閲覧履歴

まだ閲覧した作品がありません

作品詳細ページを閲覧すると「閲覧履歴」として残ります。
最近の見た作品が新しい順に最大20作品まで表示されます。

\あなたにおすすめの動画配信サービス/

泣ける感動映画ランキングTOP10!赤ペン瀧川監修!

この特集のレコメンダー

赤ペン瀧川

映画コメンテーター

1977年生まれ、神奈川県出身。5歳になる息子のパパ。映画コメンテーターとして、テレビやライブ、コラムなど多方面で活躍中。また、BSフジ「警視庁捜査資料管理室」やEX「相棒」、「アウトレイジ」、CX「コンフィデンスマンJP」、「狐狼の血」など、話題のドラマや映画作品に出演する俳優としての顔も持つ。

泣ける感動映画TOP10作品一覧!赤ペン瀧川監修!

  • 1

    トイ・ストーリー3

    トイ・ストーリー3

    あらすじ

    17歳になったアンディは、大学に行くため部屋を空ける準備を始めていました。ウッディ(声:トム・ハンクス/唐沢寿明)やバズ(声:ティム・アレン/所ジョージ)たちオモチャ仲間は、アンディとの別れの予感に戸惑うばかり。そんなある日、ウッディたちは手違いで、なんと、保育園に寄付されてしまいます!そこに暮らすたくさんのオモチャたちに歓迎されて喜ぶバズたちは、アンディの元へ帰ろうと訴えるウッディには耳を貸しません。たったひとり脱出したウッディでしたが、仲間たちに危険が迫っていることを知り、救出に戻るのですが…。たとえ助かったとしても、もう居場所のないウッディたち。そんな彼らを待ち受けていた、"思いもよらぬ運命"とは?

    赤ペン瀧川
    作品おすすめ度
    5
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    赤ペン瀧川のコメント

    もう全世界の人が見ている事は百も承知ではございますが…“泣ける映画”というテーマならこの作品を紹介しない訳にはいきません。しかも悲しくて泣くのではありません。なんだか嬉しくて。美しい幸せな風景を見て涙が溢れるのです。様々な苦難を乗り越えた先にこんな幸せがあるなんて!映画って素晴らしい!増え続ける息子のオモチャが捨てづらくなる程の完成度!日常生活で荒んだ心の洗濯はぜひこの映画でお願いします。

  • 2

    ライフ・イズ・ビューティフル

    ライフ・イズ・ビューティフル

    あらすじ

    「やあ、お姫様! 昨夜は君と夢でデートしたんだ!」 第二次世界大戦期のイタリア。ナチスによるホロコーストが行われているなか、懸命に生きるユダヤ人家族をユーモアと感動を交えて描いた愛の物語。 カンヌ国際映画祭で審査員グランプリ受賞、米国アカデミー賞では7部門でノミネートされ、主演男優賞・作曲賞・外国語映画賞を受賞した、ロベルト・ベニーニ監督・脚本・主演のイタリア映画。 第二次世界大戦直前の1939年のイタリアで、ユダヤ系イタリア人のグイドは、友人のフェルッチョとともに、叔父を頼りに仕事を求めてトスカーナ州のアレッツォにやってくる。 そこで出逢った小学校教師のドーラに一目惚れし、熱烈なアプローチで求婚する。 ドーラも陽気で純粋なグイドに惹かれていき、ふたりは駆け落ち同然で結婚する。 やがて愛息ジョズエを設け、幸せな日々を過ごしていたが、戦争の進む中でユダヤ人への迫害が激化していく。 そして、イタリアに駐留してきたナチス・ドイツ軍によって、3人は強制収容所に送還されてしまうのだった…。

    赤ペン瀧川
    作品おすすめ度
    4.8
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    赤ペン瀧川のコメント

    「目標とする理想のお父さんは誰ですか?」という質問があったら迷わずこの映画に登場するお父さんを挙げるでしょう。死ぬほどお調子者の陽気なパパと素直で良い子の息子。とにかくパパは日々、息子と周りのみんなを笑わせ続けてます。そんな2人がナチスドイツの強制収容所に放り込まれるお話です。これはもうふざけている場合じゃない。誰もがそう感じてるのにパパは息子を怖がらせない為に普段に増してふざけ倒します。愛する息子の為にパパが何をしたのか?ぜひ、観ていただきたい!

  • 3

    LION/ライオン 25年目のただいま

    LION/ライオン 25年目のただいま

    あらすじ

    オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ。成人し、自分が幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。人生を取り戻し未来への一歩を踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった“ただいま”を伝えるため、彼は遂に決意する。「家を探し出す―」と。

    赤ペン瀧川
    作品おすすめ度
    4.6
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    赤ペン瀧川のコメント

    「25年間も迷子だった男の子が実家に帰る」という嘘みたいな本当の話を映画化。まず5歳の男の子が長距離電車に迷い込んで1万キロぐらい遠くに旅立ちます。旅立つっていうか完全に迷子なんですけど。その子が大人になり、過去のわずかな記憶とグーグルアースで実家を見つけ出すという無理めなミッションを成し遂げる姿を描くんですが、これがもう奇跡の連続でして。日本にいると知り得ない実話をこの映画が教えてくれます。ラストは鳥肌&号泣です!

  • 4

    チャッピー

    チャッピー

    あらすじ

    『チャッピー』は、『第9地区』、『エリジウム』で知られるニール・ブロムカンプ監督が手掛けた、2015年公開のアメリカのSFアクション映画。主人公のロボット・チャッピーの声とモーションキャプチャは『第9地区』で主演も務めたシャールト・コプリーが担当している。『第9地区』と同じく、本作の舞台は南アフリカ共和国のヨハネスブルグ。そこで誕生した成長する人工知能(AI)を搭載したロボット・チャッピーが、人間たちの問題に巻き込まれながらも彼らと不思議な絆を築いていく物語となっている。2016年――。犯罪が多発する南アフリカ・ヨハネスブルグに、世界で唯一の成長する人工知能(AI)を持ったロボットが誕生した。その名は「チャッピー」。 何も知識を持たないチャッピーは、まるで子どものよう。そして、彼の余命は5日間しかなかった。借金を抱えたギャングに誘拐されたチャッピーは、ギャング式の少々荒々しい方法で生きる術を学んでいく。驚異的な速度で成長していくチャッピーは、言葉はもちろん、武器の扱いなども加速度的に学習する。同じように「心」も成長していくチャッピーは、自分の命があとわずかなことを悟る。そして「生きる」ために、想像を超える行動を起こす。欲にまみれた人間たちの争いに巻き込まれながら、チャッピーが起こした「切ない奇跡」とは?

    赤ペン瀧川
    作品おすすめ度
    4.5
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    赤ペン瀧川のコメント

    “遂に完成した人工知能ロボットがギャングに拾われ育てられ、気がつけば立派な高性能ギャングロボットに仕上がる”という、どこにも泣く要素がないはずのSF映画がこちらです。しかし、油断してはいけません。「SF+人工知能」という方程式に「子育て」要素をプラス。結果的に「親子ってなんだっけ?」という超普遍的なテーマを描くことに成功した奇跡の映画です。まさかの展開の連続、そして予測不能な感動が訪れます!

  • 5

    ソウル・サーファー

    ソウル・サーファー

    あらすじ

    映画『ソウル・サーファー』は2011年にアメリカで公開され、日本では2012年にウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンが配給し劇場公開された。不運にもサメに襲われてしまい、片腕を失った天才サーファー、ベサニー・ハミルトンの感動の実話をもとにした作品だ。『テラビシアにかける橋』のアナソフィア・ロブが主演を務め、『恋愛小説家』のヘレン・ハントや、『エデンより彼方に』のデニス・クエイドなどが共演している。ハワイのカウアイ島で家族とともに暮らす13歳の少女、ベサニー・ハミルトン(アナソフィア・ロブ)。彼女は美しいハワイの海を愛し、小さなころからプロサーファーを夢に見ていた。しかし、2003年10月31日に悲劇が起こる。サーフィンの練習中にサメに襲われ、左腕を肩の下から奪われてしまったのだ。奇跡的に一命をとりとめた彼女であったが、片腕を失った身体でサーフィンをすることは容易ではなかった。復帰して臨んだ大会でも思うような結果が出ず、一度はサーフィンの道を諦めようとする。しかし、ベサニーはどうしてもサーフィンを諦めることができない。もがき苦しみながらもサーフィンと向き合おうとしたとき、思いがけないことがきっかけで彼女の心に変化が起こり…!?少女はつらい悲劇をどのように乗り越え、競技者として復活を果たしたのか――? そこには彼女の不屈の精神と、彼女を支える家族との絆があった!

    赤ペン瀧川
    作品おすすめ度
    4.3
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    赤ペン瀧川のコメント

    主人公が酷い目にあった上で、その苦しみを乗り越えて立ち上がる姿を見せつけ泣かせる系の映画がどうも苦手です。いや、結果的には感情移入しまくって必死に応援しているうちに泣いちゃうんだけど。でもね、この映画はそうじゃないんです。確かに「13歳の天才サーファーの少女がサメに腕を食べられる」というこれ以上ないくらい酷い目に合う話ではあるんです。しかし、それを自然体でサポートする家族の愛が嫌味なく描かれるんです。その上品さ、そしてその少女の心の強さと美しさに大号泣の名作です!

  • 6

    ひとよ

    ひとよ

    あらすじ

    「あなたたちが生まれた夜、わたしがどんなに嬉しかったか。」あの夜、母は父を、殺した。子どもたちの幸せと信じて―15年後、母が帰ってきた…壊れた家族は、つながれますか?劇団「KAKUTA」上演の同名の舞台作品を原作とし、『彼女がその名を知らない鳥たち』(2017)、『孤狼の血』(2018)などで知られる白石和彌監督がメガホンを取り、残酷でいて美しい家族の絆を描き出した映画作品で、2019年11月に公開。主演は数々のヒット作に出演し幅広い層からの人気を誇る佐藤健。そのほかにも鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子、佐々木蔵之介といった実力派が集結。ある「ひと夜」に起こった事件に端を発する群像劇が幕を開ける。どしゃぶりの雨が降る夜、タクシー会社を家族で経営する稲村こはるは、日常的に暴力を振るう夫から子どもたちを守るために彼を殺してしまう。こはるは「これでもう自由に生きられる」と子どもたちに言い、15年経ったら戻ってくることを誓い、家を後にする…。そして月日が経ち15年後の事件同日、稲村家の子どもたちはいまだ癒えない傷と葛藤を抱えたまま日々を過ごしていた。そんな彼らの元に、約束どおり母こはるが現れる。15年前、母の決死の覚悟によって起こった事件…残された子どもたち。家族みんなが願った将来とは異なる現在で、母と再会を果たし、彼らがたどり着く先とは…。

    赤ペン瀧川
    作品おすすめ度
    4.3
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    赤ペン瀧川のコメント

    暴力エログロなんでもこい!の白石和彌監督が“家族の再生”を描いた最新作。すんごいですよ…3人の子供達の幸せを守る為にDV夫を殺した妻が15年ぶりに実家に戻ってくるお話。すっかり大人になった子供達と年老いた元殺人犯の母が再会するという修羅場を乗り越えてた先に何が待ち受けているのか。誰もが無意識に望んでいる“普通の幸せ”を手に入れられない家族の姿に号泣です。ぜひ劇場でご覧いただきたい!

  • 7

    6才のボクが、大人になるまで。

    6才のボクが、大人になるまで。

    あらすじ

    12年間に渡って同じキャストを撮影し続けるというユニークな試みにより綴られた、画期的な成長物語。スクリーン上で実際に成長していく主人公メイソン(エラー・コルトレーン)の両親をイーサン・ホークとパトリシア・アークエットが演じた。コールドプレイの「イエロー」やアーケイド・ファイアの「ディープ・ブルー」など数々のヒット曲をちりばめて、これまでのどんな映画にもない手法で少年時代の葛藤を描き出す。

    赤ペン瀧川
    作品おすすめ度
    4
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    赤ペン瀧川のコメント

    6歳から18歳までの子供の成長を実際に12年間の歳月をかけて撮影するという、どうかしている作戦で撮影された映画です。途中で逮捕者とか出たらどうするんだよ!?と心配になりますが無事に仕上がりました。一つの家族の12年の歴史が一気に描かれます。少年は大人になり、両親は年をとり、家族を取り巻く状況が変わっていく中で“変わらないモノ”は何か?がさりげなく描かれ気がつくと暖かい涙が頬を流れてました。

  • 8

    東京物語

    東京物語

    あらすじ

    世界中にファンを持つ、巨匠・小津安二郎の代表的名作。尾道に住む老夫婦、周吉ととみが東京で暮らす子供達を訪れるために上京する。子供達は久しぶりの再会で二人を歓迎するが、それぞれ家庭の都合もあり、構ってばかりはいられない。結局、戦死した次男の嫁、紀子が二人の世話をすることになる。老夫婦は子供達がすっかり変わってしまったことに気づくのであった…。

    赤ペン瀧川
    作品おすすめ度
    4
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    赤ペン瀧川のコメント

    「頼むから誰か救ってやれ!」そう叫ばずにはいられない小津安二郎の名作でございます。年老いた両親とその家族の姿を描いた作品ですが、残念な出来事オンパレードです。田舎から上京してきた両親ですが子供たちは忙しくて相手にしてもらえず完全放置。唯一、かまってくれたのが戦死した次男の妻。家族とは血の繋がりだけではなく、心の繋がりが大切なのです。昭和の名優・笠智衆の佇まいに泣かされる一作です!

  • 9

    LIFE!/ライフ

    LIFE!/ライフ

    あらすじ

    『LIFE!』は2013年にアメリカで公開され、2014年に日本で公開されたコメディファンタジー映画だ。本作は1947年に公開されたダニー・ケイ主演の映画『虹を掴む男』のリメイク作品となっている。『ナイト ミュージアム』シリーズでも知られるベン・スティラーが監督・主演を務め、空想癖を持つ主人公の冒険とその中で成長していく姿が描かれている。「世界を見よう、危険でも立ち向かおう。それが人生の目的だから」をスローガンに掲げる伝統的フォトグラフ雑誌「LIFE」。主人公のウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、その編集部で働く、ネガフィルムの管理者だ。平凡な人生を送る地味で臆病者の彼は、想いを寄せるシェリル・メルホフ(クリステン・ウィグ)に話しかけられない毎日を送っていた。そんな彼の唯一の特技は「妄想すること」。空想の世界では、アクションヒーローや勇敢な冒険者となることもできたし、シェリルに対して情熱的な台詞を伝えることもできた。そんなある日、ウォルターは「LIFE」の表紙に使うための写真のネガが見当たらないことに気付く。ウォルターは写真をくれたカメラマンのショーン・オコンネル(ショーン・ペン)をさがすために、ニューヨークを飛び出し、グリーンランド、アイスランド、ヒマラヤなどをめぐる奇想天外な旅に出ることとなる。平凡な生活を送る冴えない男の人生を変えるほどの冒険とは――!?

    赤ペン瀧川
    作品おすすめ度
    3.8
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    赤ペン瀧川のコメント

    アメリカを代表する名コメディアンのベン・スティラーが監督と主演を務めたこの作品。趣味は妄想という変態気味な主人公。暗い職場で冴えない日々を送る男がある出来事をきっかけに世界中を旅して回るロードムービーです。「はじめてのおつかい」を見て毎回泣いちゃう僕としてはこの映画を推さざるを得ません。会社から飛び出し世界に向けて走り出す姿のダサ格好良さ。生きる力が湧いてくる名作です!

  • 10

    はじまりへの旅

    はじまりへの旅

    あらすじ

    ベン・キャッシュと6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くで暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”をかなえるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキーは知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか・・・?

    赤ペン瀧川
    作品おすすめ度
    3.8
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    赤ペン瀧川のコメント

    “お父さんが頑張る映画”にすっかり弱くなりました。この映画に登場するお父さんの苦悩と頑張りを全国のパパに届けたい。パパだって1人の人間なんだ!弱るし悩むさ!ある病気で入院していたママが亡くなってしまい遺書には「火葬して欲しい」と書かれていた。しかし普通は土葬。悩んだパパはママを燃やすために遺体を盗む作戦に打って出る。全く共感できないはずの状況なのに、この感動はなんなのでしょう。全国のちゃんと出来ないパパに送る名作です!

レコメンダー特集記事一覧

好みの条件で動画配信サービスを探す

  • 動画配信サービス(VOD)
  • 有料放送(BS,CS)
ジャンル
料金形態
こだわり

-件該当

ジャンルcontents_image
こだわり

-件該当

ページトップ