【随時更新】リニューアルしたHuluの不具合状況まとめ

【随時更新】リニューアルしたHuluの不具合状況まとめ

【2017年6月5日追記】今回のリニューアルに関してHuluが返金に対応

今回の大型リニューアルに関する不具合に関して、Huluは2017年6月2日に返金対応を行うことを発表しました。

2017年5月17日(リニューアルリリース日)から5月31日までの間登録していたユーザーであれば、既に退会したユーザーであっても、Huluチケット、Amazonギフト券、iTunesコードの3つから選んで返金対応を受けられます。

【2017年6月12日追記】Amazon Fireタブレットのサポートを再開

2017年6月9日より、Amazon「Fireタブレット」の端末の対応を再開しました。
Huluは今回のリニューアル前から、アプリが開発遅延となっており、Amazon Fireタブレットのサポートを延期していました。

対応した端末は以下の通りです。

【最終更新:2017年5月31日11時】Huluの不具合と対応まとめ

【5/25対応済】対応機種の一部デバイスが動かない(一部機器修正済)

リニューアルしたHuluは、フルHD画質に対応し、コピーコントロール(コンテンツ保護機能)を強化しました。
そのため、事前に告知のあった機器以外でも、HDCP(コピーガード機能)に対応していないデバイスや、Androidモバイルのアプリ、Chromecast(第1世代)でHuluが利用できなくなっていました。

現在、AndroidモバイルのアプリとChromecast(第1世代)では利用できるように修正済みですが、パソコンやPS3、Wii Uを利用してディスプレイに直接繋いでいる場合、HDCP対応のモニターでHDMI接続しなければ視聴できません。

Huluは随時デバイス関連の不具合に対応していますが、引き続きHDCPに対応していないデバイスでは視聴できません
非対応端末を利用している方は他サービスに乗り換えるか、デバイスを買い換えた方が良さそうです。

【5/25対応済】字幕が表示されない(AppleTV以外は対応)

こちらは初期設定で字幕がオフになっていたことが原因で、現在は修正済みです。
AppleTVは引き続き対応中とのことなので、AppleTVを利用している方は公式ページでの発表を待ちましょう。

【5/25対応済】動画再生が途中で止まる、画質が粗くなる(対応済み)

リニューアル後のHuluで、動画の再生が途中で止まったり、ほとんど何も見えないほど画質が荒れる不具合がありましたが、現在は改善されているようです。
ですが、原因がクラウドサービス上のトラブルであるため、まだまだ「安定した」とは言えないかもしれません。

別途システム強化を予定しているとのことなので、最新情報に期待です!

※対応報告は当サイトでもお知らせしますが、Hulu公式の告知ページで案内されます。

【5/30対応済み】Webサイトのコンテンツ表示が遅い・(一次対応済み)

こちらはコンテンツを読み込むプログラムの仕様が原因とのことですが、5月30日に一次対応が実施され、まだまだプログラム修正の対応中です。

※対応報告は当サイトでもお知らせしますが、Hulu公式の告知ページで案内されます。

【5/25対応済】一部のFireTV Stickでアプリが停止する

一部のFireTV Stickでアプリが停止する件についても、プログラムの修正が行われたようです。
対応された時間が25日の夜22時という表示から見ても、急ピッチで修正対応していることが伺えます。

【2017年5月31日追記】デスクトップ型パソコンで見られない?

現在、Huluアプリからは動画が視聴できるものの、未だパソコン向けのWebサイトでは上記のようなエラーが表示され、Huluのストリーミング再生ができないようになっています。

これはパソコンに繋いだディスプレイがHDCP対応ではないことが原因で、これまで通りデスクトップ型パソコンで視聴するには、HDCP対応のディスプレイやケーブル(HDMI 、DVI-D、DisplayPort)を利用しなければなりません。

Huluはこの件に関して、返金対応や日割りでの月額料金計算には対応しない方針のようです。
多くのパソコン用ディスプレイはVGA端子でのアナログ接続となっていることが多く、Huluのためにディスプレイを買い替えるなんて…という方は、退会して他サービスを検討したほうがよさそうです。

Huluからの乗り換えにおすすめなサービス3社

Huluの解約手続きについてはこちら

2021年にサポート終了するSilverlightが使われている?

Silverlightが必要なのは「Windows7でIE11を使用している場合」だけ

リニューアル後のHuluにSilverlightという古い技術が利用されていることで、SNSなどで一時話題となりました。
実際は「Silverlight採用」という言葉だけが話題となっただけで、Silverlightが必要になるのは「Windows7でIE11を使用している場合」だけとなります。

とはいえ、公式で2021年にサポートを終了することを公表しているような古い技術を今更採用することに、不満がある方も多いようです。

Silverlightは無料でダウンロードでき、U-NEXTやNetflix、Amazonビデオでも採用されていた、危険性のないプログラムです。
ですが、どうしてもダウンロードしたくない!という場合は、IE11以外のChromeなどHTML5に対応したブラウザを利用しましょう。そちらも無料でダウンロード可能です。

まとめ

Huluはリニューアル後の不具合に随時対応中
HDCP非対応のディスプレイでは見られなくなった
Silverlightが必要なのは「Windows7でIE11を使用している場合」だけ

この記事の執筆者
かずみ
かずみ

もともと世界中のホテルやクルーズ客船を取材する編集者でしたが、移動中に映画やアニメを見続けているうちいつのまにかエンタメ編集者に。 好きなアニメは進撃の巨人や東京喰種など人を食べる系。映画は頭を使わなくても楽しめて後味すっきりのハリウッド大作が大好きで、1人でレイトショーに行くのが趣味。

Huluの関連記事一覧

Huluの映画・アニメ・ドラマなどの作品についての記事

Huluの料金・支払い方法・無料期間についての記事

Huluの機能についての記事

Huluとその他動画配信サービス比較

Huluのエラーについての記事

Huluの解約・退会についての記事

合わせて読みたい

Hulu
14日間 無料視聴
公式

好みの条件で動画配信サービスを探す

  • 動画配信サービス(VOD)
  • 有料放送(BS,CS)
ジャンル
料金形態
こだわり

-件該当

ジャンルcontents_image
こだわり

-件該当

ページトップ