Apple TVを使ってU-NEXT(ユーネクスト)をテレビで見よう!他機器とも比較してみた

更新日:2017.5.16

公開日:2016.8.31

目次

U-NEXTとは? Apple TVでU-NEXTを視聴するにはAir Playを使用する! Apple TVの特長は?メリット・デメリットを解説 他の機器と比べてAppleTVはどう? その他U-NEXTはこんなデバイスでも利用できる!関連記事はコチラ まとめ

U-NEXTとは?

月額1,990円で楽しめる動画配信サービス!1,000円分の視聴用ポイント付き

U-NEXTは映画、ドラマ、アニメのほか、ミュージックビデオライブ映像も楽しめる動画配信サービスです。
オフライン再生が可能な数少ない動画配信サービスのひとつでもあります。

マルチデバイスに対応していて、スマートフォンやタブレットのほか、パソコン、テレビなどでも視聴でき、1つのIDで複数のアカウントを作成できるため、家族との利用も安心です。

31日間の無料おためし期間つき

対応デバイスが不安な方や、ラインナップを確認したい方も、初回の登録であれば31日間の無料おためし期間を利用しましょう。

気に入らなかった場合は無料おためし期間中に解約すれば、料金は一切かからないため安心して登録ができます。

U-NEXTについてもっと詳しく知りたい方はコチラ

月額1,990円(税別)だが、課金用のポイントが1,200円分付与。実質790円で見放題!

月額1,990円 (税抜) 動画配信本数ssss 80,000 本(うち課金5万本) 会員数非公開
矢印

Apple TVでU-NEXTを視聴するにはAir Playを使用する!

Apple TVの使用方法(iPhoneの場合)

U-NEXTをApple TV画面で視聴する場合は、「AirPlay」という機能を利用します。
AirPlayを利用する際は、スマートフォンやタブレットへU-NEXTアプリをダウンロードして、Apple TVとテレビを接続、スマホとApple TVを同じWi-Fiネットワークに接続します。

まずはApple TVの初期設定を行う

①テレビにHDMI端子があるかチェックしてから購入(HDMIケーブルの購入も忘れずに!)
②コントロールセンターの「AirPlayミラーリング」はオフにしておく
テレビとApple TVを接続し、初期設定を行う
④コントロールセンターを左へスワイプし、Apple TVを選択

次に「AirPlay」で接続する

①スマホのアプリから見たい作品を選択し、AirPlayをApple TVに切り替え
②iPhoneから再生

これまで、Apple TVではU-NEXTは見られないと言われ続けていましたが、AirPlayに対応しているので問題なく視聴できる上、U-NEXTアプリの進化により、操作性や画質も向上しているので安心です。

Apple TVとAndroid端末の互換性は?

基本的に、Apple TVはiPhone、iPadのみの対応となっており、Android端末では利用できないようです。

リモートアプリ等を利用すると利用できるようになりますが、あくまで純正のアプリではないのでオススメはできません。

月額1,990円(税別)だが、課金用のポイントが1,200円分付与。実質790円で見放題!

月額1,990円 (税抜) 動画配信本数ssss 80,000 本(うち課金5万本) 会員数非公開
矢印

Apple TVの特長は?メリット・デメリットを解説

最大の特長は「声で操作ができる」こと

Apple TVには、リモコンにiPhoneやiPadでおなじみの「siri」が搭載されていて、声での操作が可能です。

音声入力ができるデバイスは他にもいくつか存在しますが、siriの音声認識は操作を指示するだけでなく、アプリYouTubeの動画検索をしてくれるのはもちろん、天気の確認スポーツの試合結果も教えてくれます。

また、付属のリモコンの他にもApple TV Remoteアプリケーションを利用すれば、iPhoneでの操作が可能な上、テキスト入力をする際もiPhone上のキーボードを利用できます。

Apple TVは対応機器の中でも高値

AppleTVは第3世代が8,200円程度、最新型である第4世代が18,400円~と、他のSTB機器と比べると少々高価です。

ですが、他の機器と比べてもデザインがスタイリッシュであること、リモコンを声で操作できることや、iTunesからも映像やゲームを購入できる点で、他の機器を上回る魅力があります。

U-NEXTを自宅テレビの大画面で観る方法を一覧でまとめてみた

月額1,990円(税別)だが、課金用のポイントが1,200円分付与。実質790円で見放題!

月額1,990円 (税抜) 動画配信本数ssss 80,000 本(うち課金5万本) 会員数非公開
矢印

他の機器と比べてAppleTVはどう?

Apple TV U-NEXT TV Chromecast
価格(税抜) ¥18,400 ¥9,800 ¥4,980
端末の形態 箱型 箱型 スティック型
特徴 音声リモコン付き、AirPlayで接続 純正機器 格安なスティック型

U-NEXT TVと比べた場合

純正機器であるU-NEXT TVは、起動すればすぐにYouTubeやカラオケ、LiveTVなどが標準装備されています。

また、専用の機器となるので操作性やアフターサービスも充実している反面、U-NEXTにしか利用できないというデメリットもあります。

一方Apple TVはU-NEXTの純正機器ではありませんが、操作性としてはU-NEXT TVにも劣りません。
リモコンに話しかけることで声で操作ができたり、U-NEXT以外のVODサービスでも利用できたり、そのほかiTunesからも映像やゲームを購入できます。

Apple TVのデメリットとしては価格がU-NEXT TVに比べ高いこと、HDMIケーブルが付属しないことが挙げられます。

U-NEXT TVを実際に使ってみた!使用感からメリット・デメリットを解説

Chromecastと比べた場合

Chromecastのメリットは、やはり価格が安価なことです。
また、Apple TVやU-NEXT TVが据え置き型なのに対し、テレビに直接差し込むスティックタイプになっているので、HDMIケーブルが不要で場所も取りません。

また、ChromecastはU-NEXTに対応しているので、テレビ、Chromecast、スマートフォンを接続している状態であれば、タイトル選択画面からすぐにテレビ画面に移せるので、Apple TVよりもスムーズに視聴できます。

ChromecastとU-NEXTがコラボしたキャンペーンも頻繁に行っていて、Chromecastが安く購入できたり、U-NEXTポイントが利用できたりします。

デメリットとしては、Apple TVではリモコンでタッチ操作・音声操作ができるのに対し、Chromecastにはリモコンが付属しないことが挙げられます。
スマートフォンにアプリをインストールして操作するため、なくても支障はありません。

Apple TVを既に持っているという方は「AirPlay」、U-NEXTのために今から購入するという方は「Chromecast」もしくは「U-NEXT TV」がオススメです。

月額1,990円(税別)だが、課金用のポイントが1,200円分付与。実質790円で見放題!

月額1,990円 (税抜) 動画配信本数ssss 80,000 本(うち課金5万本) 会員数非公開
矢印

その他U-NEXTはこんなデバイスでも利用できる!関連記事はコチラ

テレビで再生する
場合
U-NEXT TV、SONYのブラビアA、TOSHIBAのレグザ、SHARPのアクオス・ICC PURIOS、Panasonicのビエラ、LG ElectronicsのLG Smart TV、HITACHIのWOOO、Chromecast、Nexus Player、Amazon Fire TV、Fire TV Stick、NTT西日本の光BOX+、SHARPのAQUSネットチューナー、SONYのブルーレイディスクプレイヤー、SONYのホームシアターシステム、SONYのコンポーネントオーディオ
ゲーム機で再生する場合 PlayStation(R)VITA TV、PlayStation(R)VITA ※PS3やPS4は対象に入っていません。

U-NEXTをテレビで見る方法まとめ

月額1,990円(税別)だが、課金用のポイントが1,200円分付与。実質790円で見放題!

月額1,990円 (税抜) 動画配信本数ssss 80,000 本(うち課金5万本) 会員数非公開
矢印

まとめ

  • ・U-NEXTをApple TVで使うには「AirPlay」を利用する
  • ・Apple TVは普段からApple製品を利用している方へオススメ
  • ・Apple TVは高額だがデザイン性・操作性は抜群
  • ・Chromecastなら安価で公式対応もアリ

好みの条件で動画配信サービスを探す

  • 動画配信サービス(VOD)
  • 有料放送(BS,CS)
ジャンル注目
料金形態
こだわり

-件該当

ジャンルcontents_image
こだわり

-件該当

ページトップ