日、殺人の容疑で逮捕されてしまう。 帰り道に被疑者と会ったことを証言すれば容疑は晴れるのだが…? カ ーチェイスやアクションがあるわけではなく、静かにジリジリと主人公が追い込まれていく秀作! 一般人が不条理に巻き込まれていく物語が十八番である橋本忍さんの骨太な脚本と僕の大好きな小林桂樹さんが素晴らしいのです! 家族、浮気相手、警察、被疑者…みんなにもみくちゃにされ ていく小林桂樹さん!最高!

レコメンダー特集記事一覧

好みの条件で動画配信サービスを探す

  • 動画配信サービス(VOD)
  • 有料放送(BS,CS)
ジャンル
料金形態
こだわり

-件該当

ジャンルcontents_image
こだわり

-件該当

ページトップ